リスクマネジメントとは?種類やプロセスを知って活動にいかそう

企業においてリスクマネジメントは重要な要素であり、適切に管理できていなければ経営に大きなダメージを負うことになるだろう。

しかし、リスクマネジメントには予防や対策が必要になるため、コストがかかることも事実である。

やみくもに広範囲で対策を行えば、コスト負担が経営を圧迫しかねない。では、どのようにしてリスクマネジメントを行うことが最適なのだろうか。

この記事では、リスクマネジメントの方法や4つの種類、プロセスについて紹介する。

リスクマネジメントとは

リスクマネジメントとは、リスクを想定して管理(マネジメント)を行い、経営面への損失や影響を最小限に抑える取り組みのことを指す。

リスクを想定していなければ迅速に対応できず、損失が広がってしまうためである。

リスク分散を図ろうとする「リスクヘッジ」や、実際に起こった危機的状況に対してどのように対応するかを検討する「危機管理(対応)」とは異なる。

事前にある程度のリスクを想定しておき、リスクに備えてさまざまな準備をしておくことがリスクマネジメントである。

想定しておくべきリスクには、ふたつの種類がある。

災害や事故、人為的ミスによる損失などの「マイナスリスク」と、政治情勢や流行などによる「プラスリスク」だ。

マイナスリスクは経営に対する損失につながるため、イメージしやすいのではないだろうか。

一方で、プラスリスクは「機会損失」だと考えるとわかりやすい。たとえば「SNSでバズる」「社会的情勢によって商品が必要とされる」など、業績の上振れが発生することがある。

その場合「生産が追いつかない」「人手が足りない」状況になると、収益を伸ばせるチャンスを活かせなくなってしまう。

このような収益機会を逃さないために、リスクマネジメントで想定と対策を講じておくことが大切になる。

リスクマネジメントを行う際には、プラスとマイナス両面でリスクを想定しておくことが重要だといえるだろう。

リスクマネジメントの種類4つ

ここからは、リスクマネジメントを行う際の4つの種類について紹介する。「予防策」「軽減策」「移転策」「容認策」の4種類の観点から準備や対策を行っておくことが重要だ。

想定するリスクの種類に応じて対策の比率を変化させ、自社にとってどの対策がリスクを最小化できるのかを検討する必要がある。

予防策

リスクマネジメントで4種類あるうちのひとつに「予防策」がある。リスクやトラブルが「発生しないように予防する」ことが予防策のポイントだ。

マイナスリスクの予防策には「災害対策に社屋の立地を検討する」「倉庫内作業に火のもとの持ち込みを禁止する」などの方法がある

プラスリスクに対する予防策としては「余裕を持った生産スケジュールを組む」「人員確保のための応援体制を整える」などが当てはまる

適切に予防策を講じることで、リスクの発生を抑制・回避することが重要になる。

軽減策

軽減策は、リスクが起きてしまったときの影響を最小限に抑えるための対策を指す。

影響を最小限に抑えるためには、起きたあとのことを想定してマニュアルを作成することが大切になる。

たとえば「防火扉やスプリンクラーの設置」「不具合発生時を想定した訓練」などがある。

プラスリスクを想定した場合「生産レーンを臨時で増やす」「業務委託でマンパワーを確保する」などの方法も取れるだろう。

軽減策を取っておくことで、リスク対応にかかる労力やコストを最小限に抑えることが可能になる。

一方で、軽減策を講じていなければリスクが発生した際の損失やカバーコストも大きくなり、経営に深刻なダメージを与えかねない。

最悪の状況を防ぐために必要になるリスクマネジメントが軽減策だといえるだろう。

移転策

保険や保証をかけておき、リスクを別のところへ移転する方法もある。移転策・転嫁策とも呼ばれるが、リスクをすべて自社で負う必要がなくなるのもメリットのひとつといえる。

