業績アップに繋がる可能性もある目標管理制度とは?

目標管理制度は、25年以上前から日本の企業で導入されている制度である。かつての年功序列の縦社会から、成果主義へ変革を遂げる際に採用されるようになった。

比較的長い歴史があり、目標管理制度を取り入れている企業は数多くある。それでも上手く機能させなくては業績アップにつながらず、逆に社員のモチベーションを下げてしまうことになる。

ここでは、目標管理制度を紐解いていき、有効的な活用方法を探っていきたい。

目標管理制度とはなにか?

目標管理制度は、1991年頃から日本で導入され始めた制度である。今では多くの企業が採用しているといわれ、成果に応じた人事評価をおこなうために使われている。

個人やグループの目標を企業の目標と紐づけて設定し、成果を上げるために用いられている。しかし本来の目的は、上司が部下を評価するために部下へ自己の行動管理を行わせるという意味で目標管理制度はつくられている。

目標管理制度とは

目標管理制度とは、経営の父と称される経営学者ピーター・F・ドラッカーが1954年に提唱したものである。「Management by Objectives」を略して、「MBO」と呼ばれる。

Managementが管理、Objectivesが目標で、直訳をすると「管理目標」となる。

日本の企業が目標管理制度を利用するとき、個人やグループで目標の設定を行う。設定する目標は会社の業績アップにつながるよう、全体の目標と紐づけることが重要である。

目標を設定するときのポイントは以下となる。

  1. 具体的で明確な数値で表せるような内容にする
  2. 無理のない適正な目標とする
  3. タイムスケジュールを設定する
  4. 目標達成するまでの行動を明確にする
  5. 企業と個人やグループとの目標をリンクさせ、個人やグループの役割を考慮した目標とする

目標管理制度のメリット

導入するメリットとしては、社員のモチベーションアップにつながる点である。目標管理制度では、上司から一方的に目標を決められることがない。

あくまで上司と部下が目標を話し合いながら、何をどのような手法で達成するかを考えていく。そのため、個人には自ら行動をする自主性が生まれることになる。

また、企業の生産性をアップするためには、一人ひとりの社員のモチベーションが重要な要素となる。目標管理制度は、個人のやる気を引きだすためにも活用することができる。

目標管理の流れやポイント

目標管理を行う上で、いくつかポイントがある。目標管理制度を人事評価のためだけに利用をすると、目標達成スキルが高くない社員に不満が募り、数字を押し付けられていると感じるケースもでてくる。

目標管理制度の基本は、企業の目標にリンクした目標を個人やグループで達成する点にあるといってもよいだろう。そのため、流れやポイントを押さえて社員のモチベーション向上につながるようになければならない。

目標管理の流れ

まず個人やグループで目標の設定を行う。次に、目標達成までの計画やタイムスケジュールを練っていく。

そして、進捗度の確認は上司と部下が積極的にコミュニケーションを取りながら行っていく。計画で設定した期日がきたら、目標の達成レベルについて上司が評価を行う。

評価を行ったあとは、今後の目標について改善点・問題点を明確にし、次の目標に向けたフォローをすることが求められる。

目標管理制度では、常に企業の目標と紐づいた目標を社員が持つ必要がある。そのため、時には目標数値が変動したり目的が変わったりすることもありえる。

したがって、個人やグループが目標に向けて行動をしているとき、上司は状況を常に把握しておく必要がある。

企業の目標自体に変更が生じた際、上司は個人やグループに対して適切なフォローと指示が必要となる。上司やリーダーの役割を担うには、個人やグループへのマネジメントスキルがなくては難しい側面がある。

目標管理の流れは、上司やリーダーと個人やグループの関係性も重要な要素といえるだろう。

目標管理のポイント

目標管理のポイントとなる気を付けるべき点もある。

  1. 具体的で明確な数値で表せるような内容にする
  2. 無理のない適正な目標とする
  3. タイムスケジュールを設定する
  4. 目標達成するまでの行動を明確にする
  5. 企業と個人やグループとの目標をリンクさせ、個人やグループの役割を考慮した目標

ほかにも、目標に向けて行動をしている社員のモチベーションが低下しないように、上司やリーダーはフォローをするように心がける必要がある。

例えば目標を追うことを追求しすぎ、個人プレーにはしってしまった社員がいたとしよう。その軌道修正をするのは、上司やリーダーの役割だ。

そして目標管理の流れでも述べたように、上司やリーダー・人事担当にあたる評価者の育成も欠かせない。部下やグループを導いていくためには、一定のマネジメントスキルが必須となる。

目標管理制度を円滑に進めるうえで、上司やリーダーと個人やグループのコミュニケーションが重要だ。上司やリーダーは、ひとりひとりの社員に目を向けなくてはならない。

定期的に面談を行ったり、日報で現状を把握したりと方法はさまざまだ。

なかでも、便利に素早く情報共有をするならコミュニケーション型目標達成サービス「Goalous(ゴーラス)」を活用することで効率よく成果が出せる。
是非一度セミナーに参加して目標管理制度についての有益な情報を手に入れてほしい。

セミナーのお申し込みはこちらから↓
https://peatix.com/group/66244

まとめ

目標管理制度は、業績アップに繋がる可能性を秘めている。企業全体が持つ目標に沿って、ひとりひとりの社員やグループが目標を持ち達成していけば、全体の底上げになり業績にも大きく関わってくる。

目標管理制度をうまく機能させ、社員のモチベーション向上を心がけよう。上司やリーダーのしっかりとしたフォローも必要で、企業からの一方的な制度になってしまうと社員にとって良いものとはならない。

現在はさまざまな社内コミュニケーションツールがあり、社員ひとりひとりが自社の目標や方向性を理解することが、目標管理制度成功の秘訣である。

目標管理 無料セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です