マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介

マネジメントについて何となく理解しているつもりでも、実際に何をすれば良いかわからないと悩むマネージャーも多い。マネジメントは何をする仕事なのだろうか。マネジメントの仕事内容と具体例、必要な能力について解説する。

マネジメントは何をする?その仕事内容

マネージャーは組織の管理に関わる仕事だ。同じマネージャーでもその種類によって仕事内容が少し変わってくるが、ここではマネージャー全般に共通する仕事内容をいくつか挙げたい。

目標を定める

マネージャーは、企業の経営理念などをもとに、管理するチームの目標を定める。設定するのは、短期的目標、中期的目標、長期的目標、そしてそれぞれの目標のプロセスで進捗を測るためのKPI(重要な業績評価の指標)などだ。

さらに、組織の目標をベースにして、部下をどの方向に伸ばしていくか育成目標も設定する。ここで重要なのは、実現可能で組織や部下の力を引き出せそうな目標を設定することだ。

目標を設定したあとは、達成具合の確認、進捗の管理を行い、目標に対する業務の経過を測るようにする。

部下に働きかける

マネージャーはチームを引っ張り、部下が仕事でのパフォーマンスを効果的に発揮できるように働きかける仕事である。部下が実力を伸ばせるように仕事を割り振るほか、部下が意欲的に仕事に取り組めるよう動機づけなどモチベーション管理も担う。組織を効率的に動かすことにおいて、マネージャーの仕事は重要だ。

さらに、マネージャーは部下が仕事で自信をなくして前向きに取り組めなくなることがないように、精神面のサポートも仕事としている。もちろん管理側であるマネージャーは上層部との位置関係も近いので、部下との間に入って間を取り持つ調整役も仕事のひとつといえるだろう。

評価・フィードバックを行う

マネジメントの目的は、成果を上げることだ。そのため、マネージャーは組織が目標を達成できるよう、部下と課題を共有し、フィードバックする立場も担う。

部下へのフィードバックの目的は、査定などの評価についてよく説明し、改善点を伝え、部下がより良い方向に向かって仕事ができるよう導くことにある。

マネジメントは何をすると良い?具体的な事例

おおまかにマネジメントでは何をするか仕事内容に触れてきた。ただし、マネジメントといってもその手法はさまざまである。具体的に何をすれば良いのか、3つの事例からマネージャーの仕事を説明していこう。

世界的なトップテクノロジー企業の事例

世界的なトップテクノロジー企業と知られる某社では、フラットな関係の構築によってイノベーションが生み出せるようマネジメントを行っている。注目したいのは3つのポイントだ。

ひとつは、社員の心理的安全性を重視していること。チームの信頼感のもと、メンバーがリスクのある行動をしようとするときに、ひるむことなくチャレンジできるようマネジメントしている。

ふたつ目は、メンバーからマネージャーへのフィードバックを実施していること。マネジメントの改善につながるほか、部下とマネージャーのフラットな関係構築が期待できる。

そして3つ目は、CEO(最高経営責任者)と従業員の直接的なミーティングが実施されていることだ。経営陣と従業員の結びつきを深めようと、従業員が直接CEOに質問し、CEOが回答するミーティングの時間が設けられている。

某コーヒーチェーン店の事例

社員の動機づけをしっかりできるように、某有名コーヒーチェーン店では、人事面談を社員全員が4ヶ月ごとに受けるようにしている。これにより、組織の目標や重視している価値観が組織全体に浸透するようになり、社員の自主性が引き出される結果となった。

組織に効果的に働きかけ、人材を育成していくという面でマネジメントが成功した例といえる。

某自動車会社の事例

某自動車会社では、リーダーの育成と配置を効果的に行うために、タレントマネジメントと題した人材育成システムを取り入れている。

上司などの設計した育成計画によるジョブローテーション、ビジネスリーダーの選抜など、組織を動かすリーダー育成のためのマネジメントが徹底して行われているのが特徴だ。

マネジメントに必要となる能力

ここまでマネージャーの仕事とマネジメントの例について説明してきた。マネジメントをする上で求められるのはどのような能力なのだろうか。

リーダーシップ

マネジメントで必要なのは、強い意思決定力を持ち、チームを引っ張っていくことのできるリーダーシップだ。メンバーの上に立つマネージャーが適切に判断できる力がないと、部下の不安や不信は積もっていく。チームからの信頼感を得るという点で、リーダーシップは重要だ。

