目標管理システムの導入メリットは?

目標管理システムは、人事評価や社員のモチベーション、自主性のアップに最適な経営戦略の1つだろう。
目標管理を行ううえでの利便性だけでなく、コミュニケーションツールとしての機能や、導入・運用開始するためのサポートの充実度も重視したい。

ここでは、目標管理システムの導入によるメリットや注意点、運用のポイントを押さえながら、最適なシステムツールについて紹介する。

目標管理システムの主な機能

目標管理システムの導入によるメリットは、システムの機能面を知れば見えてくるだろう。

ここでは、目標管理システムの主な機能や強み、システム内で行える業務について紹介する。

目標の設定

目標管理システムではまず、組織全体の目標を定めることになる。

ただし、管理システムで重要になるのは、組織目標と関連する形で部署やプロジェクトグループ、個人にいたるまで目標を細かく決定することにあるだろう。

この目標設定は、成果指標やプロセスの間違いの修正を含め、定期的にフィードバックやブラッシュアップを行う必要が出てくる。目標管理システムで重要なのは、この目標に向かって「ビジネスを加速させる要素に優れたものであるか」という点ではないだろうか。
社員と管理者双方の負担軽減にもなるだろう。

進捗管理

進捗管理もこのシステムで重要な役割の1つである。

進捗管理ができていれば、事業計画全体のスケジュール管理や、プロジェクトの進捗状況に応じた問題点の洗い出し、修正を行うことが可能になるからだ。

定例会議などで、進捗状況の報告から始まるような書面でのやりとりではなく、目標管理システムを利用して進捗管理を「可視化」したとする。結果、会議の時間や報告を待つことなく一括管理が普段の業務中からできるため、スピーディな修正やブラッシュアップが可能になる。

評価機能

評価機能では、目標の達成率だけでなく途中のプロセスを含め、社員が自身で評価を行うことができる。

上司や管理側の人間は、この社員それぞれの自己評価からフィードバックを行うことで、次のステップアップや改善に繋げることも可能だ。

社員が自分で評価を行うことで、客観的に自身の成果指標や目標そのものを見直す、きっかけ作りにもなる。
目標管理システムを使えば、これらの評価・フォロー作業、見直しもシステム上で行うことができるため、社員と管理者双方の負担軽減にもなるだろう。

目標管理システムを導入するメリット

目標管理システムを導入することで得られるのは、システム面の利便性だけではない。導入によって会社全体の利益につながるメリットには、以下のようなものもある。

社員の自主性の向上に役立つ

MBO(目標管理制度)やOKRで提唱されているように、目標達成のために尽力しようというモチベーションを高く保つのは、社員の自主性向上や業績アップに非常に役立つ要素である。

また、その目標の達成状況によって適切な評価を得られるか、というのもモチベーションに直結してくるだろう。

目標管理システムを適切に運用することで、評価する側に正確な情報の共有がなされるメリットもある。目標管理の可視化は、社員全てにおいてメリットがあるものといえるだろう。

適切な人事評価ができる

人事評価担当者にとっても、評価する社員が複数いる場合の一元管理が可能になるため、業務負担の軽減につながり、かつ相対的な評価がしやすくなる特徴があるのだ。

グループとしての評価だけでなく、チームからプロジェクトメンバー個人の実績まで把握でき、評価や改善を促すフィードバックが、どちらも容易になるだろう。

さらに目標管理システムは、目標達成に向けて尽力した過程やプロセスを重視するOKR、目標の100%達成を評価するMBO、どちらの手法にも適している。

目標管理システムを導入したときの注意点

目標管理システムの導入には、注意すべき点もある。

システムに頼り切った運用を行うのではなく、運用者や会社全体で積極的に活用することを心がけたい。以下で詳しく見ていこう。

部下に目標を設定させる

目標設定は必ず、部下(本人)に行ってもらう必要がある。

個人目標を上に立つ人間が行うよりも、自分で決定することで仕事への責任感を与えられるからだ。

ただし、すべての目標設定を任せてしまうのではなく、会社全体での方向性を示した上で、プロジェクトグループ全体の目標、個人目標に落とし込むようにしたい。

そのためには、部下の目標を上司が把握し、会社の目標から方向性のずれがないように指導、フィードバックを逐一行うことが大切になる。

コミュニケーションを密にとる

コミュニケーションを密にとるのも、目標管理システムの運用において大切な要素だ。

例えば、メールでのやりとりで距離を感じるのは、署名や挨拶文面などの形式にとらわれてしまう面が、大きいのではないだろうか。

改善するには、気軽にやり取りができる、社内SNS機能のある目標管理システムを導入するとよいだろう。

弊社開発のGoalousなら、個人間だけでなくグループやサークルごとのコミュニケーションを、気軽に行うことができる。

目標管理システムの運用は、社員と上司(人事評価者)の信頼関係の構築にも役立つ。
信頼している上司からのフィードバックは、モチベーションアップに繋がる要因の1つだ。

Goalousは、世界的に優れた目標管理形式といわれる「OKR」の考え方をベースにした上位互換である「GKA」を、SNSでシステム化した唯一のサービスである。

GKAならOKRの考えに、目標達成までのアクションの要素も加わることから、各個人が自主的にアクションを起こして、成果を生み出しやすい仕組みを作り出すであろう。

社内のモチベーションをよりアップしたいのであれば、ぜひGoalousを導入してみてはいかがだろうか。

まとめ

目標管理システムの導入は、システム側に完全に任せてしまうのではなく、運営者が積極的に社内風土や文化として定着させる必要がある。

Goalousは、上下関係の情報格差のない企業運営や、エンゲージメント経営と呼ばれる信頼関係の構築に見られるような社員の能力を、最大限引き出す企業経営に適したツールになっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です