部下の指導をするときに心がけておきたいこと・身に付けたいスキルを知ろう

執筆者 | 2月 1, 2021 | コミュニケーション, 人材育成 | コメント0件

はじめて部下を指導する立場になると、どのように指導するべきか戸惑うことも多い。部下の指導はどうあるべきなのだろうか。この記事では、部下を指導するときの心がけ、身に付けておくと良いスキルについて紹介する。

部下の指導をする際に心がけること

部下の指導を誤ると、パワハラになってしまうこともある。適切に部下の指導を行うには、これから紹介する3つを心がけることが大切だ。

部下を信頼する

信頼関係がないと、ちょっとしたことでもコミュニケーションに問題が生じることがある。部下を適切に指導するには、まず、信頼関係を築くことだ。

部下に仕事を任せるよりも自分で片づけたほうが早いからといって、部下に仕事を回さない上司もいる。しかし、部下を指導する意味では、部下が成長しないので意味がない。

信頼関係を築く第一歩として、部下を信頼して仕事を任せる勇気も必要だ。仕事を任せることで問題が起こるかもしれないが、質問や相談できる環境を構築し、信頼関係が強固になっていれば問題発生後でも適切にサポートできる。

部下を指導しなければならないからといって、必要以上に指導したり、過度に手伝ったりせず、部下の成長を促すために、任せた仕事は見守ることを心がけたい。

部下の性格に合った指導を行う

部下の指導にマニュアルはあまり意味を成さない。指導法自体が正しかったとしても、部下の性格やタイプにあった指導法とは限らないためだ。指導法が合わないと、部下がなかなか仕事を覚えない、何度も間違えるなど、不満がたまるだろう。

効率良く指導できるようにするためにも、部下を理解し、ひとりひとりに合った指導を行うことだ

たとえば、目標達成がモチベーションになるタイプなら、成長のきっかけになるように少しレベルの高い仕事を振ってみるのも良い。興味のあることに対してのモチベーションが高いタイプなら、個人の成果を最大限に引き出せるような仕事が適しているだろう。

勝負をモチベーションにするタイプならライバルを、仲間との関係をモチベーションにするタイプなら仲間を意識させるのが良いのではないだろうか。

感情的にならない

部下が思うように行動できなかったり、何度も同じことを繰り返したりしていると、イライラしてしまうこともあるかもしれない。このように、怒りの感情をもつことはあるかもしれないが、感情のスイッチは押してしまわないことだ。

指導に怒りの感情が加わると、パワハラになりかねない。怒りの感情を認識したら、深呼吸するなどして、感情を切り替えられるようにする。怒りは短期的な感情なので、冷静になってから指導にあたるのも良い。

相手が理解できないから感情的になるのではなく、何度も教える心構えでいることが大切だ


部下を指導するときに身に付けておきたいスキル

部下を指導するには、上司自身が適切に指導を行えるようなスキルを身に付けておくことも重要だ。この項では、部下の指導で身に付けておきたいスキルを3つ紹介する。

相手の話を聞くスキル

指導のためだからといって、自分の考えばかり押し付けたり、つい高圧的になったりすることはないだろうか。あからさまに態度に出ていなくても、相手の立場を想像せず、自分の物差しだけで相手の話を聞くことはよくあること。

上司に求められるスキルは、自分の物差しではなく、相手の立場に立って部下の意見を聞き、受け入れることだ。上司という立場であっても、部下は自分の知らない知識をもっているかもしれないし、何か良いアイデアをもっているかもしれない。

相手の目線に立ち、部下が自分のことを見てくれている、評価してくれていると感じられるようにするためにも、相手の話を聞くスキルを高めることは重要だ。

情報共有スキル

部下を指導するには、情報を的確に伝える、情報共有スキルも重要だ。上司が情報を伝えたつもりであっても、部下に伝わっていないことはよくある。情報伝達に食い違いが起こらないようにするためにも、情報を適切に伝え、共有することが重要だ。

情報を共有することによって、部下にもチームとしての責任感をもってもらうようにすると、部下の仕事に対する意識も変わってくるかもしれない。うまくできたことは部下にしっかり伝えることで、次の仕事の動機づけになるようにする。

コミュニケーションスキル

適切に部下を指導するには、どの場面においても、コミュニケーションスキルは欠かせない。仕事を教える場面、仕事の報告を受ける場面、さまざまな場面でコミュニケーションは発生するためだ。指導のためには、部下にしっかり伝わる言葉で説明するスキルを養うのが重要だろう。

コミュニケーションは、ツールを活用するとより活発にできる。メッセージ機能で気軽にやり取りでき、連絡や相談もスピーディーにできるGoalous(ゴーラス)でコミュニケーション量を補ってはいかがだろう。

Goalousなら、コミュニケーションだけでなく、ゴール機能やフォトアクションなどで、部下の仕事の状況も把握できるようになる。

まとめ

部下の指導は、上司の心がけ次第で改善できる。部下の指導に行き詰まったら、覚えが悪いからと部下のせいにせず、自身の指導法に問題がないか見つめ直してみることだ。適切に指導できるようにするためのスキルについても、上司として磨いていけるよう心がけたい。