マネジメントがうまくいかない!原因と必要なことを知って成功させよう

マネージャー職に就いてはじめて、思い描いていたイメージとのギャップを感じ、マネジメントがうまくいかないと悩む人は多い。なぜ思ったようにマネジメントできないのだろうか。

この記事では、マネジメントがうまくいかない原因と、思い描くマネジメントを実現するために知っておきたいことを解説する。

マネジメントがうまくいかない原因はマネージャーにある

マネジメントがうまくいかない原因は、マネージャー側にあることがほとんどだ。原因はいくつか考えられるが、この項ではマネジメントで失敗しやすい主な原因を3つ取り上げる。

こだわりが強すぎる

マネジメントがうまくいかないのは、マネージャーのこだわりが強すぎることが原因のひとつだ。

マネジメントではある程度理想を描いて、現実を理想に近づけるようにすることが重要だが、理想が高すぎると机上の空論になってしまう。理想主義や完璧主義が過ぎると、そこそこの結果が出ていても思いどおりにいかないと、悩んでしまう結果になるだろう。

また、マネジメントについては書籍やインターネットなどをとおして、情報をつかみやすい時代になってきた。理論を学習できる機会も身近にあるだろう。マネジメントを理解するために理論を理解することは大切だが、それを無理に自分の抱える組織に当てはめるのは無理がある。

理論上ではうまくいっているのだから自分のチームでも使えると、現場をよく見ずに決めつけてしまうとマネジメントはうまくいかない

動機づけができない

部下の動機づけがうまくできていないと、マネジメントもうまくいかなくなってしまう。動機づけとは、モチベーションのことだ。

マネージャーの声がけひとつでも、部下の動機づけに大きな影響を与える。目標を設定しているから大丈夫だと、部下のモチベーションを引き上げる努力を怠ってはいないだろうか。

実際に、部下に指示を出すときの言葉を想像してみてほしい。「これやっておいて」と指示する人も多いと思われる。これを、「○○君にしかできない仕事だから頼んだよ」とかける言葉を工夫するだけで、人のやる気は変わってくるものだ。

部下を信頼しておらず、信頼関係が築けていない

部下の文句ばかりいったり、部下の行動に対して感謝の言葉をかけなかったり、マネージャーとして思いあたる節はないだろうか。いずれも部下を信頼していないからこその言動であり、部下も上司から信頼されていないことを察知していることが多い。

また、必要最低限の会話しかしなかったり、部下から行動の理由を聞かずに頭ごなしに叱ってしまうのも問題だ。このような信頼関係が築けていない状態、上司を尊敬できない状態では、部下も上司についていこうと思えないのは当然である。

さらに、部下を信頼しないままでいると、自分で何もかもするあまりマネジメントはうまなくなってしまう。マネジメントに必要な密なコミュニケーション、人材育成も育まれないままだ。

このように、マネジメントがうまくいかない原因はいくつか考えられるが、マネージャー自身の言動に原因がある可能性が高いといえる。マネージャーが問題に気付いて改善していくことが重要だ。

マネジメントがうまくいくために必要なこと

マネジメントがうまくいくようにするには、マネージャー自身のマネジメントスキルの向上も意識すると良いだろう。特にリーダーシップ、コミュニケーションの充実には気を配るようにしたい。

リーダーシップを身に付ける

リーダーシップを磨くとは、チームをまとめる力を身に付けることだ。チームがまとまれば、部下の管理だけでなく、さまざまなマネジメントがうまく回るようになる。

リーダーシップを身に付けるには、経験やスキルにより裏付けした説得力のある指示や命令を出すこと、部下との信頼関係を築くことだ。特に部下との信頼の構築は、チームのことを常に考えながら動くようにする、積極的にアドバイスするなど、日常の言動を意識することで身に付けられる。

思い描いていた理想と違うと嘆かずに、チームの現状をよく見て、チームに合ったリーダーシップを取ることが大切だ。

コミュニケーションをしっかり取る

部下の理解、チームの理解は、コミュニケーションを取らないことには進まない。信頼関係構築のためにも、コミュニケーションをしっかり取ることが重要だ。

マネージャーが威圧的に感じている部下もなかにはいるため、マネージャー自ら部下に話を振ったり、進捗を聞き出したりするなど、話しやすい雰囲気を作るようにする

関係性によって理解レベルも異なるため、部下ひとりひとりに合ったコミュニケーションも心がけると良いだろう。ただし、人によって明らかに態度や対応を変えるようなことは誤解を生むので避けたい。

このように、日々意識して行動することがマネジメントにつながる。特にコミュニケーションは意識して取るようにしないとおろそかになりやすいので注意したい。

コミュニケーションツールを使って部下のことを知ろう

マネジメントする上でコミュニケーションに不安を感じるなら、コミュニケーションツールを取り入れるのも効果的だろう。

Goalous(ゴーラス)なら、さまざまな機能が使え、かつコミュニケーションも円滑に取ることができるGoalousで使える便利な機能をいくつか紹介しよう。

・メッセージ機能

個人間だけでなくグループチャットも可能。

・フォトアクション

写真の投稿と、写真に対するコメントができるため、部下の考え、進捗状況がすぐにわかる。

・ゴール機能

部下が何を目指して仕事をしているのか明確になる。

・評価機能

部下の取り組んできた仕事が目で追えるため、根拠のある評価がつけやすい。

マネジメントでつまずくコミュニケーションの問題は、Goalousで解決してみてはいかがだろう。

まとめ

マネジメントがうまくいかない原因は、組織の課題である。マネジメントを理想に近づけるには、うまくいかない原因を追究して、チーム内でのコミュニケーションを活発化させることが重要だ。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

マネージャーの役割とは?種類や必要な能力について徹底解説


マネージャーの役割とは?種類や必要な能力について徹底解説

マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介


マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介

初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?


初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?

Goalous編集部

投稿者: Goalous編集部

人事・広報・PR・営業などなど、異業種メンバーで構成されたGoalous編集部! それぞれの目線で、さまざまなお役立ち情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です