企業文化で従業員を育てよう!その重要性と事例をご紹介

会社経営を続けていく上で、社員たちの意志を統一することが欠かせない。

事業を成長させるために、新しい人材を求めて採用活動をしても、採用後の研修が思うようにいかないこともある。
「働きづらい」という意見や、価値観の相違という理由から退職する者もいるだろう。そのような事態は企業にとってマイナスでしかない。

では、強い企業になるために、マネージメントをする立場の人間や、企業のトップが意識したい「企業文化」とはどういうものなのか?
本記事で説明していきたい。

企業文化の定義

企業文化とは、「企業の中で共有される価値観」である。この価値観は、企業とそこで働く従業員がものごとを判断するときの基軸の役割を果たし、行動のあり方決める非常に重要なものである。

企業文化とは

創業間もない企業で創業時のメンバーが多く在籍している場合は、社内での意志の統一は難しくない。しかし、従業員が増えてくると、統一感が少しずつ薄れていってしまう。そこで大切なのは「企業文化」を根付かせることである。

企業文化の具体例を以下に挙げる。

  • 「スピード重視」なのか、「慎重に着実にものごとを進める」こと重視なのか
  • 「挑戦し続ける」のか、「安心・安全」を求めるのか
  • 「個人」なのか「協力」なのか

IT業界や、ものづくりをする製造業は「創造性」「革新性」に重きを置く傾向がある。一方、サービス業界の多くは「助け合い精神」を大切にする文化ともいえる。

しかし、この企業文化は、クライアントや取引相手など外部から影響を受けて変化を続けるものである。

企業風土との違いは?

企業文化と似た言葉で、「企業風土」というものがある。企業風土とは、目的やゴールへのアプローチの仕方、コミュニケーションの取り方、そしてその企業で働く人と人がつくる空気感などをいう。その企業内だけのローカルルールなども該当するだろう。

人の手でつくりあげた「文化」と異なる点は、「風土」は時流や外部からの影響を受けず、そこに集まった人の人間関係によって自然と培われてきたものといえる。人間でいうところの、性格と言い換えられるかもしれない。

「企業文化」がうまく従業員に浸透し、そこに集まる者が「企業風土」に適応していくことができれば、相乗効果で労働生産性が上がることが期待できる。これは企業が成長するためには不可欠な要素となる。

企業文化が会社に与える影響

あなたの会社で働く社員たちは、「自分がどこに向かって仕事をしているのか」ということをしっかりと理解しているだろうか。これは目先の業務の話ではない。

社員が安心して働ける

企業が成長するためには重要な「価値観の共有」は、皮肉なことに事業の規模が大きくなると難易度が上がってしまうケースが多い。さらに、「目指す先」が曖昧になってしまうことで、従業員が不安を感じてしまう悪循環に陥る。

一方、企業文化が社内に浸透していると従業員は安心して働ける。同じ目的地を目指す仲間(同僚)がいるとわかると、「個」ではなく「チーム」のとしての意識が強くなる。

この「チームの中の自分」という意識が、自分の役割を明確にするきっかけとなる。

業務上のメリットは?

価値観が共有されていると、分岐点に立ったとき次に取るべき行動の判断がしやすくなる。
業務内で悩みごとができたときには、『「行動の指針」は何であったか』と原点回帰することができる。

また、社内で共通の判断基準があるため、すべてを説明する必要はない。情報の伝達量を減らせることも社内業務の効率化・スピードアップに繋げることが可能である。

同じ方向へ向かって仕事をする従業員たちのその姿勢や、社内の一体感は、企業としてクライアントや取引相手からの信頼を得る契機となりうる。

メリットは社内の職場環境だけに留まらない。つくるモノや提供するサービスなどのプロダクトにも、企業文化は反映される。

企業文化を社員たちに浸透させていくには

企業文化はその企業の土台である。基礎部分の土台がしっかりしていないと、些細なことがきっかけで企業の根幹を揺るがしかねない。

しかし、土台とは本来「見えない部分」にある。ゆえに、まずはじめるべきことは、姿形のない企業文化を「ことばにすること」である。

明文化と活用と枠組み

企業文化を浸透させるには以下のような方法がある。

  1. 企業文化を明文化する
    企業のトップが考えていることを、行動指針やスローガンにして明文化をすることである。
  2. 協議する
    企業文化、行動指針について話し合う場を設ける。「ことば」で伝えるだけではなく実例などを用いたロール・プレイングなども有効。新入社員に対しての就業前の研修はもとより、既存の社員へ発信しつづけていく作業も必要になるだろう。
  3. 明文化による成果を共有
    社内ニュースや社内報によってコンスタントに情報の発信を続けていく。

他社の事例は?社内SNSツール「Goalous」が使える?

有名な企業文化を、社員たちへ根付かせられている有名な企業といえば、トヨタが挙げられる。
この日本の看板企業ともいえるトヨタは、2001年に「トヨタウェイ」として共有する価値観を明文化した。

全世界のトヨタグループで働く約30万人もの人に向けてあらためて「ことば」で伝え、人材育成のための専門組織をつくりあげた。

サイバーエージェントでは、より企業文化の浸透に力を入れるために専門の部署を設立することからはじめた。その部署を任せる人選にもこだわった。
この専門部署の取り組みとして一つ目に社内報がある。活躍が目覚ましい社員をピックアップしてインタビューをし、それを他の社員と共有する。社内で新しい取り組みがある場合はレポートもして、毎週複数記事の更新を続けている。

二つ目にケーススタディを継承すること。過去の失敗をしっかりと分析し全社で共有・教訓にする取り組みである。

Goalous(ゴーラス)」は、企業文化を浸透させ、社内のコミュニケーションを活発するために実用的な社内SNSツールである。オープンゴール機能で、企業が目指しているビジョンを明確に示すことができる。同僚の仕事や仕事に向かう姿勢から刺激を受けて、モチベーションの維持をも助けるだろう。

Goalousはパソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットのアプリから利用ができ、外出先からもアクセスが容易であるため非常に便利だ。

※更に知りたい方は資料をダウンロード

また動画で知る事もできるのでチェックしてみよう。

まとめ

企業が強くなるため、そして成長するためには、社内に「企業文化」を浸透させることが重要である。業務が円滑に進むのみならず、企業の財産である従業員のモチベーション向上にも繋がる。

企業文化を社員たちに浸透させ、従業員を育てたいと感じたらすぐ行動に移すと良い。
それぞれの企業文化にあった、取り組みや制度を確立することが、成功企業への扉をひらく鍵となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です