目標を達成するには何が重要なの!?チームワークを円滑にするツール

チームには必ず達成しなければならないゴール(目標)があり、それを達成するために日々アクション(行動)をする。

しかしながら、様々な個性を持つメンバーの集まりであるチーム内において、チームが一丸となってゴールを達成することは決して簡単ではない。
ゴール目標を達成するためには、どのようにチームをまとめればいいのだろうか。

いくつかのポイントを紹介しよう。

目標達成のために押さえておきたいポイントは?

会社であれ、チームであれ、組織の大小にかかわらず目標を達成するには、社員(またはメンバー)がビジョンを共有していることが第一である。

ビジョンとは目指すべきものであり、そのためにゴール(目標)を設定する。
ビジョンが正確に伝わっていなかったり、共感できていなかったりすると、チーム一丸となりゴールは目指せない。

リーダー(または上司)はプロジェクトを開始するにあたり、すべてのメンバーに対してビジョンを正確に伝える、もしくは共有する役割を担っている。

ビジョンを叶えるため、チームには目標を設定し達成するという大きな使命が課されているが、いきなりそこへ到達するのは不可能であり、メンバーの負担が大きすぎてモチベーションも続かないだろう。

そこでゴールへ至るまでのプロセスを細分化し、それらを達成するための要素(キーリザルト、略してKR)を設定してみよう。

KRが具体的に測定が可能で、実現性があり、期限も決まっていて、ブレがなく最終の大きな目標とつながっているのが理想である。

KRを設定することにより、何をすればゴール(目標)が達成できるのか見えることにより、何から取り組めばいいのがわかりやすくなる。
メンバーはゴール達成の進捗も感じることができ、心理的な負担が少なくて済むのである。

ここまでは基本的にリーダーがゴールの全体的な計画をして、さらに各メンバーの目標へと割り当てていくものだが、目標をノルマとして一方的に押し付つけるてしまうと、メンバーは思いどおりに動いてくれない。

そこで、ある程度はメンバーに「自分が何をするべきか」を主体的に考えてもらう必要がある。

そうすることにより、メンバーはやりがいを感じ、積極的に動いてくれる。それが自分で考えた目標ならば、よりいっそうゴールに近づきやすくもなるだろう。

リーダーは、メンバーの業務の進捗状況をこまめにフィードバックし、時には難易度に応じて期限を延ばしたり目標を上下するなど軌道修正してサポートする。

単なる叱咤激励だけではなく、何が良くて、どこを改善すればいいのかの分わかりやすさも必要である。

目標達成にはチームワークが大事!その理由は?

チームとしての目標を達成するためには、いかにしてメンバー間のチームワークを形成するのか、チームワークが円滑な状態できちんと機能しているのかも一つの課題である。

メンバーそれぞれが自分のスキルや、経験のみに頼った自己完結型で仕事をしても成立する業種も一部あるが、基本的に組織とは必要に応じて連携したり、助け合ったりする必要があるのが理想である。

なぜなら、チームワークが良ければメンバーの誰かがミスをしてもたとき、すぐに別の誰かがフォローへ回ることができる。また、仕事のノウハウもシェアできるので、問題に直面してもその中から解決策を見つけやすい利点もある。

また、メンバー1人では重荷になる高めのノルマも、チーム全員で達成すると考えるなら1人ごとの負担は軽減される。

例えばチーム全体で100%のノルマを達成するとき、4人のメンバーが99%、101%、103%、97%だったとしても、全体ではノルマを達成したことになる。

すでにノルマを達成しているメンバーが、未達成のメンバーをサポートする余裕もできる。

逆にチームワークが乱れていると、こうした連携や助け合いが行われず、メンバーそれぞれが違う方向を向いてしまう個人主義に走りがちになる。

それが蔓延すればチーム内の雰囲気が悪くなるだけではなく、コミュニケーションを取る機会が減りモラルやコンプライアンスも低下し、やがてメンバーのメンタルヘルスやモチベーションにも悪影響を及ぼすだろう。

それではチーム全体の目標達成にも関心は持てないくなるはずだ。

チーム内に突出したスキルを持っているメンバーが1人いる場合、他のメンバーが依存したり、逆に仕事を押しつけて怠けたり、リーダーがその1人にだけ仕事を与えがちになることは避けるべきだ。

仕事を割り振ってもらえなくなったメンバーや、怠けずにきちんと働いているメンバーから不満の声が挙がるだろう。

メンバーの持つスキルが、取得が難しい高いスキルであっても、リーダーが少しずつチーム内でシェアして士気を高めたり、また、1人のメンバーがチームを離れて単独で動いてしまわないように目も光らせることも必要だ。

リーダーをはじめ、チームの全員がチームワークを大切にするように意識を徹底したい。

チームのメンバー同士の結びつきを高めるには?

チームワーク向上のためにメンバー同士の結びつきを高めるためには、先ほどのビジョンの共有に加えて、業務上の「報(告)」・「連(絡)」・「相(談)」などだけではなく、普段からも取れる気軽なコミュニケーションの機会を増やす方法が効果的だ。

メンバー同士がそれぞれの個人的な目標を理解して共感できるようになれば、チームでいる意味も理解し、メンバー間の絆が深まる。
自然と連携したり助け合ったりする関係が形成されるだろうであろう。

目標を達成したメンバーに対して、別のメンバーが良い意味でのライバル心を抱くことによって、チームの勢いを加速させることもできるかもしれない。

リーダーは先導役として全面的に仕切るのではなく、あくまでもメンバーをサポートする立場として、1 on 1ミーティングなどで積極的に話し合う機会を増やし、フィードバックや軌道修正を行う。

しかし、従来のミーティングでは、メンバーのスケジュールを調整し、把握する必要があるため、時間や手間を要するリーダーの負担も大きくなりがちである。

メンバーの数が多いほど結びつきを高めるのに困難も極めてしまう可能性もある。

Goalous(ゴーラス)」は、チームが目標を達成できるようにチームワークの向上とメンバー間の相互理解を促進するツールであり、「ビジョン」でチーム全体が目指しているもの、「ゴール」でメンバー全員の達成するべき目標が分かる。
「プロフィール」でチームへ参加しているメンバーの確認ができる。

さらにメンバーの行動は、写真を使った「フォトアクション」で視覚的に確認でき、興味があればゴールのフォローや「いいね」でリアクションもできる。

チームワークの形成やメンバー間でのモチベーションアップ、目標の達成に役立つであろう。

まとめ

目標を達成するためには方法の中でも、ビジョンの共有や困難に直面しているメンバーのサポート、チームワークの形成がは重要である。メンバー全員がチームでいる意味、チームワークの重要性、自分が成すべきことを正確に理解できていれば、早く目標も達成しやすくなるのである。リーダーの負担を軽減しながら、分わかりやすく相互理解できるツールの中でも、社内連携のとりやすいSNSツール、「Goalous」がおすすめである。

チームワークや社員の目標管理にお悩みの管理者の皆さまは、ぜひ1度、無料セミナーに参加していただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です