在宅勤務が疲れる…原因と対策を知ってやる気をアップさせよう

テレワークを取り入れる企業も増えてきた。なかには、在宅勤務が長期化しているところもあるだろう。悩みとしてよく挙げられるようになったのが、在宅勤務は疲れるということだ。

なぜ在宅勤務で疲れを感じてしまうのだろうか。この記事では、在宅勤務が疲れる原因と対策を解説する。

在宅勤務が疲れる原因とは

通勤時間が削減できて、自宅にいながら仕事ができる。テレワークを取り入れたばかりのころは、プラスの面ばかり感じるかもしれない。しかし、在宅勤務の時間が増えるとオフィス勤務ではなかった在宅勤務特有の問題を感じるようになる。

疲れやすいと感じるのも問題のひとつといえるだろう。なぜ在宅勤務で疲れるのか、主な原因をふたつ取り上げる。

机や椅子が合わない

職場にある椅子は、長時間座って作業しても疲れにくいように設計されていることが多い。しかし、自宅にある椅子のほとんどは長時間作業を前提としていない。

職場の椅子や机に慣れてしまった状態で、仕事用ではない自宅の机やいすを使って作業すると体を痛めてしまう。長時間のデスクワークが続くと、姿勢も悪くなり、背中や腰を痛めて余計疲れてしまうのだ。

オンオフのメリハリがない

職場にいるときのように、オンオフのメリハリがつかないのも在宅勤務で疲れやすい原因だ。

自宅はプライベートな空間でもあるため、家族のことや生活音などが気になって気が散ることもしばしば。周囲の環境によって一度気持ちが途切れてしまうと、仕事に集中できなくなる人も多い。

集中力が切れて仕事がなかなか進まないと、かえって効率を悪くしてしまうだろう。さらに、後回しにしていた仕事を集中できるときにまとめて片づけるせいで疲れると感じるケースもある。

また、どこで区切って仕事を終わらせれば良いか切り替えがうまくいかず、無駄に残業をしてしまうなど、だらだらと仕事を続けてしまいやすいのも問題だ。労働時間が職場にいるときよりも長くなり、疲れを感じてしまう。

在宅勤務で疲れないための対策方法

在宅勤務でも環境を整えればあまり疲れずに仕事をすることができる。在宅勤務で疲れないためにはどうすれば良いか3つの対策を紹介しよう。

仕事ができる環境をつくる

仕事ができる環境につくりかえるのが、在宅勤務で疲れない対策のひとつだ。できれば、机や椅子をデスクワーク用のものに買い替えるのが望ましい。買い替えできない場合は、クッションを利用したり、高さを調整したりすると良いだろう。体への負担を減らすことが可能だ。

背中や腰への負担だけでなく、眼の負担も在宅勤務の疲れの原因になるので、パソコンのディスプレイを明るくしすぎないなど、使用する端末の明るさにも気を配るようにする。

作業環境を大幅に変えなくても少しの変化で体の疲れが改善できるので、できるところから始めてみてはいかがだろう。在宅勤務時の作業環境については、厚生労働省の「自宅等でテレワークを行う際の作業環境整備」が参考になる。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_01603.html

時間や目標をあらかじめ設定しておく

在宅勤務で疲れをコントロールするには、時間を意識してメリハリのある行動を心がけることが大切だ。あらかじめ決めておいた仕事が終わったらその日の仕事は切り上げる、〇〇時までに仕事を終わらせると計画を立てておくと、オンオフを使い分けやすい。

計画的に仕事をすることによって、ダラダラと仕事を続けたり、無駄な残業で疲労をため込んだりすることも防げる。休憩やランチについても、できるだけ職場に勤務するときのようなスタイルで一日のスケジュールに組み込んでおくと良いだろう。

社内のコミュニケーションを活発にする

在宅勤務では、ひとりで黙々と仕事をすることに疲れや寂しさを感じる人も多い。在宅でも職場とそん色ないように仕事を進めるには、コミュニケーションを活発にすることも必要だ。

電話だと相手の仕事を中断させることになってしまい、気軽にやり取りができないので、チャットでのやり取りを増やすのが良いだろう。社内SNSツールの活用でオフィスにいるときのようなガヤガヤ感があれば、孤独も感じにくく、仕事も進めやすくなる。

仕事が円滑に進めば仕事疲れも軽減されるだろう。お互いの進捗状況も把握できるようになるため、残業のしすぎ、特定のメンバーに負担がかかりすぎといったことも防げる。社内コミュニケーションの活発化にはチャットで気軽なコミュニケーションが取れるGoalousが役立つ。

Goalousを取り入れてコミュニケーションを円滑にしよう

在宅勤務は、社内コミュニケーションツールとの相性が良い。コミュニケーション活性化のためには、社内コミュニケーションツールの導入もひとつの手だ。社内SNSのGoalousなら、たとえばこのようなことが可能になる。ぜひ導入を検討されてはいかがだろう。

まとめ

在宅勤務が始まって、疲れを感じている人は多い。疲れの原因は、作業環境が変わったこと、プライベートとの境界が難しいことにある。在宅勤務で社員が疲れないようにするためにも、ツールを活用するなど適切な対策を実施していくことが大切だ。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

テレワークはデメリットだらけ?在宅勤務を効率化するための方法


テレワークはデメリットだらけ?在宅勤務を効率化するための方法

在宅勤務で感じやすい孤独を解消するためにできること


在宅勤務で感じやすい孤独を解消するためにできること

在宅勤務で従来通りの成果は出せるものなのか?成果の判断は?


在宅勤務で従来通りの成果は出せるものなのか?成果の判断は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です