たとえば、ネットで炎上した際には炎上対応を行っている業者へ委託するなど、受け流すような仕組みのことを指す。

トラブル対応だけでなく、災害時に備えた保険加入や工場の分散によって生産力を確保するなども移転策として活用できる。

リスクマネジメントによって、リスクが発生した際にできる限り通常通りの営業・生産・サービスの提供を行えるようにすることが重要だ。

容認策

容認策は、ある程度のリスクを受け入れて許容することを指す。

最大限注力すると莫大なコストがかかるため、発生率の低いものや影響の小さいものはある程度許容する必要があるためである

このとき容認すべきリスクの線引きで重要になるのは「致命的なリスクには最大限の対策を講じること」になる。

リスクが発生したときの損失やカバーコストと、リスクマネジメントにかかるコストを比較検討しながら策定していくことが重要だといえる。

リスクマネジメントのプロセス

リスクマネジメントを導入する際、重要になるのはプロセスである。たとえば実際にリスクに直面したときにうまく対応できたか、という分析を行うのもプロセスとして重要な要素になる。

ここからは、リスクマネジメントを行う際の具体的な流れ・プロセスについて見ていこう。

リスクを発見・特定する

まずは、起こりうるリスクに「気づく」ことが重要になる。リスクを見落としていると、想定外のリスクによる損失を被りかねないためである。

起こりうるリスクを発見・特定しリスト化、経営・労務・事故・社会・災害など幅広い分野に備えておく必要がある。

さまざまな部署や部門から意見を抽出することで、多角的な対策が可能になるだろう。

リスクを分析する

リスクのリストアップができたら、次にリスクの分析を行う。容認する範囲を影響の大きさや発生率の高さなどを中心に、検討する必要があるためである。

リスクを分析しておけば、リスク発生後の新たな二次災害などにも気づくことができるだろう。

想定外を減らすことにもつながるため、より優れた予防策をとることも可能になる。

活動を評価する

リスクに対する活動の評価を行うのも重要だ。分析によって判明したリスクの影響度・発生率をグラフなどで可視化し、重要度を判断する作業が必要になるためだ。

たとえば、リスクの重要度は低~中程度のものであっても、同時多発的に発生した場合には対策が必要になることもある。

重要度の高いリスクをひとつ回避することと、中程度のものを複数回避するのでは、影響が同程度になるためといえる。

また、リスクマネジメントを行ったことに対する評価も必要になる。抜け漏れや無駄が無いかを評価し、対策をつねにアップデートしていくことが大切だからである。

リスクが同時に発生した際のことも想定しながら、適切に評価して対策を講じることが重要になる。

改善・適切な対応を行う

リスクやリスクマネジメントを分析・評価したら、適切な対応や対策と改善を行っていく。

経営手法のひとつに「PDCAサイクル」と呼ばれるものがあるが、このサイクルはリスクマネジメントにおいても活用できる

これは、計画(Plan)・実行(Do)・評価(Check)・改善(Action)を繰り返す仕組みで、このサイクルを回してアップデートしていく形である。

リスクマネジメントをうまく行うには、活動の評価と改善が重要になる。

このPDCAサイクルに当てはめて行動していけば、最適なリスクマネジメントを現状に合わせて講じることができるようになるだろう。

PDCAサイクルを活かしたリスクマネジメントを行う際には、Goalous(ゴーラス)の活用がおすすめである。

結果やそれまでの活動、進捗などが可視化できるため評価しやすく、改善策を見つけ出しやすいメリットがある。

また、いつまでに対策を完了する、などの目標設定も可能になるため、進捗状況の確認にも役立つ。

リスクマネジメントを成功させるための一助に、Goalousの導入を検討してみてはいかがだろうか。

まとめ

リスクマネジメントは企業にとって、自社を守りそこで働く従業員を守ることにもつながる重要なものである。

一方で、無駄なコストをかけてしまっていると、圧迫したコストによって収益の低下をまねく恐れもある。

評価と改善を繰り返しながら現状に合わせてアップデートし、最適なリスクマネジメントを行うことが大切だといえるだろう。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

組織マネジメントで企業の成果を上げる!特徴やメリットを解説


組織マネジメントで企業の成果を上げる!特徴やメリットを解説

進捗管理の改善手法とは?目的やポイントをご紹介


進捗管理の改善手法とは?目的やポイントをご紹介

マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介


マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介

Goalous編集部

投稿者: Goalous編集部

人事・広報・PR・営業などなど、異業種メンバーで構成されたGoalous編集部! それぞれの目線で、さまざまなお役立ち情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です