コミュニケーション能力

部下の考えを良く理解して、部下の能力をうまく引き出すためにも、コミュニケーション能力が重視される。日々のコミュニケーションの積み重ねが、部下の理解、部下との信頼関係構築につながるためだ。

部下と効果的なコミュニケーションを取るには、コミュニケーションツールであるGoalousが最適である。以下のような数々の機能で、部下とのコミュニケーションによる関係構築に役立つ。

・チャットでのコミュニケーション
 話しやすい気軽なメッセージのやり取りで、コミュニケーションを促す。
・オープンゴール機能
 それぞれの目標がオープンになり、目指すべきものが明確になる。
・評価機能
 部下の目標までのプロセスが確認できるため、実のあるフィードバックを送れる。
・フォトアクション
 写真付きの投稿やシェアで進捗確認に役立つ。コメントも可能。

Goalousなら、充実の機能で、コミュニケーションだけでなく、マネジメントで必要な目標管理やフィードバックにも役立てることができる。ひとりひとりにしっかり向き合うためにも、マネジメントの一環として取り入れてみてはいかがだろう。

まとめ

マネジメントは、組織の活性化、人材育成の面などで重要な役割をもっている。さまざまな企業のマネジメント例があるので、参考にしてみるのも良いだろう。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

マネジメントがうまくいかない!原因と必要なことを知って成功させよう


マネジメントがうまくいかない!原因と必要なことを知って成功させよう

マネージャーの役割とは?種類や必要な能力について徹底解説


マネージャーの役割とは?種類や必要な能力について徹底解説

マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介


マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介

マネジメントがうまくいかない!原因と必要なことを知って成功させよう

マネージャー職に就いてはじめて、思い描いていたイメージとのギャップを感じ、マネジメントがうまくいかないと悩む人は多い。なぜ思ったようにマネジメントできないのだろうか。

この記事では、マネジメントがうまくいかない原因と、思い描くマネジメントを実現するために知っておきたいことを解説する。

マネジメントがうまくいかない原因はマネージャーにある

マネジメントがうまくいかない原因は、マネージャー側にあることがほとんどだ。原因はいくつか考えられるが、この項ではマネジメントで失敗しやすい主な原因を3つ取り上げる。

こだわりが強すぎる

マネジメントがうまくいかないのは、マネージャーのこだわりが強すぎることが原因のひとつだ。

マネジメントではある程度理想を描いて、現実を理想に近づけるようにすることが重要だが、理想が高すぎると机上の空論になってしまう。理想主義や完璧主義が過ぎると、そこそこの結果が出ていても思いどおりにいかないと、悩んでしまう結果になるだろう。

また、マネジメントについては書籍やインターネットなどをとおして、情報をつかみやすい時代になってきた。理論を学習できる機会も身近にあるだろう。マネジメントを理解するために理論を理解することは大切だが、それを無理に自分の抱える組織に当てはめるのは無理がある。

理論上ではうまくいっているのだから自分のチームでも使えると、現場をよく見ずに決めつけてしまうとマネジメントはうまくいかない

動機づけができない

部下の動機づけがうまくできていないと、マネジメントもうまくいかなくなってしまう。動機づけとは、モチベーションのことだ。

マネージャーの声がけひとつでも、部下の動機づけに大きな影響を与える。目標を設定しているから大丈夫だと、部下のモチベーションを引き上げる努力を怠ってはいないだろうか。

実際に、部下に指示を出すときの言葉を想像してみてほしい。「これやっておいて」と指示する人も多いと思われる。これを、「○○君にしかできない仕事だから頼んだよ」とかける言葉を工夫するだけで、人のやる気は変わってくるものだ。

部下を信頼しておらず、信頼関係が築けていない

部下の文句ばかりいったり、部下の行動に対して感謝の言葉をかけなかったり、マネージャーとして思いあたる節はないだろうか。いずれも部下を信頼していないからこその言動であり、部下も上司から信頼されていないことを察知していることが多い。

また、必要最低限の会話しかしなかったり、部下から行動の理由を聞かずに頭ごなしに叱ってしまうのも問題だ。このような信頼関係が築けていない状態、上司を尊敬できない状態では、部下も上司についていこうと思えないのは当然である。

