今の時代は社内コミュニケーションが必須!活性化のために役立つツールって?

企業全体としての雰囲気や与えるイメージを左右し、社内業務の効率化、企業の業績向上にも関わる社内コミュニケーションの重要性が、最近注目を集めている。

今回は、社内コミュニケーションを活発にしたことによる成功事例とそのメリット、成功のために企業が採り入れた方法やツールについて詳しく紹介していこう。

活発な社内コミュニケーションのメリットと、行うまでの課題は?

社内におけるコミュニケーションが活発で風通しが良い環境かどうかは、職場のイメージや雰囲気を決める大きな要因のひとつである。
他にも、社内コミュニケーションが活発になると得られるメリットは多いのだが、残念ながら多くの企業が社内コミュニケーションの不足に課題を感じているのが現状である。

社内コミュニケーションを活発化させるメリット

社員たちが助け合うことによってミスが減り、業務の効率化や生産性向上を図れる

社内コミュニケーションが活発になると、同僚や上司と部下の間で会話がしやすく、風通しのよい職場環境が生まれる。社員同士の情報の伝達もスムーズになり、「知らなかった」「聞いていない」ことによる認識のズレや、誰かがやってくれた「であろう」と確認を怠って発生する人為的ミスを防ぐことが可能である。

新しい業務をする際や新入社員に対し指導を行う際にも、先輩や上司に気軽に相談できる雰囲気があれば、意見も出しあえる。すでに社内にある知見や社員たちが培った経験を活かすことで、個人で取り組むより効率的に業務を遂行できる。

部署間でのイノベーションが生まれる

個人単位の業務だけではなく、部署・企業全体のレベルでみた場合も、社内コミュニケーションが活性化されていると、自然と社員が同じ方向に向かい、目的意識を統一させることができる。

通常業務ではあまり関わりを持たない他部署とのコミュニケーションが活発だと、新たな視点がプラスされることによって、アイデア・思いつきがでやすい。
会社の目的意識に沿った新たなイノベーションが生まれやすくなるだろう。

社員のメンタルヘルスの向上やケアが期待できる

職場での人間関係に不満・不安、ストレスを感じている人は多く、離職の理由となってしまうこともしばしばある。社内コミュニケーションが活性化して、いい人間関係を築けていれば「苦手な人がいるので、会社に行きたくない」と考える社員の数を減らせて離職を防ぐことができる。

社内コミュニケーションにおける課題

社内コミュニケーションの重要性についての認識は進んできてはいるものの、なかなかスムーズに実践に移すことができない。そこに行き詰まり課題を抱えている企業が多いのが現状であり、コミュニケーション不足による経営への悪影響も指摘され始めている。

活発な社内コミュニケーションを阻害している要因としてよくあげられるのが、企業風土や社の独自慣習、社風である。

例えば上司や管理職層の方ばかりを重んじるタテ社会の閉鎖的な社風だと、上下関係が厳しくなりがちで社内の風通しは悪くなってしまう傾向にある。
経営・管理職層の社内コミュニケーションへの意識が企業全体としての雰囲気に大きく影響しているといえる。

社員と経営者の距離が近い企業は、比較的自由な雰囲気の職場環境ともいえそうだ。

社内コミュニケーションを効果的に改善した事例は?

一方で、社内コミュニケーションに課題と不足意識をしっかりと持ち、活性化させるための施策を講じ成功させた企業も数多くある。ここでは社内コミュニケーションを改善させた事例を紹介していこう。

ランチ会などの交流を図る場を設ける

人材・不動産領域でITサービスを展開する大手の会社では、「社長ランチ」という制度がある。従業員が経営者と1対1でランチに行き、相談や提案などの自分が抱えている悩みや考えを自由に話す機会が設けられている制度だ。

モバイルゲームなどを手掛けている大手の会社でも、従業員が月に一度、役員を直接指名してランチの機会がある。社内行事としての位置づけなので、もちろん費用は会社もちだ。
マネジメント層と従業員が直接コミュニケーションすを図ることがこの会社では奨励・重要視されている。

小まめな個別面談を行う

転職サイトなどのサービスを手掛ける大手の会社には「経営陣メンター制度」がある。

これは新卒社員が対象で、経営陣と毎月1対1の面談の機会が設けられている。
面談といっても堅苦しいものではなくてトピックは幅広く、経営陣とのコミュニケーションを通じて、新入社員の適性も判断しながらマインドセットやスタンス面の支援をする取り組みである。

社内イベントを企画し開催する

大手WEB制作会社には、年2回「ぜんいん社長合宿」というイベントが設けられている。

これは、社員全員が社長になったつもりで、会社についての問題点や、今後を見据えた展望を考える合宿である。
普段はあまり接する機会が少ない他部署の社員同士や、社員と役職者が関わる機会になるとともに、当事者意識を高め会社や業務のことを他人事ではなく「自分事」として考えることができ、有益な機会を生んでいるのである。

社内コミュニケーションに役立つツール

社内コミュニケーションを活発にする施策では、上記で紹介したような対面形式の直接的なコミュニケーションを増やす施策が多い。

その一方で、現代社会ならではのチャットなどの非対面形式のコミュニケーションも、円滑な社内コミュニケーションを図ることにおいては重要である。

社内SNSツールを活用した施策の例

検索エンジンで誰もが知る大手の会社には、内製のチャットツールがある。社員1対1の個人的なレベルでの会話のみならず5,000人を超える規模で行う全社的な議論や会議まで、さまざまな用途に使用されている。

社員同士の円滑なコミュニケーションが図れるのはもちろん、社内にあるノウハウや知識、会社の今後に活かせる最新情報の共有が行われている。

ゴールでつながる社内SNS、Goalous

Goalous(ゴーラス)」はゴール(目標)の達成を目指すための全社員のコミュニケーションを活発にする社内SNSツールであり、「どこで」「だれが」「いつ」「なんのために」「何をしたか」を見える化(可視化)することで、情報の共有を図り社員たちの協力による成果を生み出すことを目的に開発したツールだ。

メッセージ機能はもちろん、サークル機能を使って投稿を公開したり自分が知りたい情報に簡単にアクセスすることができ社内コミュニケーションを通じて、目標だけではなくゴール達成のための「つながり」を生み出せる。

社内コミュニケーション活性化の「その先」を見据えているツール。

社内で一丸となりゴールを目指したい企業様、社内コミュニケーション不足にお悩みの経営者の皆さま方には、ぜひ一度、無料セミナーに足を運ぶことをおすすめする。

まとめ

社内コミュニケーションの重要性や不足している現状を認識していても、なかなか急速に活性化させるのは難しい。

ランチ会や面談、合宿などの顔を合わせた直接的なコミュニケーションをとる機会を増やす施策のほかに、社内SNSツールなどを導入し、コミュニケーションを気軽にとりやすくする土壌を作ることも現代社会においては効果的だ。

先ほど紹介したGoalousなど社内SNSツールを利用して、社内コミュニケーションの活発化に努めてみるのはいかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です