部下をマネジメントする際の流れ・必要な能力を徹底解説

マネージャー職に就いたばかりだと、どのように部下を指導しマネジメントしていくべきか、詳しく分からない人も多いだろう。部下のマネジメントのためには何が必要になるのか。

この記事では、部下をマネジメントする流れ、マネジメントのために磨いておきたい能力について説明する。

部下へのマネジメントの流れ

マネージャーとして部下に対しどのようにマネジメントしていくべきか、まずは全体のマネジメントの流れから見ていこう。

仕事の動機づけをする

部下が意欲的に仕事に取り組めるようにするには、仕事の動機づけが重要である。動機づけのために、部下が発言できる環境、チーム内で協力し合える環境を整備しておく。動機づけがうまくできれば、部下のモチベーションを引き上げることができるだろう。

さらに、部下のモチベーションを保つには、ひとりひとりに合った目標を設定することも重要なポイントといえる。個別に目標を設定する場合は、以下の点を意識してみると良いだろう。

・部下が努力するべき方向性に合った目標か
・目標をとおして成長が見込めるか
・自分のこととして部下が捉えられる目標か

指導をする

目標を設定したあと、あとは個人で努力するようにと、部下に目標達成のすべてを委ねてしまうのは良くない。部下が目標を達成できるように導き、方向性がずれたら、必要に応じて軌道修正を行うのもマネージャーの役目である。

目標達成のサポートと合わせて、上司として部下の精神的なサポート、トラブルが起こったときのサポートも行うようにする。

重要なことは、普段はサポート役としてついておき、必要に応じて部下が成長できるように指導することである。指導のしかたも、部下の仕事に対する理解度、性格などに合わせてカスタマイズしていく必要があるだろう。

フィードバックを行う

部下のマネジメントのためには、適切なフィードバックをすることも忘れてはならない。フィードバックがないと、部下は仕事に対する自身の評価が分からないままである。

上司から評価が示されれば、部下は仕事がどれくらいできたか自信がつき、何ができなかったかの反省を自ら考えられるようになるだろう。部下のモチベーションを上げるためにも上司によるフィードバックは重要になる。

適切なフィードバックを行うためにも、部下自身が自分の良さ、欠点に気づけるように働きかけたい。

部下のマネジメントをする際の必須スキル

部下のマネジメントの手順について説明したが、はじめからマネジメントがうまくできる人は少ないだろう。マネジメントがうまくいかないのは、現場の仕事ではなく、マネジメントに必要なスキルが十分にないためである。

部下が仕事に対して意欲的になれるようマネジメントするには、主に3つのスキルが重要と考えられる。

リーダーシップ能力

部下のマネジメントでは、リーダーシップ能力が必要とされる。リーダーシップとは、目標達成に向けて、チーム全体を引っ張っていく力のことである。しかし、強引にチームをまとめたようでは部下は思うようについてこない。

部下のお手本になるような行動を示せること、メンバーそれぞれの得意不得意を知ってうまくまとめる力こそが、真のリーダーシップといえるだろう。

リーダーシップ能力が備わった人物がマネージャーとして動けば、チーム全体の流れが良くなり、結果としてチームとして高い成果を生み出すことになる。

思考力

仕事の熱意、部下を思いやる気持ちだけで、仕事がうまく進むわけではない。マネージャーとして人の上に立って指導する人物には、論理的にものごとを考えられる思考力が求められる。

論理的思考力が十分でないと、そもそもの問題やトラブルの対処法が見極められず、思うようにチームを動かせないためである。

論理的思考力は、現状を分析して、課題解決を行うために重視される。論理的思考力が育っていれば、トラブルが発生したときでも、冷静に人を配置し、適切に対処できるだろう。

このように、論理的思考力は、仕事の全体を適切に動かすための能力としてマネージャーにとっては必要なものといえる。

コミュニケーションスキル

マネージャーは、部下だけでなく、上司や取引先など、さまざまな立場の人と関わる機会が多い。そのため、コミュニケーションスキルが重要視される。

管理職に求められるのは、円滑に会話するだけでなく、組織のリーダーとしてコミュニケーションをとおして周りに働きかける力である。部下とのコミュニケーションにおいては、仕事の悩みや相談など、部下の言葉によく耳を傾けることも必要となる。

このように、チームをまとめ、部下からの信頼を得るにはコミュニケーションスキルが欠かせない。コミュニケーションスキルはほかのスキルと比較して伸ばしやすいので、これを機に、コミュニケーションに悩みがあればツールを活用するのもおすすめ

社内SNSのようなコミュニケーションツールを利用することによって、メールよりも気軽に密なコミュニケーションが叶う。ツール導入を考えるなら、Goalous(ゴーラス)がおすすめである。

メッセージ機能のほか、部下の日々の仕事の状況がわかるゴール機能もあるため、マネジメントにも適している。メンバーそれぞれの目標に対する成果や過程を確認することで、フェアな評価にも活かせる。

まとめ

マネージャーとして部下をマネジメントするには、しっかり手順を踏んでマネジメントすること、必要な能力を磨くことが重要だ。部下とのコミュニケーションに不安があるなら、チャット機能により気軽なコミュニケーションが可能となるGoalousを取り入れてはいかがだろう。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

マネジメントで成果を上げるには?具体的な解決法3つ!


マネジメントで成果を上げるには?具体的な解決法3つ!

マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介


マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介

初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?


初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?

Goalous編集部

投稿者: Goalous編集部

人事・広報・PR・営業などなど、異業種メンバーで構成されたGoalous編集部! それぞれの目線で、さまざまなお役立ち情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です