成長速度が加速する!マインドセットとは

社員一人ひとりの能力を活かして、生産性を上げていく。これは企業にとって重要なことだが、なかなか実現するのは難しい部分もある。それならば、マインドセットという考え方を活用してみてはいかがだろう。この記事では、マインドセットの概要とマインドセットを活用した社員の育成について紹介する。

マインドセットとは「固定化された思考パターン」を意味する

マインドセットとは何か、重視される理由もあわせて解説する。

マインドセットの定義

マインドセットとは、固定化された考え方や思考パターンを指す。マインドセットに影響を与えるのは、性格や教育、経験、先入観などあらゆる環境やできごとだ。

社会の暗黙のルール、パラダイム(思い込み)など、個人が無意識に考え、行動していることもマインドセットに影響を与える。日本のビジネスシーンでよく見られるマインドセットとしては、直接断るのは失礼だから曖昧な返事で返すといったことが挙げられるだろう。

このように個人にマインドセットが存在するように、組織にもマインドセットは存在する。企業のマインドセットとは「組織文化」のことだ。企業の歴史やビジョン、経営理念、扱う商品やサービスなどが、企業のマインドセットを形成している。

マインドセットが重要視される理由

固定化された思考パターンと表現されるマインドセットはなぜ注目されるのか。理由は、マインドセットは周囲に拡散していくからだ。上司が会社にとってポジティブなマインドセットを持っていれば、社内全体を良いマインドセットに変えていくことができる。

これにより、社員一人ひとりの能力、意欲を引き出せるため、生産性の向上も期待できるであろう。また、企業の組織文化でもあるマインドセットが社員に行き渡っていれば、あらゆる仕事に直面しても冷静に取捨選択ができるベースになる。

マインドセットには2種類の型がある

マインドセットは考え方で分けると2種類ある。「成長型マインドセット」と「固定型マインドセット」だ。

成長型マインドセット

成長型マインドセットとは、努力次第で自分の能力は成長させることができるという考え方だ。努力すれば目の前の壁も乗り越えていけるという思考なので、成長型マインドセットを磨けば学習に意欲的になり、積極性も増す。

固定型マインドセット

固定型マインドセットは、成長型マインドセットとはまったく正反対の考え方だ。人の能力はもともと固定的なものであり、努力をしても変わらないという見方である。

固定型マインドセットの傾向が強いと、自分の能力以上のことはできないと考えるので、失敗を避ける行動をとったり、ものごとに対して消極的になったりしてしまう。

成長型マインドセットを身につける方法

成長型マインドセットと固定型マインドセットのふたつあることを説明したが、どちらかひとつしか持ち合わせていないという人は少ない。ほとんどの人は、成長型マインドセットも固定型マインドセットも持ち合わせている。

これを仕事でのマインドセットと考えると、固定型マインドセットよりも成長型マインドセットの方がプラスになるのはいうまでもないだろう。社員教育の観点からすると、社員の成長型マインドセットをいかにして引き出すかが重要だ。

成長型マインドセットを磨くにはどうするべきか手順を紹介する。

目標やビジョンを言語化する

企業にとって、目標やビジョンを示すことは、方向性を示すうえで重要だ。しかし、社員に定着してない企業も多い。

そこで実施したいのが、目標やビジョンを言語化して明確にすることだ。言語化した目標やビジョンは、書き記してインプットしてもらう。

こうして会社の目標やビジョンをしっかり頭に入れてもらったうえで、どうすれば目標に近づけるか社員自身で考えてもらうようにする。思考するのは、スキル、行動、意識の3点だ。これを、マインドマップなどを通して書き出してもらう。

実際に行動に移す

目標に近づくための行動などをあらかた書き出したら、次は実際に行動に移すように促す。やることを決めたならすぐに実行すること、実行したことは継続させることが重要だ。

さらに、毎日その日に行ったことを記録しておけば、PDCAを回すのに役立つであろう。

フィードバックをする

はじめに言語化したマインドセットに対してある程度行動を重ねたら、フィードバックを実施する。行動を評価すると、設定したマインドセットに沿っていない部分も出てくるだろう。こうしたマインドセットに沿っていない部分を分析することが重要だ。

設定したマインドセットに反した部分には阻害された要因がある。たとえば、社員の固定型マインドセットが働いた結果が、不十分な行動を生み出したのかもしれない。フィードバックは個々の考え方の癖を見つけ、成長型マインドセットに修正していくことに役立つ

社内SNSのGoalousなら、企業のビジョンや目的意識を共有することが可能だ。フォトアクションを使うことで部下の仕事のプロセスを一目で把握できるうえ、評価機能で正確なフィードバックもできるようになる。部下の成長型マインドセットを養うのにも役立つツールなので、ぜひ導入を検討していただきたい。

まとめ

マインドセットは誰しもが持っているものだ。ビジネスにおいては、いかにして企業の意図するマインドセットに社員を近づけるかが重要となるだろう。ツールを活用しながら社員の成長型マインドセット育成に力を入れていきたいものだ。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

今の時代は社内コミュニケーションが必須!活性化のために役立つツールって?


今の時代は社内コミュニケーションが必須!活性化のために役立つツールって?

目的意識がない社員に目的意識を持たす方法とその重要性とは


目的意識がない社員に目的意識を持たす方法とその重要性とは

コンピテンシーモデルとは?作成方法と活用例をご紹介


コンピテンシーモデルとは?作成方法と活用例をご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です