部下への効果的な接し方3つ【マネージャー必読】

執筆者 | 2月 4, 2021 | コミュニケーション, 人材育成 | コメント0件

自分が社内で部下をもつ立場になったとき、部下への接し方に悩むこともあるだろう。

部下との信頼関係が構築できれば、企業全体にとってもメリットが大きいため、コミュニケーションを重視する企業も多い。

この記事では、部下への効果的な接し方の3つの方法や、部下と良好な関係性を築くメリットについて紹介する。

部下と良好な関係を築くメリット

部下と良好な関係を築くことで、どのようなメリットが見られるのだろうか。ここからは、部下との関係性を良くする利点や影響について紹介する。

部下への理解が進む

部下と良好な関係を築くことができれば、部下への理解が進むというメリットがある。

部下の考えていることを理解できるようになることで、サポートが必要な業務や悩みの解消なども容易になるためだ。

信頼関係があれば、部下からも悩みや困っていることなどを相談しやすくなるため、早期離職を防ぐうえでも役に立つだろう。

報連相がしやすい環境になる

部下との接し方を工夫し、良好な関係性を維持できていれば、報連相が行いやすい環境になる

報連相はミスを減らすうえでも重要になるため、コミュニケーションを通して進捗状況の確認なども行いたい。

また、自発的に報連相を行う習慣もつくため、考えて行動する自立心を養うことにもつながると考えられる。

部下の満足度が上がる

部下との関係性が良好になれば、部下の満足度が向上する利点がある。お互いに意見をいいやすい環境になるため、仕事に対する意欲や目標意識も高くなるだろう。

また、気軽に悩みを相談できる関係性があれば、部下が悩みをひとりで抱える必要がなくなるため定着率向上も見込める。

部下との信頼関係構築は、働く本人の満足度向上にもつながるのではないだろうか。


部下への接し方

信頼関係を構築するために、どのようなポイントを押さえて部下に接するべきなのだろうか。

ここからは、具体的な接し方のコツや意識すべきポイントについて紹介する。

仕事に対する評価を論理的に行う

部下との関係を良好なものにするには、仕事に対する評価を論理的かつ客観的に行うことが重要である。

感情論で話をするのではなく、結果として達成した数値などをもとに、論理的に評価する形だ。

褒めるときは具体的にどこが良かったのかを褒めて、どうすればよくなるのかを助言・アドバイスするように心がける必要がある。

また、なんらかの事情で叱る必要が出た場合には、1対1の場面に限定し、ほかの社員がいる前で怒鳴ることがないように注意したい。

目的の共有を行う

目的やゴールを明確に提示することで、部下の行動や業務に取り組むことへの動機づけを行うことが重要だ。

自分が行っている業務がチームや部署、会社にとっての利益になっているという実感につながり、部下の自発的な行動を促すことができる。

また、チームの一員であるという自覚をもたせるためにも、自分の上司や同僚と同じ方向性で仕事を進める意識が必要になるだろう。

「なぜその仕事を行ったのか」「次になにをする必要があるのか」などを部下に判断させ、フォローやフィードバックでサポートしよう。

部下の話をきちんと聞く

部下との信頼関係を築くためには、部下の話をきちんと聞く姿勢も重要になる。

上司が自分の話ばかりしていたり、業務の片手間に話を聞いたりしていると、部下は話しかけても聞いてもらえるか不安に感じるためだ。

部下が話しかけやすい空気を作り、話しかけてきたときは一度作業を止めて、部下の方を向いて話を聞く姿勢を見せる必要がある。

また、部下が話をしている途中で自分の意見を述べて中断することがないように、まずは話をすべて聞くように意識すべきだ。

しかし、部下から話しかけてくるのを待っているだけでは、信頼関係につながるようなコミュニケーションは生まれないだろう。

自分から進捗状況の確認をしたり、困っている点はないかを尋ねたりしながら「こちらに聞く姿勢があることをアピール」していこう。

上述のことから、上司と部下の双方向におけるコミュニケーションの活性化が重要になることがわかる。

コミュニケーションを活性化させるには、社内SNSの導入が望ましい

Goalous(ゴーラス)なら、社内SNSとしてチャットでのやり取りができるだけでなく、目標管理ができるオープンゴール機能や評価機能も備わっている

部下やほかの社員がなにを目指し、どのような達成率なのかが可視化されているため、客観的に評価できるのも利点のひとつだ。

Goalousのような社内SNSであれば、メールのような定型文が必要ないため気軽にやり取りができる。

上司に対する壁や苦手意識を軽減することにもつながるため、相談なども容易になるだろう。

部下との接し方に悩んでいるのであれば、コミュニケーションを取るツールや方法を見直すことから始めてみてはいかがだろうか。

まとめ

部下と良好な関係を築くことは、部下への理解が進んだり、仕事のミスが減ったりするだけでなく、離職率の低下にもつながる重要なものだ。

部下とのコミュニケーションの手段を見直すことで社内の情報共有を加速化させれば、業務効率化にも活用できる場合がある。

部下のモチベーションを引き出していけば、結果的に目標の達成率も向上するなど、会社にとっても多くのメリットがあるのではないだろうか。
管理職が選ぶ目標管理ツールNo,1