さらに、部下を信頼しないままでいると、自分で何もかもするあまりマネジメントはうまなくなってしまう。マネジメントに必要な密なコミュニケーション、人材育成も育まれないままだ。

このように、マネジメントがうまくいかない原因はいくつか考えられるが、マネージャー自身の言動に原因がある可能性が高いといえる。マネージャーが問題に気付いて改善していくことが重要だ。

マネジメントがうまくいくために必要なこと

マネジメントがうまくいくようにするには、マネージャー自身のマネジメントスキルの向上も意識すると良いだろう。特にリーダーシップ、コミュニケーションの充実には気を配るようにしたい。

リーダーシップを身に付ける

リーダーシップを磨くとは、チームをまとめる力を身に付けることだ。チームがまとまれば、部下の管理だけでなく、さまざまなマネジメントがうまく回るようになる。

リーダーシップを身に付けるには、経験やスキルにより裏付けした説得力のある指示や命令を出すこと、部下との信頼関係を築くことだ。特に部下との信頼の構築は、チームのことを常に考えながら動くようにする、積極的にアドバイスするなど、日常の言動を意識することで身に付けられる。

思い描いていた理想と違うと嘆かずに、チームの現状をよく見て、チームに合ったリーダーシップを取ることが大切だ。

コミュニケーションをしっかり取る

部下の理解、チームの理解は、コミュニケーションを取らないことには進まない。信頼関係構築のためにも、コミュニケーションをしっかり取ることが重要だ。

マネージャーが威圧的に感じている部下もなかにはいるため、マネージャー自ら部下に話を振ったり、進捗を聞き出したりするなど、話しやすい雰囲気を作るようにする

関係性によって理解レベルも異なるため、部下ひとりひとりに合ったコミュニケーションも心がけると良いだろう。ただし、人によって明らかに態度や対応を変えるようなことは誤解を生むので避けたい。

このように、日々意識して行動することがマネジメントにつながる。特にコミュニケーションは意識して取るようにしないとおろそかになりやすいので注意したい。

コミュニケーションツールを使って部下のことを知ろう

マネジメントする上でコミュニケーションに不安を感じるなら、コミュニケーションツールを取り入れるのも効果的だろう。

Goalousなら、さまざまな機能が使え、かつコミュニケーションも円滑に取ることができるGoalousで使える便利な機能をいくつか紹介しよう。

・メッセージ機能
個人間だけでなくグループチャットも可能。
・フォトアクション
写真の投稿と、写真に対するコメントができるため、部下の考え、進捗状況がすぐにわかる。
・ゴール機能
 部下が何を目指して仕事をしているのか明確になる。
・評価機能
 部下の取り組んできた仕事が目で追えるため、根拠のある評価がつけやすい。

マネジメントでつまずくコミュニケーションの問題は、Goalousで解決してみてはいかがだろう。

まとめ

マネジメントがうまくいかない原因は、組織の課題である。マネジメントを理想に近づけるには、うまくいかない原因を追究して、チーム内でのコミュニケーションを活発化させることが重要だ。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

マネージャーの役割とは?種類や必要な能力について徹底解説


マネージャーの役割とは?種類や必要な能力について徹底解説

マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介


マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介

初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?


初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?

マネージャーの役割とは?種類や必要な能力について徹底解説

マネージャーは、経営や管理の意味をもつマネージからきた言葉で、人材やものなどを管理する立場にある人を指す。部長や課長といった名称のほうがなじみ深いだろう。

しかし、管理するといっても、昇格でマネージャー職に就く人も多く、何をすれば良いのかいまいちピントこないと感じる人は多い。この記事では、マネージャーとは何か、マネージャーの種類と役割について解説する。

マネージャーの種類

マネージャーの具体的な仕事内容は少し複雑だ。同じマネージャーでも、企業によって役割が異なることも多い。マネージャーとはどのような仕事なのか、代表的なマネージャーの種類から説明する。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの運用責任者で、プロジェクトを円滑に進める役割を持つ。PMといわれることもあり、エンジニアを含むプロジェクトでよく見られる。

プロジェクトをうまく回して利益を最大限に得られるようにすることが、プロジェクトマネージャーを置く目的だ。具体的には、予算管理、品質管理、納期の管理や調整、メンバーの選定、チーム内の調整を担う。

