OKRの運用は難しい?運用のポイントをご紹介

OKRの導入は、googleやFacebook、日本企業ではメルカリなどが導入している手法として、注目されている。

しかし何も考慮せずに導入した場合、継続的な運用が逆に業務量の増加を招くおそれがあるのだ。

ここでは、効果的な目標設定や成果指標の定め方、運用において負担の大きい定期的なフィードバックの重要性、さらに負担軽減に役立つツールについて紹介する。

OKRの導入は難しいのか?

導入を検討している場合や、運用がうまくできていない場合は、まず問題点にスポットをあてる必要があるだろう。

まずはOKRが機能しない原因を知ろう

OKRの導入に伴い、特に重要になるのは目標設定と高頻度のフィードバック、目標のブラッシュアップにある。

例えば、目標設定は達成率6~7割程度が望ましいとされており、100%達成できてしまうものは逆効果といえる。

これは、個人の能力を最大限に引き上げるためには、やる気・モチベーションの最大化を図るというOKRの趣旨に通じているからだ。

また、それぞれの目標達成へのプロセスとなる成果指標の設定やフィードバックも必要となる。成果指標は、目標達成のために具体的にどのような行動が必要になるかを、明確化したもので、目標を高く設定していても、成果指標があいまいではOKRが機能しなくなる要因となってしまう。

フィードバックは、特に直属の上司やプロジェクトのグループリーダーなどが、高頻度(週1~少なくとも月1)で行い、成果指標や目標の見直し・再設定を都度行うことが、大切とされている。

OKRの難しさは?

OKRの難しさは、適切な目標設定や継続的な運用、管理にある。

目標設定を誤ると、単純に現状維持や継続を意味するものになりかねない。

モチベーションを高くするための目標設定が難しい場合は、「最高の○○をする」の○○に自社に適した文言を入れ、成果指標の設定を行う方法がある。

OKRの運用において大切な、フィードバック管理の継続も難しい要素の1つである。

特にプロジェクトリーダーや管理者側の場合、部下へのフィードバック1on1だけでなく、自分の目標コントロールを、さらに上の管理者から受ける必要になるからだ。

これらを高頻度かつ、継続して運用し続けるのは、業務量が相対的に増えることに繋がるため、管理方法について明確化・単純化するなどの工夫が必要になるだろう。

OKRを上手く活用する方法は?

OKRを上手く活用するには、上手く活用できている企業のやり方を、参考にするのも1つの方法である。
また、効率化を図るためにサポートツールを取り入れ、活用することも積極的に検討したい。

ツールや本を参考にする

ここでは、具体的なOKR活用に役立つ本、ツールについて紹介する。

■本

・最短最速で目標を達成するOKRマネジメント入門

入門書として最適な書籍で、OKRとは何か、という根本から学ぶ上で役立つ。

・本気でゴールを達成したい人とチームのための OKR

OKRの導入・運用を個人目標としてだけでなく、組織運用についても述べられている。

・シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

前半に物語、後半にノウハウが記載されており、実践例も学べる書籍。

・メジャー・ホワット・マターズ: 伝說のベンチャー投資家がGoogleに教えた成功手法OKR

Googleなどの大手企業を成功に導いた、ジョン・ドーア氏による解説書。

■ツール

Goalous
弊社開発ツールで、情報の社内共有はもちろん、プロジェクトや部署などコミュニティごとの情報共有の場も作成可能。

メッセージだけでなく、ファイルや写真のシェアも行える。15日間の無料トライアルが可能で、所属部署以外の人とコミュニケーションを取ることもできるため、目標達成のためのモチベーションアップにも役に立つであろう。

組織と個人の目標を明確にする

OKRの運用では、ツールを効果的に使用するだけでなく、組織と個人の目標設定の方向性を明確にする必要がある。

まず会社全体での目標を指針として提示し、部署ごとの目標、プロジェクトごとの目標、個人、という形で着地させていく。 Goalousの場合は、このように会社全体の目標を階層化させるわけではなく、部署ごとやプロジェクトごと、個人がそれぞれ目標を持つことを推奨している。結果的にそれぞれの目標が会社の目標につながっている、という逆のイメージだ。

また、OKRを運用するうえで1on1のフィードバックとは別に、Winセッションとしてグループミーティングを行い、別グループの良い点をポジティブに褒め合うことでモチベーションを上げる方法もある。

OKRのツールを導入する際のポイント

OKRのツールを導入する上で、自社のスタイルにマッチしているものか、どのように活用したいと考えているかという点から選択することが重要である。

目標を見える化する

目標を見える化する、というのは、文面ではなく表や図、色分けなどで「可視化」することをいう。
個人やプロジェクトごとの達成状況を可視化することで、進捗割合から成果指標の見直しや目標の再設定を行うことができる。

結果的に個人として目標に向かうのではなく、グループ、部署、会社全体がチームとして目標達成に向かう形が目に見えるため、社内全体の結束力アップに繋がるといえるだろう。

定期的にフィードバックを行う

定期的なフィードバックはOKRの運用において重要なポイントである。
明確な目標設定ができている場合でも、達成状況に応じて見直す必要があるからだ。

例えば、設定期間内に目標を100%達成できた場合は、新たに高い目標に切り替えることでさらなる成果に繋がるだろう。ここで見直しを行わなければ、達成感で失速を招いてしまうことが懸念される。

また、目標達成に向けてどの程度成長できたのか、プロセスやアプローチ方法に着眼した評価を行うことも重要だ。

OKRのポイントは結果の重視ではなく、チームとして最大限のモチベーションを維持することにある。このモチベーションさえ維持できていれば、結果はおのずと付随してくるものとして考えられるからだ。この評価を行うのもGoalousであれば目標設定やプロセス、達成状況まで可視化されており、評定面談の時短や効率化にも役立つのでぜひ検討いただきたい。

まとめ

OKRの効果的な運用には、運用管理者の負担軽減は欠かせない要素だろう。

また、社内共有ができていれば、会社全体の方向性を働く個人が理解した上で、目標を定めることができる。

悩みを可視化し、コミュニケーションの活性化に役立つためにも、OKRの導入と同時にGoalousといったツールを役立ててみてはどうだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です