社員のモチベーションを向上させるポイントって?ツールを活用しよう!

会社にとって社員のモチベーション向上は課題のひとつである。どんなに意欲的な社員でも、常に高い状態を維持するのには難しい。
会社やリーダーは、どのようにサポートすればいいのだろうかか。

社員のモチベーションが低い理由

日本は他の先進国に比べると、会社のために働くというモチベーションが低い傾向にある。これは長年の不況による低成長や業績不振などによって、以前ほど昇給や昇進が見込めないためである。
出世したところで、負担が大きくなるだけで、頑張りようがないのも実情だ。

また、評価においてはマイナス面ばかりが強調され、それを解消すべく目先の目標をクリアすることだけを求められる。
会社側に社員の能力が発揮されるまで辛抱強く待てる余裕がないため、社員は長期的な展望を持てず、働きがいも見い出せないというわけである。

モチベーションが低い社員は、会社のために働こうとせず、最低限の業務しか行わない。チームワークにも消極的であり、自ら工夫することもないため、業務の質も低下する懸念がある。

こういったモチベーションの低い社員ばかりになると、本人だけでなく、会社全体の業務効率も大幅に悪くなり、離職率の悪化やそれに伴うイメージダウンにもつながりかねない。この状態は間違いなく会社にとって大きい損失となる。

逆に、モチベーションが向上すれば、社員は会社のために高い能力を発揮するようになるだろう。
正当な評価を得られれば、満足度が高まり「もっと頑張ろう!」という気持ちも向上する。それは本人だけでなく他の社員にも良い影響を与える。

会社としても業績の向上を期待できるだけでなく、社員が長期にわたって定着するため、ノウハウを蓄積できるメリットがある。
そう考えると社員のモチベーションが低下しているなら、すぐにでも向上させる必要があるといえる。

社員のモチベーションを向上させるには

かつて、社員のモチベーションを向上させるには、飴と鞭でコントロールするのが主流であったが、現在は以前のように不安や恐怖を与える手法は通用しない。
報酬で釣るのは会社の負担が大きい上に、思ったほど効果を得られない。

最近では社員の成長に重点を置き、自己実現をサポートしてモチベーションを向上させる取り組みが増えている。
たとえば教育や研修を行うのはもちろん、社員が自主的に学ぶ点も評価の対象とする取り組みだ。

ある会社の事例として、社員はあらかじめ目指すべきゴール(目標)を明らかにし、必要であれば自ら希望する部署への異動を申告できる。それは、上司や同僚、部下にも共有される。
その他にも、メンター制度や、業務以外でのコミュニケーションやキャリアカウンセラーによる相談窓口などを設けている会社もある。

評価も社員が納得できるよう公正に行われ、給与以外に表彰制度やミーティングでのフィードバックなど、成果を実感できる機会が数多くあれば、社員はモチベーションを維持させながら働くことができる。

このように社員の成長に目的の主軸を置いた施策によって、モチベーションが長期的に向上すれば、会社全体の成長にもつながっていく。

ツールの活用で社員のモチベーションを向上できる?

社員のモチベーションを向上させるには、リーダー、マネージャーや経営者、人事担当者それぞれに役割がある。
たとえばリーダーは、部下が働きやすいように環境を整えなければいけない。それは1人だけでなく、すべてのメンバーに対してであり、もちろん、会社の方針と社員の目標を結びつける役割も担う。

経営者は社員のモチベーション向上を掲げ、その上で会社のために何をして欲しいか、社員が納得できるように説明する必要であり、人事担当者にはリーダーや経営者との連携を図り、人材配置や評価を適切に反映させる役割がある。

しかしながら、これらの役割をすべての社員や部下に対して行うのは時間がかかり、負担も大きくなる。
特にリーダーは社員のモチベーションを向上させる以外の業務も多いため、最近では社員のモチベーション向上をサポートするツールが増えている。社員の成果や目標の達成度が視覚的に分かり、評価も簡単にできる仕組みだ。

Goalous(ゴーラス)」は、チーム内でメンバーのモチベーションを向上できるツールである。
メンバーは自分であらかじめゴール(目標)を設定でき、どんな目標をもって何をすればいいか?を自主的に考えられるようになる。

メンバーのアクション(行動)は写真とともに投稿でき、他のメンバーとも共有される。「いいね!」やコメントがリアルタイムで反映されるので、モチベーションを向上させる原動力となる。
リーダーは、これらの投稿でメンバーがどんな目標をもって日々どんな活動をしているのか、簡単に確認することができるので、チームへの貢献度の確認することができて、適切な評価がよりしやすくなる。

他にも、お互いに同じゴールをもっていればコラボできる機能もある。
モチベーションを向上させつつ、チームのゴールに近づく機能を満載しているため、チームだけでなく会社全体で活用することも可能である。
気になる方は、Goalousチームが開催している無料セミナーへの参加をおすすめする。

まとめ

社員のモチベーションは、会社の業務効率や業績、イメージに大きく影響するため、常に向上させる必要がある。最近では社員の成長と自己実現を第一に、モチベーションを向上させるのが主流でそのためのツールも増えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です