Goalous 活用シーン

テレワークでメンバーが
何をやっているかわからなくなった

課題

  • メンバーの仕事が⾒えない

    在宅勤務体制では仕事の進捗状況もメンバーの仕事っぷりも見えにくくなってきます。

  • 寂しい・孤独がストレスに

    在宅勤務になり、⽣産性はあがったという声がある⼀⽅で、⼀⼈で黙々と仕事をしているのはなんか寂しいと感じる⽅も増えています。

  • ラフなコミュニケーション
    が取りづらい

    これまで社内で自然と交わされていたホウレンソウ(報告・連絡・相談)に通じるコミュニケーションは、テレワークにおいては不足しがちな傾向にあります。

さぁ、Goalousへ!

Point課題解決のポイント

メンバーの状況を
確認しやすくするためには?

  • 1

    目標を共有し、何を追っているかを明確にする

  • 2

    目標への進捗や活動内容をデイリーでシェアする

  • 3

    気軽にコミュニケーションが取れる仕組みをつくる

Goalousの機能で解決

オフィスにいるのと近い、
一体感を感じて仕事することができます。

解決

  • フォトアクション機能

    Goalousは、日々の業務を写真付きでリアルタイムに投稿していくサービスです。上司もメンバーの仕事の進捗が把握でき、メンバーもよりカジュアルに仕事のホウレンソウが可能になります。周りの人が何をしているのか、常に情報が更新されていくので、寂しさや孤独も感じません。オフィスにいるのと近い、一体感を感じて仕事することができます。

  • オープンゴール機能

    Goalousではオープンゴールという考え方を採用しており、チーム内全てのゴールが一覧で見える化されています。それにより、誰がどういう目標を目指しているのかをメンバー全員が把握できます。適切な目標を設定しようという意思が働くとともに、自分が掲げた目標の達成に向けて主体的に活動するようになります。

さぁ、Goalousへ!