人間関係が理由で会社を辞めたい部下を思いとどめることはできるのか?

上司の立場にいると、部下から退職を考えていると相談を受けることもあるだろう。しかし、その部下が入社からあまり時間が経っていない場合は、なんとか頑張れないかと感じてしまうものだ。

特に成長が期待できるなら、上司として、会社として、どうにか思いとどまらせたいと思うだろう。そんな部下の辞めたい理由が人間関係だとしたら、上司として何ができるだろうか。ここでは、人間関係で会社を辞めたい部下の心理と対処法を紹介する。

人間関係が原因で仕事を辞めたい部下の心境

そもそも、人間関係が原因で仕事を辞めたいとはどういうことだろう。一番は部下に直接聞いてみることだが、遠慮して本音を口にしないこともある。ここでは、一般的に考えられる人間関係で仕事を辞めたくなる部下の心理をいくつか紹介する。

職場の人とうまくコミュニケーションがとれず、辛く感じる

学校と社会で異なることは部下もある程度は理解しているだろう。問題は、入社時の社会のギャップではなく、世代間のギャップだ。特に上司と部下の関係で、コミュニケーションにすれ違いが生じるケースは少なくない。

上司世代が、タテ社会が当たり前だった時代を生きてきたのに対して、現代はヨコ社会、周囲から見える自分を気にする傾向にあるためだ。現代の若者と上司世代の考え方は、根本が異なる。そこを理解していないと、新入社員などの若い世代と円滑にコミュニケーションを図ることは難しい。

上司とのコミュニケーションが難しいだけで済めばまだ良いが、問題は考えが合わないことで、相談や報告にまで支障をきたしていることだ。必要な相談や報告がないことに対し上司は理解に苦しみ、ときには部下を叱責することもある。

これが部下だけの問題ならまだしも、上司側の理解不足にも原因がある場合は、いつまでたっても改善は見込めない。その結果、会社にいることが辛く感じ、部下のストレスは溜まっていく。

自分が必要とされている人材なのか不安

新入社員ほど仕事に対するやる気は高い。しかし、ふとしたことで、そのやる気は崩れてしまう。原因のひとつは、自分が必要とされていると感じられないことだ。

仕事に対してどれだけ貢献しているのかわからない、あるいは仕事自体の意義が分からないと、人はたちまち不安になってしまう。

いつも怒られてばかりの部下、称賛の言葉をかけられない部下、そのために仕事から一歩引いた姿勢でいる部下は、特にそういった不安を抱えているかもしれない。

職場の人間関係を改善する方法

人間関係を理由に会社を辞めたいと考えている部下については、まずその理由を聞いて、部下の気持ちに寄り添うことが大切だ。しかし、ただ共感するだけでは人間関係は改善されない。

上司として社内の人間関係を改善するために、積極的に働きかけ、自分自身も同時に見つめ直すことが必要だ。ここでは、職場の人間関係を改善するヒント3つを紹介する。

挨拶を心がける

まずは、コミュニケーションの基本である挨拶や返事を徹底することだ。これは、部下だけに押し付けるのではなく、上司も心掛けるようにする。

たとえば多忙なあまり「お疲れ様」などの声掛けや「おはよう」などの挨拶が抜けてしまうこともあるが、そうした上司の事情は部下には分からない。悪いように解釈すると、上司から無視されたと受け取られてしまうこともある。

このように部下が“無視されている”と感じる状況が続くと、上でも説明したように自分は必要な人材なのか不安が増長してしまうだろう。そうした不安を少しでも拭うためには、普段から意識して挨拶や返事を心がけることが重要である。

感謝の気持ちを伝えあう

上司は部下に対して威厳を保たなくてはいけないと思ってはいないだろうか。ときには必要かもしれないが、威厳を保つこと、叱責することは別問題である。上司としての体裁を保つために部下を叱っているなら、今すぐに改善したい。

それよりも意識したいのは、感謝の気持ちを伝えることである。上司が部下に感謝することに違和感を覚える人もいるかもしれないが、ほんの些細なことでも感謝されることによって、人はやる気をみなぎらせることがある。

指示したことに対して部下がしっかり対応した場合に限らず、顧客から賞賛の言葉をいただいた場合も、積極的に部下に伝えるように意識したい。部下の仕事へのやる気が上がるだけでなく、会社に貢献できているという自覚も持てるようになる。

コミュニケーションしやすい環境を整備する

人間関係を理由に辞めたいと思った部下は、さまざまなことが溜まりに溜まって発言に至ったのかもしれない。上司も寝耳に水で、突然の発言に驚くこともあるかもしれないが、部下なりに何らかのサインを出していたはずである。

しかし、そうしたサインをくみ取り、改善できるようフォローしてこなかったのは会社の責任、上司の責任だ。

いきなり究極の相談を持ってこられる前に、普段から相談できるような環境は整っていただろうか。相談しにくい社内環境であれば、気軽に相談できるような環境になるよう見直したい。ただし、これまで作り上げられた社風をいきなり崩していくことは難しい。

月一で定期的に面談を行い、社員をフォローアップできるようにするなど、できることから取り組んでいくべきだろう。

他にも、気軽にコミュニケーションが図れるツールが社内の人間関係改善に役立つ。コミュニケーションの活性化には、Goalousが最適だ。

チームで一丸となって目標を達成するための行動をフォトアクションで共有するため、立場に関係なく、誰もが手軽にコミュニケーションできる環境が整っている。投稿されたアクションに対していいね!やコメントをもらえるため、部下自身のモチベーションアップにもつながるだろう。

社内で良好な人間関係を構築していくためにも、コミュニケーションを図りつつ、組織の目標も同時に達成できるGoalousをぜひ検討していただきたい。

まとめ

会社を辞めたいと思う理由に、人間関係があがることも少なくない。さまざまなケースがあるが、ほとんどのケースが良好な関係が築けないこと、コミュニケーションがうまく取れていないことにある。社内の人間関係をより良くするために、ぜひ社内SNSのGoalousを活用してみてはいかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です