プロジェクトの計画から分析、改善までプロジェクトが終了するまで、全体の進行に管理責任をもつのがプロジェクトマネージャーだ。

ゼネラルマネージャー

ゼネラルマネージャーは、日本では部長職にあたる役職を指す。GMと略されることもあり、マネージャーの中では上位職だ。

事業部のマネジメントを担う役割をもち、会社の経営方針や目標に照らし合わせて、組織構築、経営資源の配分、人材開発など、部署単位で経営戦略を策定していく。これに加え、部署内の部下の管理や統率も行なっていかなくてはならない。

プレイングマネージャー

プレイングマネージャーは、マネージャーとしての役割を果たしながら、プレイヤーとして現役で実務にあたる人を指す。一般的に、マネージャーは管理業務を仕事内容にしているので、現場に出てほかの社員と同じように仕事をする点がほかと大きく異なる。

プレイングマネージャーの役割は、仕事をとおしてメンバーのサポート、現場の改善を図ることだ。現場の最前線に立って実務も行なうため、組織の業績の向上にも貢献することが期待されている。

エリアマネージャー

エリアマネージャーは、担当するエリアの運営や管理に携わるマネージャーを指す。小売業界や飲食業界など、複数の店舗を構える業界でエリアマネージャーを設置することが多い。

エリアマネージャーの役割は、売上アップのためにエリア内の店舗管理、在庫管理、人材育成などを行うことだ。

マネージャーの役割

マネージャーの種類ごとに仕事内容や役割を説明してきたが、そもそも、なぜ組織内にマネージャーを置く必要があるのだろうか。マネージャー全体の役割について、この項では考えてみたい。

目標の設定

会社全体の方針や目標は経営層が決めることだ。しかし、経営層の決めた目標は会社全体が目指すべきことであって、それぞれの仕事にまでは大きく干渉しない。

マネージャーは、経営層の決める経営方針に従って、管理する組織の目標を定め、目標を達成できるようにサポートするのが役目だ。会社と社員の橋渡しを担っているといえるだろう。

また、マネージャーには、チーム配下のメンバーが個々の目標を達成できるよう、キャリアイメージを明確にし、動機付けのサポートとしての役目も期待される。組織の目的を遂行する上で、重要な役割を担っていることがわかるだろう。

部下への指導

マネージャーは、組織の運営に携わるもののなかでも、現場に近い存在である。そのため、部下の状況を把握し、指導する役割も担う。

マネージャーに求められるのは、部下の仕事内容をしっかり把握して、問題点を洗い出すことだ。部下の様子を逐一把握できるように、対話形式の1on1ミーティングを取り入れている企業も多い。

成果の評価

マネージャーは成果を評価する役割も担っている。部下を評価することは、部下のキャリアに関わるだけでなく、部下を成長させる意味でも重要だ。定期的にフィードバックを行い部下と意思疎通を図ることがマネージャーには求められる。

部下にとって実のある評価、適切な評価は、部下のモチベーションアップにもつながるため、マネージャーは常に適正な評価やフィードバックについて考えなくてはならない。

このように、マネージャーは、チームの管理や目標管理だけでなく、部下との良好な関係構築によりチームを円滑に動かすことが役割として求められていることがわかるだろう。

マネージャーに必要とされる能力

ここまで役割について説明してきたが、マネージャーとしての役割を果たすには、適切にマネジメントするための能力も必要とされる。特に重視したいのが、管理能力とコミュニケーション能力だ。

管理能力

マネージャーに必要な能力は、チーム全体の業務管理能力である。能力が備わっていないと、チームの目標達成は遠のいてしまう。メンバーの信頼を得るためにも重要なスキルといえるだろう。

コミュニケーション能力

マネージャーの役割でも触れたように、マネージャーはチームのメンバーそれぞれと関わっていくことになる。部下をまとめ、目標に向かってチームを引っ張っていくにはコミュニケーションは必須のスキルとなるだろう。

積極的に部下に話しかけ、部下の考えていることやキャリアイメージを把握しておくことがなかでも重要だ。しかし、通常の業務のなかで部下と密にコミュニケーションを取るのには限界もある

コミュニケーション量を増やしたい、会話のきっかけをつかみたいと考えているなら、コミュニケーションツールを取り入れるのが得策だ。

社内SNSのGoalousなら、部下とのコミュニケーションツールとして活用できるだけでなく、ゴール機能により部下の目標を逐一把握するのにも役立つ。同じく搭載されている評価機能は、部下を適切に評価し、的確なフィードバックをするのに活用できるだろう。Goalousを組織改革のひとつとして利用されてはいかがだろうか。

まとめ

組織において、マネージャーは重要な役割を担っている。マネージャーのポジションに就いたら、自身の役割を把握して、マネージャーとしての役割を遂行できるよう必要な能力を磨くことが重要だ。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

マネジメントで成果を上げるには?具体的な解決法3つ!


