カテゴリー
マネジメント 人事評価 活用事例

リモートワークで部下の様子が見えない!?適切な評価を行うには

Goalous編集部のしばこです。
今月から、Goalous(ゴーラス)を運営する私たちが自社でどんな風にGoalousを活用しているのか、実例を交えながら紹介していきます。

早速ですが、今日は評価について書きたいと思います。
みなさんの会社では評価をどのように行っていますか?
エクセルを使っている会社もあれば、タレントマネジメントツールを使っている会社もあるかもしれません。
もちろん私たちは、Goalousを使って評価を行っています。

Goalous評価のいいところ

私たちがGoalousを実際使ってみていいなと感じた点を3つご紹介していきます。

その1:複数の評価者からフィードバックを得ることができる

Goalousでは最大7人の評価者を設定することができます。
縦の関係で評価者を設定することも可能ですが、私たちの会社では360度評価を行っており、自分で自分の評価者を自由に設定することができます。Goalous上でフィードバックをもらいたい人を設定すれば、タテヨコナナメ、様々な角度から気づきを得ることができます。

その2:過去の活動を振り返りながら結果を入力できる

多くの会社では、半期や1年ごとに評価を行っていると思います。
半年前、1年前の記憶って鮮明に残ってますか?自分のことならまだしも、他人の過去の活動となると、なかなか難しいのではないでしょうか?
Goalousなら、評価画面から簡単に過去のアクティビティや成果を見ることができるので、ここ最近の活動だけでなく、期を通じた評価をすることが可能です。

その3:プロセスと成果をもとに評価できる

そもそもGoalousというのは、目標に対する日々の活動をチームでシェアするツールです。
しっかり働いている人であれば、活動を定期的にシェアすることができます。そしてその日々の活動がGoalous上にどんどん蓄積され、その結果、成果に加えて活動プロセスも参考にしながら評価が行われるという仕組みです。

これは特にリモートワーク下ではかなり強力なツールなんじゃないかと自負しています。
リモートワークだと、お互い離れた場所にいてどんな仕事をしているか見えにくいですよね。リモートワークに関するアンケートをとれば、自分のことをしっかり評価してもらえるか不安だという声が必ずあがるようです。活動を日常的にシェアし、それを見ながら評価をできるGoalousは、この悩みを解消できるツールだと思います。

さて、Goalous利用者として感じた良さを、評価の観点から今回はお伝えしました。
Goalousについて興味を持っていただけたでしょうか?もっと知りたいと思っていただけた方は、ぜひお気軽にお問合せください。
事例も交えながら詳しくご紹介します。


The following two tabs change content below.
Kiyo Koshiba

Kiyo Koshiba

ColorkrewのHR担当。 ColorkrewのビジョンをColorkrewらしく叶えたい。 同じ方向見て走っていける人を探しています。また、Colorkrewの人たちが働きやすい環境を追求しています。
Kiyo Koshiba

作成者: Kiyo Koshiba

ColorkrewのHR担当。 ColorkrewのビジョンをColorkrewらしく叶えたい。 同じ方向見て走っていける人を探しています。また、Colorkrewの人たちが働きやすい環境を追求しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です