部下の教育方法・教育する際に気を付けるべきこととは?

執筆者 | 2月 18, 2021 | マネジメント, 人材育成 | コメント0件

マネージャーの立場になってはじめて、部下の教育の難しさ、指導の難しさに頭を悩ませる人もいるだろう。自分自身の成長以上に、人の成長を促すことは難しいものだ。

この記事では、部下の教育のヒントが得られるように、仕事においての教育方法や注意点について紹介していく。

部下の教育方法

部下の教育はどのように進めていけば良いか、3つの方法を見ていこう。

部下の教育計画を立てる

人それぞれ、成長のスピードや仕事の飲み込みの早さは変わってくる。従来どおり、皆同じ目標やゴールに向けて成長を促しても思うようには伸びない。

部下を教育するには、教育のための計画をしっかりと立てることだ。教育計画では、期限を設定し、部下にどのような成長やスキル習得をしてもらいたいか教育内容も具体的に決めると良い。

さらに、計画が達成可能なものであるかどうかも検討する必要があるだろう。現実的に達成できそうにない計画を立てても、何の指標にもならないからだ。

部下に合った教育計画を設定するためにも、部下と話し合いながら、部下自身が成長できるような目標設定をすると良い。

部下に役割を与える

部下にはまだ早い、知識を吸収してから仕事に取り組んでもらいたい、などさまざまな理由で、部下に積極的に仕事を振るのをためらってはいないだろうか。責任ある仕事を振らなければ、いつまでも部下の成長は望めない。

部下を教育する際は、役割を与え、責任感をもって仕事をするよう働きかけることが重要だ。責任のある仕事を任せることは、部下が自分で考え行動する、自主性や積極性を育む良い機会になる。部下の状況を把握し、部下のレベルを考えた役割を与えるのがポイントだ。

フィードバックを行う

都度、部下を指導しているつもりでも、フィードバックをきっちり行えていない上司は多い。なぜなら、フィードバックの意味をはき違えているためである。フィードバックは、相手を根拠なく褒めることでも、批判することでもない。

相手を評価するのではなく、現状を適切に伝えることだ。部下の良い点があれば、具体的に良い部分を理由とともに伝える。部下の行動に問題があれば、問題点を指摘した上で、どのように改善していけば良いかアドバイスするまでがフィードバックなのである。

フィードバックは、部下が上司から評価してもらえていると感じられるように、言葉で伝えることが重要である。上司に評価されているという実感が、部下の動機づけとなり、モチベーションの向上にもつながるのが理由だ。


教育する際に気を付けるポイント

次に、部下の教育にあたって気を付けたい3つのポイントを紹介する。

正しい褒め方・叱り方を身に付ける

部下を教育する中では、褒める場面、叱る場面も出てくる。いずれにおいても、その日の気分などで中途半端に褒めたり、叱ったりはしないことだ。

また、曖昧な褒め方や叱り方はしないようにする。なんの具体性もないと、本当に上司は評価してくれているのかと、部下は不審に思うだろう。

褒めるときは良い点を具体的に示して褒めるようにする。叱るときは、叱るだけで終わらせず、アドバイスも含めて叱るようにするのがポイント。

また叱るときにありがちだが、人格を否定しないようにも注意したい。人格の否定は、教育のために叱るのとはまったくの別物だろう。叱っても、事実の指摘にとどめるように気を付けるべきである。

部下を尊重する

人それぞれ、仕事に対する向き合い方、仕事の進め方、さらには価値観も異なる。人にはさまざまな生き方や考え方があるのだと、部下の個性や考えを受け入れられるよう余裕をもつことが上司としては大切だ。

上司だからと、自分自身の意見や考え方を押し付けるのではなく、部下の意見にも耳を傾けて、相手を尊重して仕事に向き合うようにする

このような余裕をもつには、相手の立場に立って考えることが必要だ。相手が何を求めているのか、どうしてほしいと思っているのか、相手のことを考えて指導すると、指導内容もより実のあるものになるだろう。

積極的にコミュニケーションを取る

話しかけにくい雰囲気だと、部下は相談や質問ができなくなり、教育はうまくいかなくなる。部下が成長できるように、話しやすい環境を上司自ら作るのもポイントだ。上司と部下間のコミュニケーションの増加は、信頼関係の構築にもつながる。

社内コミュニケーションを活性化させるには、社内SNSの活用を検討するのが良いだろう。社内SNSなら、メッセージ機能のほか、目標達成のためのさまざまな機能が付いたGoalous(ゴーラス)を利用するのがいいだろう。Goalousなら、以下のような機能も利用できる。

・オープンゴール機能で目標の設定や確認ができる
・評価機能で過去の行動を振り返りながら目標や計画を立てられる
・メッセージ機能やフォトアクションでやり取りができる

Goalousの特徴は、社内SNSの特徴でもある気軽なやり取りが可能であること、目標設定に活用できる機能が搭載されていることだ。部下とよくコミュニケーションを取ることはもちろん、目標設定で部下の教育のサポートも可能になる。

まとめ

部下の教育では、それぞれの教育計画を立て実行に移すこと、コミュニケーションを取って適切にフィードバックを与えることが重要である。いずれもスムーズに実行したいなら、メッセージ機能やオープンゴール機能のあるGoalousをおすすめする。