管理職の悩み!部下の目標管理と進捗管理はむずかしい!

目標管理と進捗管理は、一見違う業務に見えるだろう。しかし、ツールの導入や管理方法の見直しを行えば、一元管理も可能になる。

ここでは、管理する側にだけでなく、会社全体の利益になる目標管理や進捗管理の重要性やポイント、管理ツールについて紹介する。

目標管理と進捗管理はスマートな業務遂行に必要不可欠

目標管理や進捗管理は、業務をスマートに行う上で必要不可欠だが、管理そのものが業務負担になっている企業もあるだろう。その場合でも管理を行う必要性について説明する。

会社の目標達成に頭を悩ませる管理職

会社の目標達成が上手くいかない原因の1つに、部下の目標や進捗管理が適切に行えていないケースがある。部下が設定した目標が達成できていなければ、会社全体の目標も達成できなくなるだろう。

この目標が達成できないという状況は、進捗管理ができておらず、計画通りに業務が遂行できていない、現状把握の不足など、管理体制に問題がある可能性がみられる。

目標達成の問題を改善するためにも、まず目標と進捗管理の見直しを行い、適切に運用を行うことで、どこに問題があるのかを可視化することが大切だ。

目標達成における進捗管理の重要性

企業の業種に関わらず、計画通りに業務を進めなければ理想や目標通りの結果を生むことはできない。目標を長期・中期・短期スパンで明確に設定し、かつ進捗状況の確認や修正を行うことが大切だ。

目標とはゴールであり、進捗は途中経過や進行状況を意味する。これらの把握は、管理職にとって重要な業務の1つといえるだろう。

進捗管理は、目標の達成と切り離せない要素だが、適切な進捗管理が行えていない会社は、目標達成が困難となり、利益アップや業績拡大を目指す上で障害になりかねないので注意したい。

理想的な管理とは?

目標・進捗の理想的な管理方法とはどのようなものなのか、について説明する。

有能な管理者は部下のマネージメント力が高い

管理職に求められる能力の1つはマネージメント力である。部下の状況を把握し、フォローやフィードバックを適宜行える上司は優秀といえる。

特に会社の規模が大きくなるほど、1人で全体を把握できなくなるため、部署やプロジェクトを取りまとめるには優秀な管理職が必要となってくるだろう。

部下のフォローだけでなく、管理職より上の役員に現状報告を行うため、管理職が状況を把握できていることは、スムーズな組織運営に直結してくる要素である。

良い目標管理は部下のモチベーションを上げる

適切な目標管理と進捗管理は、会社全体にいい影響を与えるが、利益や進捗状況の共有の面だけではない。例えば、設定した目標を達成するためのプロセスやアプローチ手順が明確になっているため、部下の集中力が高く維持されるだろう。

業務効率が最大限に引き出され、結果的に目標達成につながる形だ。このサイクルを繰り返すことで、社員全員のモチベーションアップになり、楽しんで自主的に働く環境が整ってくるだろう。

目標管理に役立つツールに、社内SNSのGoalousがある。Goalousは、自発性と組織の一体感を高めて、楽しみながら目標を達成するためのシステムを採用している。

世界的に優れた目標管理形式ともいわれる「OKR」Goalousはこの「OKR」の上位互換ともいえる「GKA」をSNSのシステムに取り入れた唯一のサービスである。目標管理・進捗管理を始め、組織運営の改善や見直しに、活用していただきたい。

目標管理はツールでまとめる

目標管理の業務量や負担の軽減には、管理に適したツールの導入が便利だ。ここでは、目標管理ツールのメリットや注意点を挙げている。

役に立つ管理ツールを利用

管理ツールを導入する際、確認しておきたいのは機能面である。例えば、管理機能とコミュニケーションツールの2種類を導入するよりも、1つのツールで完結できるものの方が、より利便性が高い。

また、自社の経営戦略に合うツールを選ぶことも重要で、導入を決定する前に試験運用を行えるといいだろう。

特に、昨今情報共有や連絡にスマートフォンを活用する機会も増えている現状、スマホアプリがある管理ツールなら、外出先でも確認しやすい。Goalousであれば、目標管理や進捗管理の一元化が行える上に、社内SNSとしての機能もある。

スマホアプリでやり取りができ、手軽にコミュニケーションの場としても活用することができる。

ツール使用におけるメリットと注意点

ツールの導入によるメリットには、業務効率の向上、仕事量や進捗状況の可視化、コミュニケーションの活発化などが挙げられる。

ただし、社内SNSを適切に運用できていないと、従業員同士の馴れ合いの場になるなどプライベートツールと変わらないものになってしまう懸念がある。

これらのメリットと注意点を踏まえ、導入時に使用方法のマニュアルや方針を周知し、管理者がツールの使用環境のコントロールを行いながら運用していく必要があるだろう。

Goalousにおいては、業務目標を中心にコミュニケーションを行うので、これらの懸念も払拭される。

まとめ

目標管理・進捗管理は、軌道修正やスケジュール把握にも有効な手段であり、業種や職種、所属部署の違いに関わらず、全ての企業にとって経営戦略に重要な要素の1つだろう。

働き方改革で残業を減らすために、目標管理ツールを用いて業務量負担の把握を行うなど、活用方法は多岐にわたる。

目標達成に向け、社員が自発的にアクション、進捗共有などが行え、そしてそのアクションに対しチームで評価しあえるという、利便性の良い目標管理ツール「Goalous」を、ぜひ貴社の経営戦略の一助に活用していただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です