従業員のエンゲージメントを今すぐ向上させる唯一の方法

企業に貢献をしてくれる社員は、会社にとって貴重な存在である。いわゆる従業員エンゲージメントが高い会社は、業績をさらに伸ばしていくだろう。

しかし、従業員エンゲージメントが低迷していて、頭を抱えている企業は少なくない。どうすれば従業員エンゲージメントを向上させることができるのだろうか。事業をより発展させるためには、解決しなければならない問題である。

ここでは、従業員エンゲージメントを向上させるための手段や方法について解説する。

なぜ従業員のエンゲージメントは低いのか

エンゲージメントについて概要を説明した上で、なぜ従業員のエンゲージメントは低いのか、その理由を述べる。

エンゲージメントとは

エンゲージメントとは、従業員の会社に対する愛着や思い入れを意味する。

エンゲージメントは、「約束」や「契約」という日本語訳になる。企業活動においては、社員と会社との絆という意味も込められており、従業員エンゲージメントともいう。

従業員が企業と一体になって、ともに成長し合い、絆を深めていくような関係が理想とされている。

エンゲージメントが向上すれば、優秀な人材が流出するリスクを回避できるメリットがある。企業に対して忠誠心のある社員が増えれば、離職する可能性は低くなるだろう。

優秀な人材が活躍し続けることで、業績・売上拡大にも期待ができる。社会的にもエンゲージメントが高い企業ということで注目を集めやすくなる。

しかし日本企業は、世界的に見るとエンゲージメントは決して高くない。各業界・業種での人材不足や離職率の高さが問題視されるようになって久しいが、エンゲージメントの低さが関係していると考えられる。

エンゲージメントが低くなる原因

なぜ、エンゲージメントは低くなるのだろうか。3つの原因が考えられる。

報酬制度に問題がある

日本企業は、今までの風習として勤務時間に対する報酬制度を採用してきた。現在も能力や成果ではなく労働時間をベースにして、従業員に対価を支払う企業も少なくない。

定量・定性評価ができない仕事も中にはあるだろう。しかし、自分の仕事が会社の業績に結びついているのかがわかりにくい報酬制度は、企業に貢献しているという実感が湧きにくいものだ。

人事評価に透明性がない

大きな成果を残したにも関わらず、期待していたほど評価されない場合がある。自分よりも結果が出ていなくても、過大に評価される社員がいる場合もある。どちらも人事評価において不透明感が強い。「努力をしても評価されない企業だ」と不信感を抱かせてしまうことになるだろう。

企業と社員の価値観の不一致

社員が企業の理念やビジョンに共感していない場合、経営トップが熱い想いで語ったとしても、気持ちは離れてしまうことになる。

会社が実現したいことに賛同できず自分の価値観と一致しない場合、企業のために尽力したい気持ちは薄れて、共感できる他企業を探すことになる。この乖離に気がつかず、自社の考えを社員に押しつける会社は、必然的にエンゲージメントを下げていく。

エンゲージメントを向上させる方法

エンゲージメントを向上させる方法について解説する。

エンゲージメントを向上させる3つのポイント

会社のビジョン・価値観と個人のビジョン・価値観をすり合わせる

社員がどんな将来へのビジョンを持っているか把握しているだろうか。会社の方向性と、個人が目指したいことが噛み合っていなければ、企業へ貢献する価値はなくなる。双方が寄り添って、ビジョンや価値観をすり合わせる作業が求められる。

透明性のある人事評価制度

成果に対して、正当に評価されているか透明性を確保しなければならない。昇進・昇給などに対して、公平性のある人事評価制度を導入することだ。

「PDCAサイクル」を回す

業務を効率的に行うために「PDCAサイクル」も使われる手法だ。「Plan(計画)」、「Do(実行)」、「Check(評価)」、「Action(改善)」の略であり、ただ行動するだけではなく軌道を修正できるメリットがある。

「PDCAサイクル」を使って、日々の業務改善を惜しまずに、エンゲージメントを向上させるとよい。

エンゲージメントを組織一体で高めるのがコツ

エンゲージメントは個人でも上げられるが、チームで連携をするとさらに上手く進むだろう。理念を浸透させたり、目標を管理したりするためにシステムが役に立つ。

個人が自ら設定した目標を、チームでフォロー・コラボしていくことによって、ゴールでつながるコミュニケーション型目標達成サービス「Goalous(ゴーラス)」なら、従業員エンゲージメント向上においても非常に効果的である。

社内コミュニケーションがとりやすく、目標が見やすいという利点がある「Goalous」を上手く使って、エンゲージメントを上げていって欲しい。

まとめ

企業経営において離職率を下げず、企業が成長していくためにも重視すべきエンゲージメント。なぜエンゲージメントは低下してしまうのか、その理由と解決策について解説をしてきた。

企業と従業員の想いを合わせながら、人材を正当に評価することが、エンゲージメントを向上させるためには重要である。システムを導入しながら、組織全体でエンゲージメントの向上を目指すことが求められている。

目標管理 無料セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です