部下の育て方とは?育成が上手い上司の特徴と今日からやるべきこと

執筆者 | 4月 19, 2021 | マネジメント, 人材育成 | コメント0件

マネージャーやリーダーのような管理職になり、部下をもつようになると、人材育成も業務遂行と並行して行わなければならない。

実際に育成を行う場合、部下にスキル向上や業務経験を積ませて苦手を克服させるなど、部下ひとりひとりに合った指導方法を行うことが求められる。

では、正しい部下の育て方とはどのようなもので、部下が成長する上司にはどのような共通項があるのだろうか。

この記事では、部下が成長する上司の特徴や、正しい部下の育成方法について紹介する。

部下が育つ上司の特徴は?

部下が育つ上司の特徴として共通する点がいくつかある。育成のうまい上司はマネジメント力も高い場合が多い。結果的にチームの目標達成率も高くなるだろう。

ここからは、部下が育つ上司の特徴や、なぜ部下が育つのかという理由について紹介する。

目標を明確にする上司

目標を明確に設定できる上司は、部下を育てるのがうまい傾向にある。目標設定を適切に行えていれば、業務やタスクをこなすパフォーマンスが向上するためだ。

部下に目標をわかりやすく伝えることが肝心で、方向性の提示やどのようにしてアプローチしていくのかを指導することも重要になる。

また、高すぎる無理な目標設定は、一転してモチベーションを下げる要因になるため注意が必要である。

達成できる範囲の目標を設定し、達成する成功体験を積み重ねながら自信をもたせることが肝心だ。

結果をすべてにしない上司

結果だけで判断して評価するよりも、プロセスやアプローチ方法などを含めて評価できる上司は部下を成長させやすい

結果を出すことはもちろん重要だが、結果に対するアプローチ方法やプロセス、前回と比較して伸びたところなどを積極的に褒めることは重要だ。

結果がついてこなくても努力したことを褒め、次回につなげられるアドバイスを織り交ぜて指導することで部下のやる気につながるだろう。

仕事を任せる上司

ある程度の裁量を部下にもたせて仕事を割り振る上司は、部下を成長させることができる

適度に部下を頼って仕事を任せることができるので、早い段階で経験を積み、実力を伸ばすことが可能なためだ。

また、頼りにしていることを伝えれば、部下のモチベーションアップにもつながるだろう

経験を適度に積ませながら部下のやる気を引き出せるというのは、部下が育つ上司に共通しているポイントなのではないだろうか。


今日からできる部下の正しい育て方は?

部下をうまく育てるために、意識することや接し方を変えることは今すぐ実践できる方法である

では、具体的にどのようなことを意識すれば、部下を正しく成長させることができるのだろうか。

ここからは、今日から実践できる部下の正しい育て方として重要になる、接し方のポイントを紹介する。

部下とコミュニケーションを取る

部下をうまく育てるためには、積極的にコミュニケーションを取ることが重要になる。

部下の悩みや疑問をいち早く解消できるほか、部下の性格や資質、能力を正しく見極めて仕事を振ることもできるためだ。

部下とのコミュニケーションを積極的に取るためには、Goalous(ゴーラス)のようなツールを活用するのも手段のひとつである

Goalousではフォトアクションで写真と文字による発信ができる。見た人もリアクションができ、メッセージ機能を利用すれば個別にやり取りすることも可能だ。

積極的なコミュニケーションで信頼関係が構築できれば、部下から上司へ話しかけるハードルも下がるだろう。

Goalousであればメールのような定型文が必要なく、電話のように相手の時間を拘束してしまうこともない。

部下が自分のことを話しやすくなり、相談や進捗の報連相もスムーズに行えるようになるのではないだろうか

また、Goalousを開発・運用しているColorkrewでは、部下を成長させるためのマネジメント力向上に活用できる無料のWebセミナーを開催している。

部下の育成で悩んでいるのであれば、ぜひ活用を検討していただきたい。

Colorkrewのウェビナー詳細はこちら

正しい褒め方と注意をする

部下を正しく育てるには、正しい褒め方と注意の方法を意識する必要がある。褒められることで認められた、もっと役立ちたいというやる気につながるためだ。

重要なのは具体的に褒めることであり、具体的に褒めるには成長した部分や部下が努力したことなどを明確に把握していなければならない。

また、褒めることだけでなく、注意やアドバイスも行う必要がある。

相手にとって納得できる注意やアドバイスであれば、反省して次に活かすことができるだろう。

一方で、理不尽に怒鳴るなどの行為は部下を委縮させてしまい、仕事に対するモチベーションの低下をまねきかねない。

冷静に相手の意見も聞きながら、改善できる点についてアドバイスするなど、感情的な注意を行わないように意識することが重要だといえる。

部下を分析する

部下とコミュニケーションを取りながら、冷静に部下の能力や性格を分析することも大切だ

部下にとってどのような育て方が適しているかが異なるため、「ほかの部下はこの方法で成長したから」という固定観念は取り払う必要がある。

どのようなときにやる気を出したか、素直に受け止めたアドバイスの仕方、難易度の高い業務を任せるタイミングなどを見極めなければならない。

密にコミュニケーションを取りながら、部下のもつ力や状況を正確に把握して分析し、最適な接し方を検討してみてはいかがだろうか

まとめ

部下の育て方は上司によって異なるが、育て方のうまい上司には共通点が多くある。

自分自身が部下と接するときの行動や言動を振り返り、比較しながら接し方の参考として役立てれば、部下の成長につなげることができるだろう。