従業員エンゲージメントの向上で組織力を高めよう

日頃から「会社と社員の結びつきが薄い」と、感じることはないだろうか。
会社と社員との結びつきが薄く、社員の会社への貢献度が低い理由のひとつには「従業員エンゲージメント」の低下があげられる。

社員と会社の関係性を強化するには、この従業員エンゲージメントを高める必要がある。社員一人ひとりが「会社に貢献したい!」と思える会社を目指すには、「ビジョンが明確で共感できるものであること」「社内コミュニケーションが円滑であること」「評価の枠組みか確立されていること」がポイントとなってくる。

本記事では、各ポイントに触れながら、従業員エンゲージメント向上のための方法を説明する。

従業員エンゲージメントの意味

会社と社員の結びつきを示す指標に「従業員エンゲージメント」がある。これは「会社に対する愛着心」や「会社に対する意欲的な貢献度」を表すものである。

会社との約束や結婚?

「エンゲージメント」は本来「約束」や「結婚」という意味だが、ここでいうエンゲージメントは会社やブランド、サービスへの愛着という意味合いを持つ。

「従業員エンゲージメント」は従業員の自社への愛着心・貢献意欲度を表す。イメージとしては、恋愛と同じで「会社と社員が結婚し、幸福な状態にあること」であり、両者が幸せな形がもっとも望ましい。

従業員エンゲージメントが向上すると、社員が会社のビジョンや目標に共感を抱き、自身の能力を自発的に発揮することができる。

従業員満足度との違いは?

従業員エンゲージメントと、従業員満足度の決定的な違いは「貢献度」にある。従業員満足度は、社員が会社で働く上での満足度のことであり、給料や福利厚生、職場での人間関係などが観点としてあげられる。

しかし、労働環境に満足しているからといって貢献意識が生まれるわけではない。従業員満足度が高いからと言って、会社の業績アップとの直接的な関連性は薄い。待遇が悪くなると働きがいが失われる、というもろさもある。

対して、従業員エンゲージメントは、会社と社員とのベクトル(方向性)が一致することで、会社への貢献意識が高まり、自らのパフォーマンスを発揮することができる。目標達成度、戦略実現度の向上の契機となるので、まさに業績アップには必要不可欠な経営手法といえるだろう。

従業員エンゲージメントが重視される理由

今や、多くの企業が従業員エンゲージメントに注目している理由はいったい何なのだろうか。

社員が意欲的になる

社員と会社のビジョンや目的が一致すると、社員は会社への帰属意識が高まり、自らの仕事に対し意欲的に取り組むことができる。また、社員同士に協力意識が芽生え、会社の現状を改善したいという意欲も生まれる。

業務上のメリットも大きい

離職率の低下
自社への貢献度が向上することで「ここで働き続けたい」という意欲が生まれ、離職者を減らせ、優秀な人材が確保できる。社員の定着は、新たな人材を探す時間的コストや経費などのコスト削減効果も期待できるだろう。

売上げや利益の伸び率が大きい
株式会社リンクアンドモチベーショングループの調査「エンゲージメントと企業業績」によると、エンゲージメントの高い企業は翌年の売上げ・収益の伸び率が大きくなることがわかった。

従業員エンゲージメントに関わる要素に基づく質問をし、回答からエンゲージメントの偏差値を算出。A~Eの五段階(Aが最も高くEが最も低い)に分類し、翌年の売り上げ・収益の伸長率を分析した。

すると、Dランク以下(エンゲージメント偏差値低)の企業の売り上げ・収益の伸長率が4.2%だったのに対し、Bランク以上(エンゲージメント偏差値高)の企業の伸長率はなんと19.8%に。エンゲージメントは業績に大きく関わることが明らかとなった。

[参照]株式会社リンクアンドモチベーション「エンゲージメントと企業実績」

従業員エンゲージメントを向上させるためには

ここでは、エンゲージメントを向上させるための具体的な施策例を紹介する。

向上させるための施策とは

会社やリーダーがビジョンを明確にする。
会社としての方向性が不透明であると、社員のモチベーションが低下するばかりか、不信感を抱く原因にもなる。経営層や役職者は、会社の方向性や実現したい目的を明確にし、それを社員に伝えることで、会社と社員のベクトルを揃えたい。

イベントなどで社内コミュニケーションを活性化させる
円滑に業務を行うためには、社内コミュニケーションの改善は欠かせない。社員一人ひとりが自発的に自身のパフォーマンスを発揮するには、自らの考えを積極的に発言できる環境であるかどうかや、社員同士の信頼度が大きく関わってくる。スポーツ大会や、社内旅行などのイベントを取り入れて交流を深め、風通しのよい職場づくりを心がけよう。

評価の枠組みを確立する
自らの貢献が公平に評価されることは、会社と社員の関係をフェアにするために、最も必要なことだといえる。社員の頑張りに応じた賃金制度・昇進制度を導入し、目的意識をもって働けるよう、評価の枠組みを確立しよう。

エンゲージメントの測定も必要

エンゲージメント向上には、役職者が行う社内の現状把握が欠かせない。組織診断やサーベイなどのサービスを利用することで、従業員エンゲージメントは測定が可能だ。現状を把握することによって、どのような対策を取ればよいかが明確になる。

そこで、注目したいのが社内SNSツール「Goalous(ゴーラス)」。インサイトで視覚的に確認しやすく、社員に自発的な行動を促進することができる。組織の課題点を明確し、現状を把握することは、従業員エンゲージメント向上への第一歩だ。ぜひ、試してみていかがだろうか。

※Goalousに関してさらに詳しく知りたい方は、こちらのファイル を見るのもオススメ。

※開催している無料セミナーの参加はこちらから

まとめ

従業員エンゲージメントは、企業の業績アップには欠かせないものだが、その向上には、長い期間と努力を要する。社員一人ひとりが会社への貢献度を上げ、意欲的に業務を行うようにするには、会社と社員が互いを尊重し合い、フェアな関係性でなければならない。

社員が「やらされている仕事」ではなく、「この会社のために働きたい!」と感じ、会社と社員が互いに信頼し合える関係を構築していきたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です