スムーズに運用できる!人事評価制度の問題点を解決するには

人事評価制度を取り入れたものの、思ったような効果が期待できないということはないだろうか。これは、人事評価制度がうまく機能していないことが大きな原因だ。なぜ、人事評価制度を作っても運用がうまくいかないのか、問題点と解決策をこの記事では解説していく。

人事評価制度を運用するうえでの問題点

人事評価制度を運用していると、さまざまな問題点が表面化することがある。これから取り上げる問題点と比較し、人事評価制度がうまく機能しているか、今一度確認されてはいかがだろう。

社員が評価を気にして仕事をしてしまう

まず挙げられるのが、社員が評価ばかりを気にしてしまうことだ。人事評価制度は、社員の昇給や賞与、あるいは昇給にまで影響するために、人事評価に取り上げられたことばかりに集中する社員が増える恐れがある。

これにより、人事評価に上がらない部分には力が入らず、おざなりになってしまう可能性があるのが大きな問題だ。不適切な人事評価制度は、かえって社員のモチベーションや生産性を下げてしまう。

評価ばかりを重視する社員が増えると、失敗を恐れアクティブな行動やアイディアが減り、社内の活性化に影響があるのも問題だ。

評価者のスキルが十分ではない

人事評価制度は、制度を整備しただけではうまく機能しない。社内の人事評価制度をしっかり理解し、適切に評価できる人材がいてこそしっかり機能するものだ。

だからこそ、評価する者が公正に評価できる力を持っていないと、社内の不満は思うように改善されない

これは、人事評価制度の整備ばかりに目が行き、評価者のサポートができていない会社側にも問題があるといえる。会社の人事評価制度を理解してもらうこと、どのように評価すれば良いのか基準を示すこと、評価の例を示すことなど評価者に対する適切なサポートが必要だ。

評価に手間がかかる

人事評価制度は、導入前の準備に時間がかかるだけでなく、導入後も適切に評価するための面談やフィードバックのための時間が必要で手間がかかる。

人材にもリソースにも余裕がある会社ならうまく回るかもしれないが、通常業務が忙しくあまり余裕のない会社で人事評価制度をうまく回すのは厳しい部分もあるだろう。

しかし、人事評価制度がある以上評価は必要なので、何とかして評価を出さなければならない。これにより、評価が適切に行われず、社員から不満が出てくる可能性があること、評価制度があっても機能していないことが問題点として挙げられる。

人事評価制度による問題点を解決するには

人事評価制度を導入しても、運用がうまくいかず問題が表面化することがあると説明した。こうした問題を解決するのに、会社ではどういったことができるだろう。ここでは、解決策を3つ提示したい。

成果に必要なことを明確にする

ひとつは、社内の人事評価制度がうまく機能するように透明性を高めることだ。評価にあたってどのような成果が必要か、成果はどのような基準で評価されるのか具体的に決める。評価の基準は評価担当者の評価能力や情意に委ねられるものでなく、誰が見ても客観的に評価できる具体性のあるものが望ましい

また、成果を上げることばかりに社員が集中することがないよう、成果を得るためにどういった行動が必要か社員に共有する必要もあるだろう。成果だけでなく、成果に結び付くような行動ができたかを評価に含める方法もある

最終的には、成果とその行動をもとに密にフィードバックを行っていくのが解決策のひとつとなるだろう。

コンサルティング会社に依頼する

人事評価制度は、導入から運用まで手間がかかることを挙げた。前述したように、日々の業務で手一杯のところに人事評価制度を導入しようと思っても、導入が思うように進まなかったり、評価機能がうまく機能しなかったりする。

社内での対応が難しいなら、コンサルティング会社に人事評価制度の構築や運用を依頼するのも方法のひとつだ。

経験はどうか、業界や職種について理解できているかなどでも変わってくるが、コンサルティング会社に依頼すれば専門家の知見で人事評価制度をうまく運用できる可能性も高まるだろう。導入や運用開始のために必要な作業もまとめて依頼でき、社内の負担も抑えられる。

しかし、社内で人事評価制度を構築しない分、それなりの費用がかかる可能性も頭に入れておきたい。

人事評価システムを取り入れる

人事評価システムを取り入れるのも選択肢のひとつだろう。人事評価システムは、人事評価のためのデータを整理し、一覧にしたり、必要なデータを取り出したりするのに便利なシステムだ。

表計算ソフトなど、ほかの方法からの乗り換えなら、人事評価システム導入によって、運用がスムーズになる。人事評価制度の問題点としてよく挙げられる、運用中の手間を軽減し、評価に重点を置ける点で役立つのではないだろうか。これにより、精度の高いフィードバックにも期待できる。

さらに効率の良い社内評価を実現させたいなら、社内SNSのGoalous(ゴーラス)が最適だ。Goalous

目標達成度と、目標プロセスがまとめて閲覧できる評価機能も搭載しているので、人事評価の際に役立つ。Goalousなら根拠のある評価がすぐに確認できるので、評価にかかる時間もぐっと抑えられるはずだ。人事評価の運用も楽になるだろう。

まとめ

人事評価制度の導入や整備は会社にとってプラスになる部分もあるが、うまく機能しない可能性もあるなど問題点も挙げられる。せっかく導入した人事評価制度が効果的なものになるように、導入の仕方や社員への共有、スムーズな運用についても考えていきたい。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

人事評価に不満を持つ社員が出たら要注意!公平な人事評価を行うには


人事評価に不満を持つ社員が出たら要注意!公平な人事評価を行うには

明確な評価基準が社員のモチベーションアップにつながる!


明確な評価基準が社員のモチベーションアップにつながる!

従業員の正しい評価方法と注意点


従業員の正しい評価方法と注意点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です