マネジメントで成果を上げるには?具体的な解決法3つ!

マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介


マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介

初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?


初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?

マネジメントで成果を上げるには?具体的な解決法3つ!

マネージャーとなったからには、マネジメントで成果を上げたいと意気込む人も多いだろう。しかし、成果を出したいからと始めたことが空回りして、うまく成果につながらないこともある。

マネジメントで成果を出すにはどうすれば良いのか。この記事では、マネジメントの概要とマネジメントで成果を上げるための解決策3つを取りあげる。

マネジメントとは

マネジメントで成果を上げたいなら、まずマネジメントについて正確な意味を理解しておく必要があるだろう。マネジメント(management)は英語で、日本語に直訳すると管理、あるいは経営といった意味だ。

しかし、マネージャーの意識すべきマネジメントとは少し異なる。一般的に認識されている「マネジメント」の定義は、アメリカの経営学者ドラッカーによるものだ。ドラッカーによると、マネジメントは、「組織に成果を上げさせるための道具、機能、機関」だという。

つまり、マネジメントはただ組織を経営、管理するだけではないということ。組織が成果を上げるためにどのような取り組みをすべきか示すことといえる。

マネジメントの目的と役割

マネジメントとは何か、目的と役割の面からもう少し詳しく見ていこう。

マネジメントの目的

マネジメントの目的は、あらかじめ設定した目標達成のために組織を運営していくこと、そして目標に向かえるよう組織を発展させることにある。目標を達成するために、人やものなど組織の資源を効果的に活用することもマネジメントでは重視されていることだ。

マネジメントの役割

ドラッカーの定義をわかりやすく解釈すると、マネジメントの役割は以下の3つだ。

1.組織全体の目的の達成
2.仕事を通じて個人個人を自己成長させる
3.組織による社会貢献

それぞれの定義について少し詳しく見ていこう。

■組織全体の目的の達成
まず、組織の掲げる目標の達成がマネジメントの役割に挙げられる。組織全体の目標達成のためには、マネージャーが部下に組織のビジョンや目標を共有し、組織の目標達成につながる個々の目標や方向性を示すことが重要だ。

■仕事を通じて個人個人を自己成長させる
ドラッカーは、組織の人的資源を、事業遂行のための資源としてみるのではなく、社会的存在としてとらえ、ひとりひとりが自己実現できる環境こそが社会の利益、ひいては企業の利益にもつながるとしている。

■組織による社会貢献
マネジメントの役割は社会貢献にも及ぶ。組織が社会の一員としての自覚をもち、社会に貢献することこそが、企業の発展や持続につながると考えられるためだ。

マネジメントで成果を上げるには

ここまでマネジメントとは何か解説してきた。それでは本題であるマネジメントで成果を上げるにはどのような行動をマネージャーは取るべきだろう。マネジメントで成果を上げるために意識したい3つのポイントを解説する。

目標を明確にする

マネジメントで成果を上げるには、チームや個々の達成すべき目標を明確にし、必要に応じて調整することだ。目標が不明確だと、目指すべき方向がわからないばかりか、部下のモチベーション低下もまねいてしまう。

目標を設定する際は、適切なKPI設定も意識することが重要だ。KPIは重要業績評価指標のことで、目標の各プロセスにおける達成度合いを測るのに使われる。KPIの設定により目標までの道のりとプロセスが具体化されるので、進むべき方向、取るべき行動が分かりやすくなるだろう。

