リーダーシップとは?発揮するのに押さえておきたい2つのポイント

執筆者 | 4月 1, 2021 | マネジメント, 人材育成 | コメント0件

「リーダーシップ」と耳にする機会は多いが、リーダーシップをうまく説明できる人は少ないのではないだろうか。何となくイメージはあっても、説明するのはなかなか難しい。この記事では、組織運営で重要なリーダーシップについて、解説していく。

リーダーシップってどういう意味?定義についても解説

リーダーシップとは何か、まずは概要を解説する。

リーダーシップって?

リーダーシップとは、簡単に説明すると組織を引っ張っていく能力のことだ。リーダーシップは先天的なものではなく、さまざまな経験などを経て、後天的に身につくものと考えられている。

高いリーダーシップを引き出すにあたって必要なのが、目標達成のための能力、組織を円滑に回すための能力だ。ふたつの能力を兼ね備えることが、組織をまとめるリーダーの理想である。

マネジメントとの違い

組織をまとめるという意味で、リーダーシップとマネジメントは似ていると感じている人もいるかもしれない。しかし、リーダーシップとマネジメントは異なる。

まず、リーダーシップは、メンバーでビジョンを共有して、実現のためにチームを導くことだ。ビジョンを全員で共有することによって意識させ、よりよい未来へと導く。リーダーシップをとるリーダーが進むべき方向にチームを導けるのは人望によるものだ。

一方、マネジメントは、リーダーとは違い、メンバーよりも上の立場で組織の方向性を決める。リーダーシップと異なるのは、目的達成のための手段を決め、管理する立場にあることだ。

マネジメントを担うマネージャーは、チームの方向性を軌道修正することで、目標達成をサポートする。

リーダーシップもマネジメントもどちらも重要だが、求められる能力はまったく異なるのだ。リーダーシップは人望や統率力、マネジメントは管理する能力が必要とされる

リーダーシップの定義

リーダーシップについてはさまざまな研究が行われ、その中で複数の定義が誕生した。リーダーシップの定義の中でもよく知られているのが、経営学者ピーター・ドラッカーによる定義だ。

ドラッガーは、リーダーシップとは資質でなく仕事であり、責任をとることであり、信頼によって生まれるものだという。要は、人格を高めることこそがリーダーシップなのである

ほかには、PM理論も有名だ。PM理論は、リーダーシップを目標達成と集団維持のふたつの視点からとらえたもの。組織の目標のためにチームを組織し、高いチームワークを実現して最大の成果を出す能力を意味している。


リーダーに求められる資質って?

組織を導いていくための力、リーダーシップにはどのような能力が求められるのだろうか。リーダーに求められる主な資質を見ていこう。

コミュニケーションスキル

マネジメントと違って、リーダーシップは人望があって発揮されるものだと説明した。周りからの人望を集めるには、コミュニケーションが欠かせない。メンバーとしっかり意思疎通を図ることが重要な資質だ。

しかし、ただ相手と話をするだけでは十分でない。リーダーに求められるコミュニケーションスキルは、ひとりひとりに合ったコミュニケーションを取れること、寛容な態度でコミュニケーションを取れるこが必須である。

信頼できる要素のある人

信頼できる人であることもリーダーの重要な資質だ。言っていることが二転三転するような信頼のおけない人には人望は集まらない。この人についていけば大丈夫だと思われるような信頼感が必要だ。

しかし、信頼はすぐに構築できるものでもない。柔軟に対応して部下の面倒を見る、必要に応じてサポートする、アドバイスを送るなど、日ごろのメンバーとのかかわりが信頼を構築する要素となる。

リーダーシップを発揮するには

最後に、リーダーシップを発揮するためのヒントを紹介する。

冷静な判断で部下に耳を傾ける

リーダーはぶれない安心感のある人物が理想だ。何かトラブルがあったとき、周りが安心してついてこられるようにするためにも、冷静に判断をくだすようにする

判断を誤らないためにも、何があっても一旦冷静になることだ。さらに、問題を解決するには、部下の声にも耳を傾けるようにする。

大きな目標を引いたときにリーダーシップを発揮する

リーダーシップは、目標を決めたときから、目標に向かって発揮される。リーダーシップがより大きな意味をもつのは、大きな目標のために部下を引っ張っていくときだ。リーダーシップを引き出すには、組織の共通の目標を立てるのも方法のひとつだろう。

SNS型目標管理ツールのGoalous(ゴーラス)は、リーダーシップを引き出し、組織力を上げるのに役立つツールだ。

SNSなので部下と密にコミュニケーションを取ることでリーダーシップを発揮できるだけでなく、目標を可視化できることにより、リーダーシップをより発揮できるだろう。

チームがいまいちまとまっていない、組織力を高めたいとリーダーシップに課題を感じているなら、Goalousが解決の糸口になるだろう。

まとめ

組織をまとめるためにリーダーシップを意識することもあるだろう。リーダーシップでは、目標達成のために組織を導く力、集団をまとめる力が必要とされる。

リーダーシップは後天的に見つけられるものだ。ツールを活用してコミュニケーションを増やし、信頼を積み重ねていくことでリーダーシップを発揮できるようにしておくと良いだろう。

リーダーシップを発揮して組織力を高めたいならGoalousがおすすめだ。組織運営に役立つ無料セミナーも実施している。
管理職が選ぶ目標管理ツールNo,1