マネージャーの役割とは?種類や必要な能力について徹底解説

マネージャーは、経営や管理の意味をもつマネージからきた言葉で、人材やものなどを管理する立場にある人を指す。部長や課長といった名称のほうがなじみ深いだろう。

しかし、管理するといっても、昇格でマネージャー職に就く人も多く、何をすれば良いのかいまいちピントこないと感じる人は多い。この記事では、マネージャーとは何か、マネージャーの種類と役割について解説する。

マネージャーの種類

マネージャーの具体的な仕事内容は少し複雑だ。同じマネージャーでも、企業によって役割が異なることも多い。マネージャーとはどのような仕事なのか、代表的なマネージャーの種類から説明する。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの運用責任者で、プロジェクトを円滑に進める役割を持つ。PMといわれることもあり、エンジニアを含むプロジェクトでよく見られる。

プロジェクトをうまく回して利益を最大限に得られるようにすることが、プロジェクトマネージャーを置く目的だ。具体的には、予算管理、品質管理、納期の管理や調整、メンバーの選定、チーム内の調整を担う。

プロジェクトの計画から分析、改善までプロジェクトが終了するまで、全体の進行に管理責任をもつのがプロジェクトマネージャーだ。

ゼネラルマネージャー

ゼネラルマネージャーは、日本では部長職にあたる役職を指す。GMと略されることもあり、マネージャーの中では上位職だ。

事業部のマネジメントを担う役割をもち、会社の経営方針や目標に照らし合わせて、組織構築、経営資源の配分、人材開発など、部署単位で経営戦略を策定していく。これに加え、部署内の部下の管理や統率も行なっていかなくてはならない。

プレイングマネージャー

プレイングマネージャーは、マネージャーとしての役割を果たしながら、プレイヤーとして現役で実務にあたる人を指す。一般的に、マネージャーは管理業務を仕事内容にしているので、現場に出てほかの社員と同じように仕事をする点がほかと大きく異なる。

プレイングマネージャーの役割は、仕事をとおしてメンバーのサポート、現場の改善を図ることだ。現場の最前線に立って実務も行なうため、組織の業績の向上にも貢献することが期待されている。

エリアマネージャー

エリアマネージャーは、担当するエリアの運営や管理に携わるマネージャーを指す。小売業界や飲食業界など、複数の店舗を構える業界でエリアマネージャーを設置することが多い。

エリアマネージャーの役割は、売上アップのためにエリア内の店舗管理、在庫管理、人材育成などを行うことだ。

マネージャーの役割

マネージャーの種類ごとに仕事内容や役割を説明してきたが、そもそも、なぜ組織内にマネージャーを置く必要があるのだろうか。マネージャー全体の役割について、この項では考えてみたい。

目標の設定

会社全体の方針や目標は経営層が決めることだ。しかし、経営層の決めた目標は会社全体が目指すべきことであって、それぞれの仕事にまでは大きく干渉しない。

マネージャーは、経営層の決める経営方針に従って、管理する組織の目標を定め、目標を達成できるようにサポートするのが役目だ。会社と社員の橋渡しを担っているといえるだろう。

また、マネージャーには、チーム配下のメンバーが個々の目標を達成できるよう、キャリアイメージを明確にし、動機付けのサポートとしての役目も期待される。組織の目的を遂行する上で、重要な役割を担っていることがわかるだろう。

部下への指導

マネージャーは、組織の運営に携わるもののなかでも、現場に近い存在である。そのため、部下の状況を把握し、指導する役割も担う。

マネージャーに求められるのは、部下の仕事内容をしっかり把握して、問題点を洗い出すことだ。部下の様子を逐一把握できるように、対話形式の1on1ミーティングを取り入れている企業も多い。

成果の評価

マネージャーは成果を評価する役割も担っている。部下を評価することは、部下のキャリアに関わるだけでなく、部下を成長させる意味でも重要だ。定期的にフィードバックを行い部下と意思疎通を図ることがマネージャーには求められる。

部下にとって実のある評価、適切な評価は、部下のモチベーションアップにもつながるため、マネージャーは常に適正な評価やフィードバックについて考えなくてはならない。

このように、マネージャーは、チームの管理や目標管理だけでなく、部下との良好な関係構築によりチームを円滑に動かすことが役割として求められていることがわかるだろう。

マネージャーに必要とされる能力

ここまで役割について説明してきたが、マネージャーとしての役割を果たすには、適切にマネジメントするための能力も必要とされる。特に重視したいのが、管理能力とコミュニケーション能力だ。

管理能力

マネージャーに必要な能力は、チーム全体の業務管理能力である。能力が備わっていないと、チームの目標達成は遠のいてしまう。メンバーの信頼を得るためにも重要なスキルといえるだろう。

コミュニケーション能力

マネージャーの役割でも触れたように、マネージャーはチームのメンバーそれぞれと関わっていくことになる。部下をまとめ、目標に向かってチームを引っ張っていくにはコミュニケーションは必須のスキルとなるだろう。

積極的に部下に話しかけ、部下の考えていることやキャリアイメージを把握しておくことがなかでも重要だ。しかし、通常の業務のなかで部下と密にコミュニケーションを取るのには限界もある

コミュニケーション量を増やしたい、会話のきっかけをつかみたいと考えているなら、コミュニケーションツールを取り入れるのが得策だ。

社内SNSのGoalousなら、部下とのコミュニケーションツールとして活用できるだけでなく、ゴール機能により部下の目標を逐一把握するのにも役立つ。同じく搭載されている評価機能は、部下を適切に評価し、的確なフィードバックをするのに活用できるだろう。Goalousを組織改革のひとつとして利用されてはいかがだろうか。

まとめ

組織において、マネージャーは重要な役割を担っている。マネージャーのポジションに就いたら、自身の役割を把握して、マネージャーとしての役割を遂行できるよう必要な能力を磨くことが重要だ。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

マネジメントで成果を上げるには?具体的な解決法3つ!


マネジメントで成果を上げるには?具体的な解決法3つ!

マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介


マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介

初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?


初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です