また、目標設定で満足せずに、目標と成果に対して適切なフィードバックをすることもマネジメントで成果を上げるには重要なポイントとなる。

今置かれている状況をきちんと把握する

今現在の状況をしっかり把握することも、マネジメントで成果を上げるのに重要だ。

今どのような状況になっているのか、どのフェーズに来ているのか、組織内で何が起こっているのか、客観的に把握できないと目標達成は難しい。目標を達成するために次に何をするべきか、現状がわからないと的確な対策を立てられないためだ。

組織が置かれている状況をあらゆる方向からしっかり把握することが、マネージャーには求められる。

コミュニケーションを取る

マネージャーは、立場上、上層部と部下との間で板挟みになりやすい。だからこそ、双方の意見を聞き入れ、客観的な視点でバランスをとれるようにすることが大切だ。

そのためには、コミュニケーションをしっかり取ることが重要になるだろう。密なコミュニケーションは情報共有やミスを防ぐことにも役立つので、マネジメントだけでなく常に意識すると良い。

さらに、部下としっかりコミュニケーションを取ることは、部下の考えや悩みを知ることにもつながる。部下のことを良く知ることで、部下の才能を伸ばし業務へ還元できるだろう。部下からの信頼感を得るのにもコミュニケーションは良い働きをする。

しっかりとコミュニケーションを取るためには、ツールに頼るのも選択肢のひとつだ。Goalousなら、チャット形式で気軽にコミュニケーションが図れるだけでなく、部下の目標を目で見て確認することができる。

フォトアクションで進捗の確認やコメントのやり取りもできるので、コミュニケーションを取るきっかけ作りにも役立つだろう。Goalousを効果的に利用して、マネジメントの成果に活かしてみてはどうだろうか。

まとめ

マネジメントの成果を上げるには、マネジメントについて良く理解することが重要だ。その上で、組織のなかで現状のマネジメントで不足している部分をピックアップし、改善していく必要がある。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介


マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介

初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?


初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?

マネジメント・目標設定のコツを紹介。管理者は必見!


マネジメント・目標設定のコツを紹介。管理者は必見!

マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介

メンバーやプロジェクトをうまく動かすためにマネジメントのスキルアップをしたいと考えているマネージャーは多い。しかし、現場の仕事と大きく異なるだけに、どのように身につけるべきかわかりにくいのが難点だ。

この記事ではマネジメントのスキルアップはどうすれば叶うか、マネジメントに必要とされるスキルから説明する。

マネジメントに必要なスキル

マネジメントは人を管理するだけではない。マネージャーには、ものやお金、情報などあらゆる管理が求められる。

マネージャーに必要とされるスキルが、リーダーシップ、意思決定スキル、プレゼンテーションスキル、フォードバックスキル、コミュニケーションスキルといったものだ。それぞれどのようなスキルで、なぜ必要とされるのか詳細を確認してみよう。

リーダーシップ

マネジメントで必要なスキルのひとつは、リーダーシップだ。マネージャーという存在は、ふつう、その場にいるだけでも部下に影響を与える。

だからこそ、マネージャーの発した言葉、言動は部下にも伝わることをよく意識しておくべきだ。反対に考えると、マネージャーがリーダーシップといえるような行動ができていなければ、何を目標に動けば良いかわからず部下の動きにも統一性がなくなるといえるだろう。

リーダーシップのスキルを高めるには、部下からどう思われているのか、どれだけの影響力があるのかをまず把握することが先決だ。その上で、部下が働きやすいと感じる環境づくりを心掛け、部下の心をつかめるようにしていく。

意思決定スキル

マネージャーは、意思決定を委ねられることも多い。メンバーの意見を聞いて意思決定することもあるが、ものごとの優先順位など、なかには瞬時に意思決定が必要な場面もあるだろう。

すぐに判断が求められる場面においてマネージャーの意思決定が進まないと、仕事はスピード感をなくす。意思決定があいまいで、判断が必要なたびにぶれてしまうと、部下からは不信感を抱かれてしまうだろう。

必要な場面で瞬時にものごとを判断するだけでなく、部下に混乱を与えないように長期的な方針のもと意思決定するスキルを磨くことは重要だ。

プレゼンテーションスキル

プレゼンテーションスキルは、相手に伝わるように論理的に話をする能力のことだ。マネジメントでは、プレゼンテーションも重要なスキルとされる。

プレゼンテーションスキルが低いと、相手の理解度を度外視して、一方的に話をすることになりかねないためだ。組織を円滑に動かすには、相手に内容が伝わっているか意識し、双方の理解に差が生じないように努めることが重要といえるだろう。

