さまざまなメリットをもたらす!風通しの良い職場づくり

就職活動や転職活動をする中で、「風通しの良い職場」というフレーズを、少なくとも一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。

このような会社は、働きやすそう、パワハラなどトラブルが少なそうなど、良いイメージをもたれることが多い。

しかし、「風通しが良い」というのは漠然としていて定義も曖昧である。具体的にどのような条件が揃っていると「風通しが良い」ことになるのか、探っていこう。

風通しの良い職場づくりはなぜ必要か

「風通しの良い職場」とは、いったいどのような職場のことを指すのだろうか。ここでは、風通しを良くすることで企業や働く人にとってどのようなメリットが生まれるのかについて説明しよう。

風通しの良い職場とは

風通しが良い職場と聞いてまず思い浮かぶのは、自分の意見が言えることだろう。上司が怖くて自分の意見が言えない、意見を言っても通ることがない職場は、風通しが良いとはいえない。

社内で意見を言い、議論できる場が設けられており、改善点を述べたときにその意見をきちんと聞いてもらえる環境にある会社は、風通しが良いといえる。

人間関係が良好であることが、風通しの良い職場であるかの判断基準の一つとなる。高圧的な上司や先輩に対しては、なかなか相談することはできない。

先輩後輩のコミュニケーションが盛んで些細なことでも相談でき、チームや課の境界に関係なく、わからないことが聞ける職場は風通しの良い職場といえるだろう。

そのためには、上司とのコミュニケーションが取りやすいかどうかも大きな要素となる。上司とのコミュニケーションがスムーズに取れると業務におけるプロジェクトも前進しやすいだけではなく、ときにはプライベートにおけることも相談ができる。

そこからさらに信頼関係が生まれていくと、職場の雰囲気も明るく変化していくだろう。

また、風通しの良い職場とは他人の立場になって考えることができる職場でもある。相手が何を望んでいるのか、周りの人のために何ができるかを考えるなど、他人への配慮があるとスムーズに仕事ができるだけではなく、雰囲気も良くなる。

風通しの良い職場のメリット

風通しの良い職場は、周りに相談できる人がいるかつコミュニケーションが盛んなことから、自分一人で不安を抱えることがない。

わからないことや悩みを気軽に相談できる人がいることで、仕事のパフォーマンスがあがりやる気がでることで離職率が下がるというメリットがある。

コミュニケーションがうまく取れず、ひとりで悩み事を抱え込んでいては、仕事は一向に進められない。しかし、気軽に質問が行える環境があることで、問題を早く解決することができるだろう。

そのことにより、仕事への向上心も芽生えていく。そして、風通しの良い職場は仕事の流れも良くなっていくと考えられる。

風通しの良い職場を作るなら

風通しの良い職場を作るには、ただ単に社員が意識すればよいのではなく、いくつかのポイントを押さえる必要がある。

風通しの良い職場を作るためにやるべきこと

職場を明るい雰囲気にして、社員同士を良い感情で交流させるためには、安心感を作り出すことが重要である。

安心感はすべての意見が平等に扱われること、コミュニケーションを取るルーツがあること、リラックスした空間で互いを知ることで作られる。

安心感が生まれると、さまざまな情報を提供しやすい環境ができる。そこで管理職が他の社員に情報の発信を促し、気軽に情報共有が行える場を作ることで、風通しの良い職場づくりへとつながっていくのだ。

しかし、これらの情報発信は緊張している場面では行われにくいため、リラックスできる場所を設けることも重要である。

例えば、普段使っていない空きスペースを利用して、気軽にコミュニケーションが取ることができるマグネットスペースを設けるのも一つである。

リラックスしてさまざまな情報に触れる工夫をすることで、ひとりひとりの情報だけではなく感情も共有できるようになる。

仕組みを取り入れる

風通しの良い職場づくりをするためには、社員がどのようなことを考えているのか、現状をどのように変えればもっと良くなるか、などについてアンケートを取ることが有効だ。

アンケートは社員全員の意見を知ることができるだけではなく、平等に意見を聞くことができる。

風通しの良い職場にするために、研修や会議を実施するのも良いだろう。内容はコミュニケーションに関係のある議題であれば何でもかまわない。

研修メンバーはベテランから若手まで、バランス良く選出するのがポイントである。研修や会議には必ずグループやペアでの討論を実施するようにしよう。

このとき重要になるのが、上司・部下を分けずに組むことだ。研修や会議で仲間意識が生まれることで研修後も話しやすい雰囲気を維持することができる。

また、親睦会を開催することも有効だろう。日頃あまり接することのない人と話す機会にもなり、管理職と従業員が直接コミュニケーションを取れるためである。

職場を離れることでリラックスして話すことができ、より信頼感や安心感を作ることもできるのだ。

対面で直接話すだけではなく、チャットなどのツールを使うのも良いだろう。一対一のコミュニケーションはもちろん、大人数での会議までさまざまな用途に使うことができる

社員同士の円滑なコミュニケーションが図れるだけでなく、ノウハウや情報の共有を効率よく行うことができるのだ

社内コミュニケーションのためには是非コミュニケーション型目標達成サービス
「Goalous(ゴーラス)」を導入してほしい。是非詳しい話はセミナーで。

お申し込みはこちらから↓
https://peatix.com/group/66244

まとめ

風通しの良い職場環境を作ることで、社内全体でのコミュニケーションが盛んになり、明るい雰囲気を作り出すことができる。

社員一人ひとりがリラックスして働くことができると、社員の会社への定着率も上がり、キャリアアップができて達成感も得るという良いスパイラルが生まれるのだ。

風通しの良い職場を整え、社員全員が気持ちよく働くことができる環境を目指していこう。

目標管理セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です