マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介

マネジメントについて何となく理解しているつもりでも、実際に何をすれば良いかわからないと悩むマネージャーも多い。マネジメントは何をする仕事なのだろうか。マネジメントの仕事内容と具体例、必要な能力について解説する。

マネジメントは何をする?その仕事内容

マネージャーは組織の管理に関わる仕事だ。同じマネージャーでもその種類によって仕事内容が少し変わってくるが、ここではマネージャー全般に共通する仕事内容をいくつか挙げたい。

目標を定める

マネージャーは、企業の経営理念などをもとに、管理するチームの目標を定める。設定するのは、短期的目標、中期的目標、長期的目標、そしてそれぞれの目標のプロセスで進捗を測るためのKPI(重要な業績評価の指標)などだ。

さらに、組織の目標をベースにして、部下をどの方向に伸ばしていくか育成目標も設定する。ここで重要なのは、実現可能で組織や部下の力を引き出せそうな目標を設定することだ。

目標を設定したあとは、達成具合の確認、進捗の管理を行い、目標に対する業務の経過を測るようにする。

部下に働きかける

マネージャーはチームを引っ張り、部下が仕事でのパフォーマンスを効果的に発揮できるように働きかける仕事である。部下が実力を伸ばせるように仕事を割り振るほか、部下が意欲的に仕事に取り組めるよう動機づけなどモチベーション管理も担う。組織を効率的に動かすことにおいて、マネージャーの仕事は重要だ。

さらに、マネージャーは部下が仕事で自信をなくして前向きに取り組めなくなることがないように、精神面のサポートも仕事としている。もちろん管理側であるマネージャーは上層部との位置関係も近いので、部下との間に入って間を取り持つ調整役も仕事のひとつといえるだろう。

評価・フィードバックを行う

マネジメントの目的は、成果を上げることだ。そのため、マネージャーは組織が目標を達成できるよう、部下と課題を共有し、フィードバックする立場も担う。

部下へのフィードバックの目的は、査定などの評価についてよく説明し、改善点を伝え、部下がより良い方向に向かって仕事ができるよう導くことにある。

マネジメントは何をすると良い?具体的な事例

おおまかにマネジメントでは何をするか仕事内容に触れてきた。ただし、マネジメントといってもその手法はさまざまである。具体的に何をすれば良いのか、3つの事例からマネージャーの仕事を説明していこう。

世界的なトップテクノロジー企業の事例

世界的なトップテクノロジー企業と知られる某社では、フラットな関係の構築によってイノベーションが生み出せるようマネジメントを行っている。注目したいのは3つのポイントだ。

ひとつは、社員の心理的安全性を重視していること。チームの信頼感のもと、メンバーがリスクのある行動をしようとするときに、ひるむことなくチャレンジできるようマネジメントしている。

ふたつ目は、メンバーからマネージャーへのフィードバックを実施していること。マネジメントの改善につながるほか、部下とマネージャーのフラットな関係構築が期待できる。

そして3つ目は、CEO(最高経営責任者)と従業員の直接的なミーティングが実施されていることだ。経営陣と従業員の結びつきを深めようと、従業員が直接CEOに質問し、CEOが回答するミーティングの時間が設けられている。

某コーヒーチェーン店の事例

社員の動機づけをしっかりできるように、某有名コーヒーチェーン店では、人事面談を社員全員が4ヶ月ごとに受けるようにしている。これにより、組織の目標や重視している価値観が組織全体に浸透するようになり、社員の自主性が引き出される結果となった。

組織に効果的に働きかけ、人材を育成していくという面でマネジメントが成功した例といえる。

某自動車会社の事例

某自動車会社では、リーダーの育成と配置を効果的に行うために、タレントマネジメントと題した人材育成システムを取り入れている。

上司などの設計した育成計画によるジョブローテーション、ビジネスリーダーの選抜など、組織を動かすリーダー育成のためのマネジメントが徹底して行われているのが特徴だ。

マネジメントに必要となる能力

ここまでマネージャーの仕事とマネジメントの例について説明してきた。マネジメントをする上で求められるのはどのような能力なのだろうか。

リーダーシップ

マネジメントで必要なのは、強い意思決定力を持ち、チームを引っ張っていくことのできるリーダーシップだ。メンバーの上に立つマネージャーが適切に判断できる力がないと、部下の不安や不信は積もっていく。チームからの信頼感を得るという点で、リーダーシップは重要だ。

コミュニケーション能力

部下の考えを良く理解して、部下の能力をうまく引き出すためにも、コミュニケーション能力が重視される。日々のコミュニケーションの積み重ねが、部下の理解、部下との信頼関係構築につながるためだ。

部下と効果的なコミュニケーションを取るには、コミュニケーションツールであるGoalous(ゴーラス)が最適である。以下のような数々の機能で、部下とのコミュニケーションによる関係構築に役立つ。

・チャットでのコミュニケーション
 話しやすい気軽なメッセージのやり取りで、コミュニケーションを促す。
・オープンゴール機能
 それぞれの目標がオープンになり、目指すべきものが明確になる。
・評価機能
 部下の目標までのプロセスが確認できるため、実のあるフィードバックを送れる。
・フォトアクション
 写真付きの投稿やシェアで進捗確認に役立つ。コメントも可能。

Goalousなら、充実の機能で、コミュニケーションだけでなく、マネジメントで必要な目標管理やフィードバックにも役立てることができる。ひとりひとりにしっかり向き合うためにも、マネジメントの一環として取り入れてみてはいかがだろう。

まとめ

マネジメントは、組織の活性化、人材育成の面などで重要な役割をもっている。さまざまな企業のマネジメント例があるので、参考にしてみるのも良いだろう。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

マネジメントがうまくいかない!原因と必要なことを知って成功させよう


マネジメントがうまくいかない!原因と必要なことを知って成功させよう

マネージャーの役割とは?種類や必要な能力について徹底解説


マネージャーの役割とは?種類や必要な能力について徹底解説

マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介


マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介

Goalous編集部

投稿者: Goalous編集部

人事・広報・PR・営業などなど、異業種メンバーで構成されたGoalous編集部! それぞれの目線で、さまざまなお役立ち情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です