社内コミュニケーションを活性化させる施策は?

社内のコミュニケーションを活性化させ関係性を良好に保つことにより、社員はモチベーションを上げることができ、生産性の向上が期待できる。うまくいけば企業はブランドイメージを上げ、高い顧客満足度を得ることができる。

では、コミュニケーションを活性化させるためにはどのような施策があるのだろうか。全体的なコミュニケーションを活発化させるためには、レクリエーションや社内SNSが効果的である。

また、横の関係性を良好にするためには、社内公募制度や社内研修。縦のコミュニケーションを円滑にするためには、従業員満足度調査やメンター制度など効果が期待できる施策がある。それぞれのメリットと、導入におけるポイントを紹介する。

活性化のメリットとおすすめの施策

コミュニケーションが円滑に進むと、どのようなメリットがあるのだろうか。また、そのためにはどのような施策を打つと効果的なのだろうか。以下で、詳しくみていこう。

企業の利益につながる

コミュニケーションを活性化させることで得られるメリットのひとつは、個人間や部署間の垣根を越え、「横」の繋がりをもって業務にあたることができるようになることだ。チーム全体、もしくは部署同士が連携することで個人の業務の拡張にも繋がる。

また、上司や役員との「縦」のコミュニケーションをしっかり取ることによって、企業内全体で会社のビジョンを共有することができるようになる。

ビジョンを共有すると、自分の業務が何のために必要とされているか、自分は社内でどのように成長していきたいか、といったモチベーションや目標設定に繋がる。さらには、全体的な生産性の向上に繋がることが期待できる。

コミュニケーションの重要性を意識して取り組むことで得られることは、社員の意識向上だけではない。社内の人間関係が円滑な場合、働きやすい会社として世間から認知され社員の定着率が上がり企業イメージがよくなり、顧客満足度の向上にも繋がるといわれている。

問題に合った施策を実施しよう

企業が会社全体のコミュニケーションを活性化するためにとり入れられることとして、社内SNSやレクリエーション、社内報といった方法があげられる。

SNSとは、近年導入が進んでいる情報共有ツールのひとつである。個人間や部署間でそれぞれがどのような業務に取り組み、どのような役割を果たしているのかということが見えやすくなる効果がある。

拠点が異なる場合でも、SNSであれば情報が届くためコミュニケーションのハードルは低くなると考えられる。

その他にも、レクリエーションとしてスポーツ大会などのイベントを開催したり、社内の出来事をまとめた社内報を発行するなど、各部署の様子を共有しながら関係性を育むことができる。

部下と上司、先輩社員と新入社員などの縦のコミュニケーションを円滑にするためには、メンター制度が有効であるといわれている。

業務上直接関わることのない先輩社員が新入社員の「メンター(指導者)」としてつくことで、将来へのビジョンや社会人としての能力の向上に関するサポート体制を整えることができる。

また、従業員に対して業務や労働環境等に関するアンケートを取り、それを数値化することで従業員満足度の向上を図る、という方法も効果的であるといわれている。現状を把握し改善点を洗い出すために有効活用することができる。

同僚同士や部署間でのコミュニケーションを取りやすくするためには、社内研修が有効であるといわれている。新入社員研修だけではなく、経年や階級、職種など、それぞれに見合った研修を行うことで一体感が生まれ、横の関係性を強くすることが期待される。

その他にも、社内で希望の部署への能動的な異動を叶える社内公募制度も、横のコミュニケーションを円滑にする効果があるといわれている。社員が自発的に行動することで、部署内の空気が入れ替わるため、その関係性がよくなる可能性が高い。

施策を成功させるためのポイント

組織において新しい行動を起こすことは、困難な場合も多い。何を意識し、どのように働きかけを行えば目的であるコミュニケーションの活性化へ繋げることができるのだろう。

意識しておきたいことは?

社内の人間関係を円滑にし、コミュニケーションを活発化するためには、その目的を明確にする必要がある。会社のトップがしっかりとその目的を提示し、社員がそれを理解することが円滑な社内コミュニケーションの第一歩である。

業務は個人レベルで完結することはほとんどなく、チームや部署、ひいては企業全体を巻き込んで遂行する必要がある。

そのためには目的やゴールを共有し、社員一人ひとりが当事者意識を持ち、互いを理解し繋がろうとする能動的な意思を持つことが重要である。

そして、もう一つ大切なことは「少しやってみよう」というチャレンジ精神である。しかし、闇雲に挑戦するだけではなく、「やってみた結果上手くいかないかもしれない」ような場合は、そこでストップし、切り替えて別の方法を試してみる行動力も必要だ。

効果的に進めるには?

いざ、コミュニケーション活発化のために行動を起こそうと思った時、つまり何か変化をもたらそうとする時に不安はつきものである。「社員のため」「企業のため」とはいっても、多くの人が重い腰を動かそうとしない場合が多いものだ。

そんな時は、企業のトップや上司など、決定権を持つ人達へ働きかけ、味方につけることで変化は起こしやすくなる。また、イベントなどの効果がすぐに出やすい施策と、社内報など効果が後になって現れる施策を並行して行うという方法も有効であるといわれている。

そうすることで結果を実感しやすく、働きかけに説得力が生まれやすいと考えられる。

明確に目的=ゴールの設定が必要ということなら
Goalous(ゴーラス)の導入が有効である。まず、企業のトップが社員全体へゴールを示し共有するところがスタートであるため、社員は自分たちが向かう方法をいち早く理解することができるのである。

まずは、15日間の無料トライアルからGoalous(https://www.goalous.com/)を試してみてほしい。

まとめ

社内のコミュニケーションを活性化させる方法はいくつかある。しかし具体的には、どのように進めていけばよいのか悩んでいる企業が多くあるのも事実だ。

新しいことを始めるのは多少の勇気が必要となるが、トライ&エラーを繰り返すことで自社にあったコミュニケーション方法が見えてくるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です