管理職のための目標管理とは?

管理職は、個人以外にも部署やチーム全体の目標として設定する必要がある。また、部下の目標設定の際には指標となるよう、会社全体のものと方向性を合わせる必要もあるだろう。

ここでは、管理職が行うべき目標管理の方法やポイント、目標管理がもたらす会社への意外な良い影響について紹介する。また、運用に役立つ目標管理ツールやセミナーの紹介も行っているので、ぜひ参考にしてほしい。

管理職が掲げるべき目標とは

管理職にとっての目標管理は、一個人としてだけではなくチームやプロジェクトメンバー全体の利益になるように意識する必要がある。

チームの目標を達成

管理職の目標決定は、組織・チームの方向性を示す指針にもなるため重要である。特に明確な数値目標の達成を意識し、簡単に達成可能なものではなく挑戦的な目標を設定しておきたい。

さらに、部下の達成状況に応じてフィードバックやアドバイス、成果指標の修正にも対応しなければならない場合もあるだろう。

そのような場面でも対処できるように、常に会社の目標に準じているか、方向性を確認しながら対処し、目標達成を「チームとして」目指す必要がある。

部下の育成

管理職の目標設定は、部下の育成も目的としている。例えば、チーム全体として決めた目標を達成するために、メンバーのフォロー業務が管理職に求められる場合もあるだろう。

部下が最大限に能力やモチベーション、価値観や理念を発揮できる場を提供することがチーム全体の利益になりうるからだ。

また、部下の自発性を伸ばすことも大切になる。部下のキャリア形成イメージを理解した上で、的確なアドバイスを行うことが求められるためだ。そのためには、管理職につく社員自身のスキルアップや部下との信頼関係の構築も並行して行う必要がある。

管理職における目標の設定方法

管理職の目標設定は、以下のような点に留意して行うとよいだろう。管理職の部下や、さらに上の社員にも伝わりやすい目標を設定しておきたい。

組織全体の目標をもとにして作成する

目標を設定する趣旨の根本は、会社の成長や利益の向上である。会社の組織全体が目標として定めている内容から、乖離しないように注意すべきだろう。企業目標をもとに、部署、プロジェクトチームや営業などのグループ、さらに個人へ落とし込む形で設定する。

「管理職が設定する目標は具体的な数値を盛り込むとよい」と前述したが、部署やグループ全体の目標数値がメンバー社員の数値目標トータルとすり合わせる、もしくは個人目標を修正していく必要がある。

そして、その目標を達成できたときに、財務や利益の面でどのような結果に結びつくのか、発展に貢献できるのかを意識し、イメージしながら設定するとよいだろう。

目標達成のためのプロセスを明確にする

目標設定だけで終わらずに、目標をどのように達成していくのかプロセス・成果指標を細かく決めることが大切だ。1カ月、1週間、1日単位など期間を決定する方法もある。

また目標管理の運用においては、PDCAサイクルと呼ばれる、計画・実行・評価・改善を実行することが求められる。特に、目標達成に至るまでのどの時点で評価を行うかを統一しておきたい。

OKRのようにプロセスや過程を重視する場合もあれば、MBOのように目標達成そのものを評価することもあるだろう。これは会社全体を通して、目標管理の運用をどのように活かすのか検討する必要がある。

管理職の目標管理を効率的にするには

目標管理を会社全体で導入するに伴い、業務量の増加という懸念がある。目標管理には上司、部下のコミュニケーションが不可欠で、目標管理を上手く活用していくうえで信頼関係の構築が求められる要素の1つとなる。

これは、目標達成に向けたアドバイスやフィードバック、見直しをスムーズに行いやすい雰囲気を作るために欠かせない。コミュニケーションを積極的に取れる環境づくりには、社内SNSの活用が便利だ。

弊社開発のGoalousなら、社内SNSとして1on1のやり取りだけでなく、部署やサークルごとに複数のグループチャットを行うこともできる。

写真やファイルの送信も可能なので、仕事の連絡だけでなく、プライベートの気軽な報告にも使えるため、コミュニケーションの場として活用しやすい。また、社内SNSとしてだけではなく、目標の進捗管理やフィードバックが行える機能も充実している。

コミュニケーションを円滑に行いながら、同時に目標管理ができるため、業務軽減や働き方改革での残業を減らしていく経営戦略にも役立つだろう。

また、活動時間を増やすには、コミュニケーションの効率化も必要になる。個人の能動的な力と社員の一体感をつくることで、それらを叶えることができるのだ。

まとめ

目標管理は、個人だけで完結するのではなく会社全体での運用が大切になる。特に管理職は部下の目標管理と並行して、自分の目標を達成していく必要があるのだ。

Goalousのように目標の達成状況をひと目で把握できる、目標管理ツールを活用することで、負担軽減にも繋がるだろう。目標管理と社内SNSの機能を兼ね備えた弊社Goalousを経営戦略に活かしていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です