仕事のできる人ほど辞めていく?辞めてほしくない人が辞める理由

会社にとって辞めてほしくない人が辞める、つまり優秀な人材が会社を離れていくことに頭を悩ます企業も少なくないだろう。なぜ惜しい人材ほど離職してしまうのだろうか。優秀な人材が離職する理由と離職を防ぐ方法について紹介していく。

辞めて欲しくない人が辞めてしまう原因

なぜ優秀な人材ほど辞めてしまうのか。主な原因は3つある。

キャリアアップができないから

優秀な人材ほど自分のキャリアを考える人は多く、仕事内容や自身の成長に対するハードルは高い。また同時に、求めるレベルや会社に期待する地位やリターンも高いと考えられる。

そのため、いくら成績を上げても会社が成績に見合った昇進や昇格を与えないと、正当に評価されていないと受け止められ、会社に対してマイナスの感情を抱いてしまう。優秀な人材は需要もあるので、これ以上の昇格などを見込めないと会社を離れてしまうのだ。

また、優秀さに見合った仕事を与えることができていないのも問題である。この場合は働くモチベーションが下がり、自分のやりたいことを求め転職してしまう。

業務量に不満を感じているから

辞めて欲しくない人ほど仕事ができる人が多いため、どうしてもその人に仕事が多く振られ業務量が多くなってしまうことがある。しかし、業務量に対して正当に評価されないことも少なくない。

実際には業務量が異なっても、ほかの社員と報酬が同じであったり、業務量に比例した報酬でなかったりすると会社への不満が大きくなる。結果、会社を辞めてしまうのだ。

評価がある程度正当だったとしても、やはり業務が偏るのは好ましくない。多すぎる仕事は、心身ともに疲弊させてしまい、これも離職の可能性を高める。

会社のビジョンや方向性が合わなくなったから

会社での在籍期間が長くなると、これから自分がどうしていきたいか、やりたいことが会社にいて実現できるのか、将来に向き合うことも多くなる。

しかし、会社の方針や目標が見えてこないと、個人の将来とすり合わせができない。結果、自分の立ち位置がわからなくなり、仕事を辞めてしまう。ほかにも、やりたいことと、会社の方向性やビジョンが合わなくなってしまうことも離職の原因に挙げられる。

このように優秀な人材が辞めていく原因をみていくと、会社への不満が離職につながっていることが分かるのではないだろうか。

優秀な人が辞めてしまうと会社のモチベーションは下がる

辞めて欲しくない人ほど辞める原因を紹介したが、優秀な人材の流出は企業の損失につながる。

生産性が落ちてしまう

人が少なくなるだけでも会社には影響があるが、それが優秀な人となると損失は大きい。これまで辞めた人が抱えていた仕事が、ほかの人に振り分けられることになるためだ。

しかし、同じように仕事をこなせるとは限らない。仕事のスピードは落ちることが予想される。結果、会社の生産性は落ち込み、売上が下がってしまう可能性もあるのだ。

社員全体の士気が下がる

これまで
優秀な人がいて回っていた仕事も、その人が抜けることによって、ほかの社員に仕事が回され、結果、1人あたりの仕事量が増えることになる。仕事量が増えることの弊害は前述したが、心身ともに良い影響は与えない。社員全体の士気も下がってしまう。

こうなると、仕事がこなせなくなり不満が生まれるほか、長時間労働や仕事疲れによる離職の問題に発展する可能性もある。

辞めて欲しくない人を会社に定着させるには

辞めて欲しくない人が定着しないことほど、会社にとっての損害はない。人材は財産にもなるからだ。それでは、どうすれば優秀な人材を会社にとどめることができるのだろう。いくつか方法を紹介していく。

成果に対して正当に評価する

優秀な人材を定着させるには、まず正当な評価を下すことだ。それは、成績に限らず、仕事量なども鑑みたうえでの評価ということになる。評価の反映のさせ方だが、昇給させる、ボーナスを上げるなど、「努力が認められている」と本人が分かりやすい方法でアプローチするのが良いだろう。

積極的にコミュニケーションをとる

仕事に対する不満は少なくても、人間関係がうまくいかないことで辞めてしまう人も少なくない。このような離職を減らすには、コミュニケーションを密に取って、上司と部下の信頼関係を普段から築きあげておくことだ。信頼が生まれれば、相談もしやすくなる。

定期的に面談するなど、意図的に相談する環境をつくるのも良いだろう。会社や仕事の悩みについてのケアができれば、人間関係による離職も減る。

社員の意見を取り入れる

会社の方針やビジョンが合わないと感じるのは、なにも企業理念に対してとは限らない。たとえば年功序列、役職重視、意見が聞き入れられないなど、社内の空気が合わないことも離職理由に考えられる。

このような不満を軽減するには、社員の意見を聞き、積極的に取り入れることも大切だ。自分のアイディアが取り入られるようになれば、社員の会社への貢献意識も高くなる。

会社の目標やビジョンを共有する

会社のビジョンが見えないことも離職の原因になり得ると紹介した。事業が今後どのように展開していくか共有することも、優秀な人材の定着に役立つだろう。

しかし、共有するだけでは事業に参加している自分がなかなか見えてこない。それぞれの部署でどのような目標を達成するかも決めておくと良いだろう。

社内SNSのGoalousなら、チームのゴールに対し、社員がアクションを起こすことで、頑張りを評価できる仕組みが整っている。ビジョンの共有だけでなく、正当な評価にもつなげることができるだろう。

まとめ

辞めてほしくない人が辞めるのは、企業側に原因があることがほとんどだ。優秀な人材の流出を防ぐには早急に対策を講じるのがおすすめ。解決には、原因をしっかり把握したうえで、適切に処理していくことが大切だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です