自主性のある人材に育つ!人材育成の悩みをあっという間に解決する方法

「指示した仕事しかしてくれない」「仕事への積極性が見られない」など、人材育成で悩みを抱える管理職も多いだろう。受動的で積極性のない部下を自主性のある人材に育てるにはどうするべきか。この記事では、人材育成に多い悩みから、その解決方法について紹介していく。

人材育成における悩み

人材を確保したいと考えていても人材がなかなか集まらずに頭を抱えている企業は多い。そこで注目されるようになってきたのが、今いる人材の活用、そして優秀な人材の育成である。営業職などをはじめ、人材育成を促進しようとする企業も増えてきた。

一方、人材育成を進めようとするも、困難に直面する管理職は多い。人材育成の課題としてよく挙げられる悩みをいくつか紹介しよう。

教えたことをなかなか反映できていない

人材育成のために時間を使って部下を教育しているつもりでも、部下が教えたことを吸収できずなかなか仕事に反映されない問題が、人材育成の悩みのひとつとしてある。

業務に活かされるのに時間がかかってしまうため、成果として反映されるのも遅い。特に営業職のような、スピード感が必要とされるような仕事、早く業務を覚えて実績として活かしてほしいと考える仕事において、部下がなかなか仕事を読み込めないのは歯がゆさを感じるだろう。

ここでなかなか仕事を覚えないのは部下の意識が足りないせいだと切り捨てるのは簡単だ。しかし、今一度教育方針や教え方を見直してみてほしい。上司として部下の課題を適切に認識できていない可能性、部下にとって有用なフィードバックをできていない可能性はないだろうか。

人材育成には時間がかかる。部下が教えたことを少しでも確実に実行しているのなら、アプローチの仕方に工夫が必要かもしれない。

育成する時間を確保するのが難しい

人材育成をしなければという意識はあるものの、実際には時間の確保が難しく育成に力を入れることができない問題もある。

特に営業の管理職のように、管理職の仕事以外に自分自身も営業活動をしなければならないなど重要タスクが複数あると、必然的に人材育成の優先度は下がってしまう。

営業の管理職でなくても、個人の目標や成果の達成という課題のため、人材育成までなかなか手が回らないケースも多いだろう。

時間が確保できなければ、いくら上司として人材育成に熱い思いを持っていたとしても意味がない。それどころか、部下と関わる機会すら少なくなってしまい、コミュニケーションがうまく取れない問題も発生してしまう

部下自身にやる気がない

上司として人材育成に力を入れようと思っても、肝心の部下にやる気がみられずどうしようもないという悩みも多い。やる気を引き出すのはなかなか難しい部分であるからこそ、無理に引き出そうとせず、なぜ部下にやる気がないのか原因を考える方が先だろう。

部下の様子から原因を探っていくと、そもそも仕事に目的意識を持っていないことも多い。将来の目標やイメージがなく、今の仕事をただこなしていれば良いという考え方を持っている傾向にある。上司としては、部下の意識を変えるためのアプローチが必要となるだろう。

また、部下にやる気がみられない原因として、ストレス耐性が低いことも挙げられる。うまくいかない部分や失敗した部分を指摘され、やる気を失ってしまいがちだ。これは、上司の指導方法も影響している。

自発的な人材へと育てるには

人材育成の悩みはいくつかあるが、結果として自主性のある人材が育たないのが大きな問題だ。自発的に行動できる人材に育てるには、どのような工夫が必要だろう。

仕事に裁量権を与える

人材育成に多い悩みとして部下にやる気が見られないこと、原因として目的意識が低いことを挙げた。目的意識が育たない理由のひとつが、自分の今やっている仕事の意味をよく見いだせないことにある。仕事の意味を見いだせないのは、仕事にやりがいを感じられないからだ。

仕事にやりがいを感じられないのは、つまるところ仕事の自由度、いいかえれば裁量権にある。自分自身で判断したり、決定したりする機会がなければ、仕事で創意工夫する力は育まれない

部下を育てたいと思うなら、部下の仕事への姿勢、能力を信じて仕事を任せてみることだ。人は失敗から学べることもあり、裁量権があればそれなりの責任感も生まれる。滞っていた成長のスピードも上げることができるだろう。

定期的に面談をする

人材育成の時間をあまり確保できない場合であっても、定期的な面談時間は確保しておきたい。定期的に部下と話す機会を作って、コミュニケーション不足を補うためだ。

面談時は、部下の仕事ぶりを指摘するのではなく、部下の悩み相談やフィードバックに時間を割く。特にフィードバックについては、部下のモチベーションを下げないための工夫が必要だ。

具体的な仕事の場面を取り上げながら、課題と解決案までを提示し、あまりストレートな表現にならないように配慮したい。

社内SNSのGoalousは、部下とのコミュニケーションに役立つ。目標達成のための機能もあり、目標までの過程をフォトアクションで投稿できるため、直感的にプロセスを把握することが可能だ。

部下のアクションにはGoalousで反応も返せるので、ポジティブな反応で部下のモチベーションアップにも活かせる。これまでのプロセスを簡単に把握できる評価機能は、部下へのフィードバックにも役立つだろう。部下との信頼関係を築きあげるためにも、この機会にぜひGoalousの導入を検討していただきたい。

まとめ

人材育成を成功させるためには、部下にある程度の裁量権を持たせること、しっかりコミュニケーションを取ることも必要だ。日々のコミュニケーションに割く時間がないなら、直接的なものだけでなく、Goalousのようなツールをとおしたコミュニケーションも活用していきたい。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

https://www.goalous.com/blog/ja/teams/how_to_raise_new_employees
イマドキの新入社員は手ごわい?新入社員の育て方

一人前の社会人に育てる!新入社員の研修内容を設計する方法


一人前の社会人に育てる!新入社員の研修内容を設計する方法

人材育成を成功させる方法とは?優秀な人材が育つポイント


人材育成を成功させる方法とは?優秀な人材が育つポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です