【メンバーの退職を防ぐ】社内コミュニケーションの取り方

部下が次々と辞めてしまうことに不安を覚える人は少なくない。問題は、部下が辞めることが上司にも影響するのかということだ。ここでは、部下の退職と上司の評価の関連性、メンバーの退職を防ぐために管理職ができることについて説明する。

部下が辞めたとき、上司の評価にも影響が出てしまう

結論からいうと、部下が辞めれば上司の評価にも影響がある。問題は、なぜ上司の責任になるのかということだろう。主にふたつの理由が考えられる。

マネジメント能力に問題があると見られてしまう

キャリアアップやライフステージの変化など、さまざまな理由から転職する人が増えている。そのため、部署でひとり退職者が出たからといって、すぐさま上司の責任になる訳ではない。しかし、退職者が次々に出てくると上司の管理能力が疑われる。

管理職という立場は、自分自身の仕事だけでなく、部下の配置やケア、フォローアップなども仕事のひとつと考えられるためだ。

そのため、部下が次々と辞めてしまっては、会社の上層部から、部下の能力を把握できていたのか、部下への関心は行き届いていたのか、職場の雰囲気に問題はなかったのか疑われることになる。

実際に何かしらの問題がある場合は、ほかの部下から向けられる目も変わってくるだろう。待遇への直接的な影響はそこまでなくても、社内での立場という面では影響が表面化する可能性が考えられる。

会社に不利益をもたらしてしまう

部下が辞めると、会社にとって財産である人材が欠けてしまうことになる。つまり、間接的に会社にとって不利益をもたらすということだ。

人が辞めたらまず、人員を確保するために採用することになるが、採用にも人事部の活動費や広告宣伝費、場所確保の費用や交通費など、さまざまな採用コストがかかる。さらに、人が辞めるということは、これまでその人材にかけていたコストがすべて無になってしまうということだ。

また、新たに採用しても仕事を覚えるまでに時間がかかるため、その間の仕事の負担を誰がするかも考えなくてはならない。そうなると、残った社員で仕事を分担するか、あるいは他部署から応援を呼ぶかになる。

しかし、どちらにしても不満は避けられない。残った社員で分担しても、ひとりあたりの仕事量が増え、仕事時間が長くなる可能性などが考えられるためである。また、他部署から人員を確保したとしても、引継ぎの問題などですぐに期待する仕事ができるとも限らない。

人がひとり辞めるということは、それだけ会社に影響をもたらすことが言える。さらに、人が辞めると、その人を含めて計画していた仕事、目標達成も難しくなり、結果的に上司の評価も下がってしまう。

部下の退職を防ぐために上司ができることは

部下の辞職すべてが上司の責任になる訳ではないが、やはり次々と退職者が出るようでは問題だ。上司の評価にも影響がある。それでは、メンバーの退職を防ぐために上司ができることは何だろう。すぐにでも取り組みたいのが、部下とのコミュニケーションを図ることだ。

部下とのコミュニケーションを密にとる

部下が辞める理由はさまざまだが、会社の環境が一因になっていることも多い。上司に正当に評価されない、意見を聞いてもらえないなど、上司がらみの不満も離職の原因のひとつになっている。

上司としては故意に部下との関係を悪化させた覚えはなくても、コミュニケーションの不足から部下にとって好ましくない環境になっている可能性もあるのだ。なかには、部下からいきなり退職の話を持ち出されて、寝耳に水だったということもあるのではないだろうか。

方法としては、部下と上司の一対一の面接を実施する方法は効果的だが、面接の内容もしっかりと整理しておきたい。部下の仕事の状況を聞くだけで、部下メインの面談になっていないと、根本的な不満は解消されないため。

仕事に不満があっても相談できない環境だと部下の不満は募る一方となる。一対一の面談を実施するなら、部下の相談や問題に重点を置き、部下から話を聞くことを重視したい。合わせて、常日頃から誰でも意見を出せるような環境、相談しやすい環境を整備しておくことも重要だろう。

また、部下の成果に対してしっかり評価をすることもコミュニケーションのポイントだ。常に部下の状態に目を配ってコミュニケーションを密に取る、ということが部下の離職を避ける対策のひとつになる。

社員全体で目標を共有する

上司とのコミュニケーションも重要だが、職場の人間関係は横のつながりもある。社員が孤独を感じ、マンネリ感を抱かないためには、縦横含めた、社内の円滑なコミュニケーションにも気を配りたい。

そのために意識したいのが、社内、あるいはチーム全体で目標を共有することだ。個人の目標を全体に共有することで、組織の一員として動いている実感が生まれ、さらには社内の一体感にもつながる。ほかの人も見ているという意識から、目標に対するモチベーションも高まるだろう。

これによって、ほかの人の目標を応援する人、サポートする人も現れ、社内のコミュニケーション活性化も期待できる。

Goalousは、目標に対するアクションを共有できる社内SNSだ。社内のコミュニケーションの場、目標共有の場として活用を検討されてはいかがだろうか。

まとめ

部下が次々と辞める部署やチームでは、上司の評価も下がってしまう。部下が辞める大きな原因にコミュニケーション不足があるので、まずは上司と部下のコミュニケーションを密に取って部下の状況をしっかり把握することが大切。情報や目標が共有できる社内SNSツールは、社内コミュニケーションの力強い味方になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です