社内のコミュニケーションを活性化させる方法とは

多くの業界・業種でIT化や機械化が進んだとはいえ、業務の中核を担うのは「人」だ。企業活動が人と人との協働により成り立っていることを考えると「社員同士のコミュニケーションをいかに活発にするか」を検討する価値は大きい。

そこで、今回は、社員同士に相互的なやり取りが乏しい実感がある会社に向けて、社内コミュニケーションを盛り上げる具体的な方法を紹介する。

社内コミュニケーションの重要性とは?

多くの職場でコミュニケーションが重視されていることには、どのような理由があるのだろうか。以下では、重要である理由や、獲得できるメリットを紹介する。

社内コミュニケーションの重要性

盛んなコミュニケーションが実現することで、次のような効果が期待できる。

・企業の理念やビジョンを共有される

・社員同士が情報やノウハウ、スキルを共有し合う

・社員同士の人間関係の強化

その結果、社員一人ひとりが担当業務の方向性や目標達成までのプロセスを明確に理解し、業務の効率的な遂行が達成される。

また、社内の人間関係が円満になるため、円滑でスムーズな仕事ができるようにもなるのだ。

社内コミュニケーションが活性化するとどうなるのか

以下のようなメリットがもたらされる。

・業務の生産性が上がる

社員同士で情報を共有することや、お互いに相談し合うことが活発になる。その結果、個々の社員が仕事をスピーディにこなせるようになり、企業全体として生産性が上がるのである。

・顧客や社員の満足度が上がる

必要な情報の容易な獲得や困ったときに即座に相談できる環境は、社員の働きやすさに直結する。そのため、業務の効率的に行われ、良い提案が生まれやすくなることで、顧客の満足度も上昇する。

・離職率が下がる

離職の大きな原因を占めているのが人間関係である。コミュニケーションは人間関係を豊にするため、離職率が低くなることが期待できる。

なぜ社内コミュニケーションが上手くいかないのか

ここでは、コミュニケーション不足によって生じる弊害や、その原因について解説する。

社内コミュニケーションが上手くいかない原因

・社員同士がお互いに理解不足である

同じ部署内であれば、コミュニケーションは比較的取りやすいものだ。しかし、他部署となると、相手のことを良く知らないために遠慮がちになってしまう。活発な意見がいつも飛び交う職場にするためには、社員がお互いを理解していることが大切である。

・会社のビジョンや仕事の目的が社内で共有されていない

各人があちらこちらの方向に向かって作業を進めるため、意思統一に多くの手間と時間が割かれることになる。すると、社員同士のやり取りが煩雑になるため、コミュニケーションのハードルが一気に上がってしまうことになる。

・連絡が取りにくい

お客様対応が立て込んでいる場合や、外出している場合は連絡がつきにくくなってしまうだろう。タイムリーな連絡のやり取りには、お互いの都合を合わせなければならない。多忙な社員にとっては、連絡一つ取ることさえ難しいのである。

社内コミュニケーションが不足するとどうなるのか

社内コミュニケーションを活発にすることは容易ではない。しかし、もし不足してしまうと、さまざまな不都合が生じる。

たとえば、部署間で連携が取れなくなることは典型的なコミュニケーション不足の弊害である。部署間の連携が悪いと、仕事の効率が低下するため、早急な改善が必要だ。

また、コミュニケーション不足は社員同士の人間関係を破壊する。社員は相手が何を考えているのかわからないままに仕事を行うため、連携が上手くいかず問題が多発することに。やがて職場の空気は悪くなり、最悪の場合、トラブルが原因で休職者や退職者を出してしまうことにも。

社内コミュニケーションを活性化させるためには

以下では、多くの企業で採用されている「盛んなコミュニケーションや風通しの良さ」を作る方法を紹介する。

社内コミュニケーションを活性化させる方法

社内コミュニケーション活性化の手法は、昔から多くの企業で導入されてきた。たとえば、次のようなものが代表的だ。

・社内報

古典的な手法だが、経営陣の考え方や向いている方向性を社員に伝える上では効果的である。大勢の社員に一度に伝えられるため、情報共有に優れている。

・レクリエーション

バーベキューや社員旅行などのレクリエーション企画は、社員同士の人間関係を良好にすることに効果を発揮する。相手のプライベートな一面も垣間見ることができるため、お互いに親近感が湧きやすいためだ。

・社内SNSを利用する

同じ業務を行うメンバーがSNSを利用することで、時と場所を選ばず情報共有や報連相が漏れなくスピーディに行える。

SNSは非常に効果的な社内コミュニケーションの方法だが、社員が積極的に参加しないと意味がない。そこで、アクティブ率が高まる機能を備えた社内SNSの導入が効果的だ。

Goalous」もそのような社内SNSの一つ。ゴールや目標達成のためのアクションが共有されることを目的としたSNSであるため「誰が」「何のために」「どのような仕事を行っているのか」といった情報をメンバーで分かち合うことができる。

そのため、チーム全体で一つの目標達成に向かって、同じ方向を向いて業務に当たることができるようになり、一人ひとりのコミットが高まるのだ。

活発な社内コミュニケーション確立のための具体的なメソッドは、当社のセミナーでも紹介している。社内SNSの導入を検討している企業担当者様はGoalous無料セミナーへぜひ参加していただきたい。

まとめ

社内コミュニケーションが活性化されると、低い生産性や高い離職率、社内の空気が重いことなど、多くの企業が抱える課題・トラブルを解決できる可能性が高まる。

具体的な方法としては、昔から社内報やレクリエーションなどさまざまな手法が編み出されてきた。昨今は、社内SNSというコミュニケーション活性の特効薬まで開発されている。

社内の情報共有や人間関係に不安を抱える企業こそ、社内のコミュニケーションを盛んにし、風通しを良くしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です