プレゼンテーションスキルに加え、相互に意見ができるようバランスよく話を振るファシリテーションスキルも身につけるとなお良い。

フィードバックスキル

何が良くて何が良くなかったのか、具体的な仕事のフィードバックは部下のモチベーションを引き出す際にも役立つ。部下にとって身になるフィードバックを与えるには、適切な評価と分析ができ、適切に内容を伝えられるフィードバックのスキルも必要になってくるだろう。

コミュニケーションスキル

目的に向けてチーム一丸となって動くために、マネージャーはチームの調整役として立ちまわることも多い。チームの意見をまとめ意向を固めるためには、コミュニケーションスキルは欠かせないといえるだろう。

コミュニケーションは上司側から一方的に取るのではなく、部下の考えを聞いてこそうまく成立する。高いコミュニケーションスキルとは、部下の考えや才能をよく引き出せるようにすることだ。

マネジメントのスキルをアップさせるには

先に説明したように必要なマネジメントスキルをそれぞれ高めていくことは重要だ。一方、それぞれのスキルには共通する部分も多い。

マネジメントスキルを高めるには、共通する部分を意識してスキルアップを考えるのがより効率的だろう。この項では、マネジメントのスキルアップにつながる3つのポイントを紹介したい。

自分の意見を持つ

マネジメントをスキルアップするなら、自分の意見をしっかり持ち、相手にもわかりやすく伝えることを常に意識することだ。

相手に伝わるようにするには、ポジションチェンジの考え方がひとつの参考になるだろう。ポジションチェンジとは、自身とは違った立場からものごとを考えることを指す。

部下の立場で、どういった意思決定や判断を上司に求めているのか、何を解決したいのかよく考えてみると良いだろう。指示や部下に伝えたいことがひとりよがりの内容になっていないか、客観的に判断することが重要だ。

チームを把握する

マネジメント力を上げるには、チーム全体を把握することも意識したい。どんなメンバーがいるか、どのような仕事をしているのか、チームの内部事情はもちろん、それぞれのスケジュールも把握しておくと良いだろう。

メンバーの状態をよく把握しておくことで、誰にどの仕事を、どのくらいの量を振るべきか適切に指示できるようになる。スケジュールも考慮して先読みした指示ができれば、チーム内のミスも軽減されるはずだ。

周りの意見をきちんと聞く

マネジメントは、部下との信頼関係があってこそ効果的に働く。部下の意見や考え、悩みに耳を傾け、日頃から信頼を構築できるように行動することが重要となるだろう。部下が上司に対して意見をいえるようにするためにも、風通しの良い職場環境づくりを意識したい。

また、部下と話をするときは、部下の会話のペースに合わせるようにする。これはペーシングというスキルで、部下の緊張感を和らげるのに役立つ。このようなペーシングの手法なども取り入れながら、周囲の意見に広く耳を傾けるように意識することがマネジメントスキルの向上には重要だ。

マネジメントのスキルをアップさせる近道

社内のコミュニケーションはツールを使うのが最適だ。マネジメントのスキルアップには、社内SNSのGoalousが役立つ。チャット形式で、コミュニケーションを円滑に取れるためだ。部下がどんな意見を持っているか把握するのに便利だろう。

また、Goalousは各々の目標の視覚化もできる。誰が何を考え、どんな仕事に取り組んでいるか、チーム全体の把握に活かせるだろう。フォトアクションでは、仕事の状態をフォトにして共有できるので、楽しみながらプロジェクトを進行できる。

マネジメントのスキル向上はもちろん、部下のモチベーションを引き出すにもGoalousは活躍するのではないだろうか。

まとめ

マネジメント力は、ポイントを押さえれば効率よくスキルアップできる。特に相手やその場の状況を判断する力、コミュニケーションスキルが重要なカギとなるので、日々意識して取り組むようにしたい。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

https://www.goalous.com/blog/ja/teams/points_you_need_to_be_aware_of_when_managing_for_the_first_time
初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?

組織マネジメントで企業の成果を上げる!特徴やメリットを解説


組織マネジメントで企業の成果を上げる!特徴やメリットを解説

マネジメント・目標設定のコツを紹介。管理者は必見!


マネジメント・目標設定のコツを紹介。管理者は必見!