チームが上手く回らない!チームリーダーの役割とは

会社や組織の中でチームリーダーを任されたが、上手くいっていない。そんな新米チームリーダーは少なくないだろう。チームメンバーが求める、良いチームリーダー像とはどのようなものなのか、ここではチームリーダーの役割について、具体的に確認していこう。

チームリーダーの役割とは?

会社や組織の中では、人間関係の難しさも相まって、チームリーダーの役割を見失うことが多い。しかし、本来はどんな環境下にあっても、チームリーダーの役割や必要とされる要素に変わりはない。

チームリーダーの役割

・チームの目的をメンバー間で共有する

チームリーダーの最大の役割は、チームメンバーがどこへ向かって進むべきなのかを明確に示すことにある。チームが達成すべき目的を設定し、方向性を示してメンバー間で共有する。目標達成のための意見を出し合い、チーム全体で同じ目標に進むことが大切だ。

・メンバー個々を把握する

メンバー個々の仕事観や価値観、キャリアプランなどについて把握することも、リーダーの大切な役割。コミュニケーションを密に行い、それぞれの適正を見極め、メンバーを配置していく必要がある。

・メンバーの模範となる

チームメンバーのモチベーションを上げるためには、チームリーダーが率先して模範となることが求められる。口先だけではなく、行動の伴った業務実行力を示せば、チームメンバーの信頼を得られるだろう。チームリーダーの模範的な言動は、メンバー個々の主体的な行動を促す。

・メンバーを育成

チームリーダーは、メンバー育成を心がけなければならない。メンバー個々のスキル向上のために、日々の業務内容を確認し、適切なアドバイスを行う。他にも研修を受けさせる、業務の難易度を上げていく、などの働きかけも大切だ。

・環境の整備

チームメンバーが働きやすい環境を整えることも、チームリーダーの役割のひとつ。自由に意見を出し合えるようなムードづくりをし、情報共有がスムーズに行えるよう目を配ること。問題があれば、人員配置や決定プロセスなどを立て直さなければならない。

チームリーダーに必要な要素

・判断能力

チームリーダーは常に判断能力を問われる。普段から情報収集に努め、迅速に判断できるようにしておくことが大切だ。

・コミュニケーション能力

個々のメンバーとのやりとり、メンバー間の調整にも良好なコミュニケーションが必要である。コミュニケーション能力は努力で補える部分も大きい。

・責任感

チームリーダーは、チームの責任を取らなければならない。責任感の強さはチームメンバーにも伝わり、良い相乗効果を生む。

・誠実さ

不誠実なリーダーに従うメンバーはいないだろう。チームリーダーには常に誠実さが求められている。何か問題があれば、きちんと説明し納得してもらう姿勢を見せる必要がある。

・寛容性

目的を設定しチームを率いることと同時に、寛容性も必要とされる。多様な意見を聞き入れる、状況の変化を受け入れるなど、柔軟な対応を心がけるべきだ。

チームリーダーの難しさと対策

良いチームリーダーになるのは簡単なことではなく、時にはチーム運営が上手くいかないこともある。そんな時は自分がダメなチームリーダーになっていないか、振り返ってみよう。

ダメなチームリーダーの例

・プレッシャーをかけることが多い

無駄なプレッシャーをかけるのはよくない。さらに、チームリーダー本人の焦りなどによるプレッシャーは、メンバーを萎縮させてしまう。

・忙しいアピールが多い

むやみに忙しさをアピールするリーダーは、時間配分が下手である。ほとんどの場合、チームメンバーへの仕事配分も上手くいかないことが多い。

・責任を取らない

チームに対する責任感が欠けていると、成功した時は自分の功績とし、失敗した時はチームメンバーへ責任転嫁する。

・すべてを背負い込む

有能で真面目なことが多く、厄介なのが仕事を全部抱え込んでしまうリーダー。
チームメンバーに対する信頼感がなく仕事を振らず、問題視されるまでに時間がかかることもある。

・秘密が多い

秘密主義で、必要な情報をチームメンバーと共有しないリーダー。情報をオープンにしないことで、メンバーが誤った判断をしたり、意思決定が遅くなることがある。チームプレーの妨げにつながる。

良いチームリーダーになるためには

・小さな目標でもいいので達成させる

大きな目標を達成する過程上に、いくつかの達成可能な小さな目標を設定する。小さくても達成感を得ることで、チームのモチベーションが上がる。

・達成できた時褒め合う

メンバーが達成出来ると褒め合う文化を作るのはリーダーの義務であると言っても過言ではない。

・コミュニケーションを取る

チームプレーはコミュニケーションなしに成立しない。互いの意見を出し合えるような情報交換の場を、チームリーダーが整える必要がある。

・仲良しグループにならない

グループとは、方向性はバラバラな単なる集まりのこと。仮に仲が良くても、それは一過性のもの。チームリーダーは「グループ」と「チーム」の違いを理解し、目標達成に向かって協力し合うチームをつくる必要がある。

・外部の力も借りる

チームの目標達成をサポートしてくれる外部の力を借りることも大切。逆に、チームの目標達成を阻害する人を排除し適切な対応も行う。

チームリーダーの役割としてやるべきことは見えたのではないだろうか。ただ、自分ですべて行うのは厳しい、と思った方もいると思う。
そんな時はISAOが提供するGoalous(ゴーラス)を試してほしい。

コミュニケーション型目標達成サービスのGoalousは強いチームを作る手助けになるはずだ。

詳しい話は是非セミナーで。
https://peatix.com/group/66244

まとめ

良いチームリーダーの役割や必要な資質を紹介したが、誰もがすぐに完璧なリーダーになれるわけではない。

まずは、良いリーダーシップを意識することから始めてみよう。ダメなチームリーダーの典型に陥らないよう自己チェックを欠かさないことも、良いチームリーダーとなる上では有効だ。

目標管理 無料セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です