プロジェクトマネージャーに必要な3つの主要スキルを解説!

執筆者 | 4月 9, 2021 | マネジメント, 人材育成 | コメント0件

プロジェクトマネージャーとしてさまざまな開発や企画立案などに携わる際に、求められる能力やスキルがいくつかある。

プロジェクトマネージャーは管理力・判断力が必要になるため、専門的な技術よりも総合的な調整力が求められる業種といえるだろう。

では、プロジェクトマネージャーとして働く際には、具体的にどのようなスキルを身に付けておく必要があるのだろうか。

この記事では、プロジェクトマネージャーに必要な3つのスキルと、スキルを身につけるために意識しておきたいポイントについて紹介する。

プロジェクトマネージャ―に求められている3つのスキルとは?

プロジェクトマネージャーに求められているスキルは、大きくわけて3つある。

プロジェクトをうまくマネジメントし、効率の最大化やアイデア抽出、新たなサービスや商品の開発に役立てるにはこのスキルが必要不可欠だ。

ここからは、プロジェクトマネージャーに求められている3つのスキルと、その理由について紹介しよう。

1.管理を遂行する能力

プロジェクトを効率よく進めるためには、プロジェクトマネージャーの管理・遂行能力が重要になる。

スケジュールを計画的に進めるための管理をしながら、業務の振り分けやトラブル・遅れに対するフォローなども行わなければならない。

また、スケジュールだけでなく予算の管理を行う能力も求められている。

コスト削減で無駄を省いて少ない投資で最大限開発を行えば、会社にもたらされる利益も大きくなるためだ。

マネジメント力が試される部分でもあり、プロジェクトの進行にかかわる重要な要素になるため、積極的に身につけておきたい。

2.業界知識・技術

プロジェクトを円滑に進めるためにも、業界知識や技術について詳しい知識や必要な技術を持っている必要がある。

また、ITのトレンドなどの情報も頭に入っていれば市場の動向がつかめるため、プロジェクトの方向性を決定する際に役立つ。

市場が求めているモノ・コトを明確に把握する必要があるため、プロジェクトマネージャーに必要なスキルのひとつだといえるだろう。

3.コミュニケーションスキル

プロジェクトマネージャーにとって、コミュニケーションスキルは欠かせない。クライアントが求めているニーズを引き出し、チームに意図を伝える能力にも直結するためだ。

また、部下の進捗管理や指導を行う際にもコミュニケーションが必要になる。

信頼関係の構築によってチームワーク向上にも役立つため、コミュニケーションスキルも身に付けておくべきだろう。


プロジェクトマネージャーのスキルを日頃から高めるには?

プロジェクトマネージャーとしてのスキルを身につけ、高めていくためには日頃から意識して業務に取り組まなければならない。

ここからは、プロジェクトマネージャーとして、スキルアップを図るためのポイントについて解説する。

仕事に関連する資格を取得する

プロジェクトマネージャーの業務に関連する資格を取得するのも、スキルを身につける方法のひとつだ。

とくに、プロジェクトマネージャー試験の資格は、システム開発に関するプロジェクトのマネジメントを行うスペシャリストの証である。

プロジェクト管理の経験者が受験する資格だが、合格率が低いことから資格保持者が優れた人材であることの証明になるといえるだろう。

積極的にメンバーとコミュニケーションをする

プロジェクトマネージャーとしてのコミュニケーションスキルは、普段の業務をとおして経験を積みながら磨く必要がある

日頃から部下に声をかけて積極的にコミュニケーションを図り、信頼関係の構築を行おう。

話しかけやすい雰囲気を作ることで、プロジェクトの進捗状況も確認しやすくなり、マネジメントしやすい環境を整備することも可能になる。

プロジェクトを効率良く進めるためにはツールを活用しよう!

プロジェクトを効率よく進めるためには、ツールの活用が最適だ。

スキルを高めることだけでなく、プロジェクトを遂行する際には業務効率を向上させることが重要になる。

ここからは、プロジェクトマネジメントに役立つツールについて紹介する。

ツールを使うことで進捗状況をスムーズに管理

プロジェクトの進行管理を行う際には、ツールを活用することで円滑にマネジメントできるようになる。

報告・連絡・相談が効率化されるため、情報共有のスピードが格段に向上するためだ

メンバーの進捗状況やタスクの状況が把握しやすくなるため、サポートやフォローが必要なときにもいち早く対応することができるようになるだろう。

Goalousなら目標の進捗管理を見える化できる!

Goalous(ゴーラス)ため、プロジェクトのマネジメントを効率よく行うことができる。

チームの目標を達成するための機能が充実しており、ゴール機能で目標の見える化や、フォトアクションでメンバーの活動状況を把握することも可能だ。

また、フォトアクションに対するいいね!やコメント機能を活用すれば、コミュニケーションツールとしても役立つ。

コミュニケーションが積極的に取れるようになればチームワークが向上し、連携しやすいプロジェクトチームになるだろう。

Goalousを開発・運用しているColorkrewでは、部下の育成やマネジメント能力向上に役立つ無料のWebセミナーを開催している。

プロジェクトマネージャーとしてのスキル向上に、ぜひ活用していただきたい。

Colorkrewのウェビナー詳細はこちら

まとめ

プロジェクトマネージャーに求められているのは、クライアントとプロジェクトメンバーの調整役のような役割もある。

進行管理に加えて、クライアントのニーズを満たすサービスや商品を提供するためには、意図をメンバーへ確に周知しなければならない。

専門的な知識とコミュニケーション能力の両面から、スキルアップを図る必要があるといえるだろう。