従業員の正しい評価方法と注意点

経営者が悩まされる問題のひとつに、従業員の評価がある。社員の働きぶりを確認しながら、その結果を会社の成長へと活かすために重要であるからだ。

しかし、人材を評価することは決して容易なことではない。

初めて従業員を評価する場合、どのような方法を取り入れれば良いのだろうか。どうすれば社員一人ひとりを公正に、正しく評価することができるのだろうか。

従業員を評価する目的やメリットを理解した上で、正しく評価することが大切だ。ここでは、具体的なノウハウやツールを、詳しく紹介しよう。

従業員を正しく評価する必要性

多くの企業は四半期ごと、半期ごとなど定期的に従業員評価をしているが、本来何のために行うのだろうか。

従業員の評価の基本情報を紹介する

従業員の評価を行うことは、一般的に「人事考課」や「人事評価」と呼ばれている。会社が社員に対して求めている目標に対しての成果・達成率など一定期間内で客観的に評価する。

従業員の評価は会社の公平な評価基準や、今後の意向を示すだけではなく、賞与・ボーナスの金額や昇給・昇進の査定につながっていくのだ。

従業員の評価のメリット

人事考課・人事評価には、どのようなメリットがあるのだろうか。3点紹介していこう。

1.従業員のモチベーションが上がる

社員にとって、短期または、中長期的に設定した目標を振り返る機会となる。達成できたこと、達成に至らず改善したいことを整理すると同時に、次期で実現したい目標を設定する。

次に目指すゴールや、何に挑戦するのか、やるべき行動が明確になれば、おのずとモチベーションが上がっていく。

2.コミュニケーションが取れる

評価は、通常従業員と直属の上司が行うことが多い。評価する立場から直接フィードバックを受けることで評価者の思いが伝わりやすく、円滑なコミュニケーションが生まれる。

上司と部下、そしてチームや組織全体のコミュニケーションが活発になることで、従業員は自己の重要性だけではなく、会社へのホスピタリティを高めることになる。

3.社員のスキルが把握できる

従業員が取り組んだ成果から、現在の部下の能力や技量を把握することが可能となる。例えば、仕事の割り振り・仕事量・各業務の適性などの判断材料となる。チームやグループを管理する上司にとって、社員のスキル把握は必須である。

以上3点を取り上げたが、これらのポイントを満たして評価をすることは、個人の力だけでは難しい。

メリットを最大限活かすためには、効率的に、そして正確に評価を行うことができる社内SNSなどのツールを活用することをおすすめする。

コミュニケーション型目標達成サービス「Goalous(ゴーラス)」なら、会社のメンバーのゴール(目標)・アクション(活動)をオープンにし、全員が高いモチベーションでゴールを達成することができる。

Goalousを取り入れることで、個人の成果がわかりやすい組織づくりを目指すことができるのである。

従業員を正しく評価する方法

メリットを活かすために、従業員を正しく評価する方法を紹介しよう。

評価の方法

評価方法はさまざまあるが、とくに注目を浴びている方法を取り上げてみよう。

・360度評価

多面評価とも呼ばれており、上司・同僚・部下など複数の立場から、強みや改善点などを評価する。他者からの視点を活かして、自分では見えていない評価・問題を把握できるようになる。

・リアルタイム評価

一年中どのタイミングでも評価できる仕組。日常的な細かなポイントを評価でき、上司や社員が頻繁にコミュニケーションすることができる。

・バランス・スコアカード

日本の企業では代表的な手法。社員が自ら目標を設定、行動に移してフィードバックをする自律型の評価システムであり、成功事例も多いので導入しやすい方法のひとつ。

・KPIによる評価

「Key Performance Indicator」の略であり、重要業績評価指標という。設定した目標に対して達成状況を定点観測し、かつ細かなプロセスを振り返ることで、より良いパフォーマンスを実現するために活用されている。

・バリュー評価

業績や成果など業務における評価ではない。社員の行動指針や、企業のミッション・ヴィジョン・ポリシーと連動した評価を行う。

これらの評価方法から、自社に適したものはなにか考えてみよう。

評価で気を付けるべきこと

どんな方法で評価を行うにしても、気をつけなければならない点がある。

それは、何よりも公正で客観的であることが重要であり、先入観や個人の視点を入れないことだ。職場の人間関係が良好であるほど、主観的な考えで評価していないか気をつけて評価が必要だ。

事実や根拠、明確な基準・ルールに基づいた評価をすることで、社員全体の信頼性を築くことができる。

さらに、上司が持つべきは人材育成の観点である。従業員を評価して、人事制度における査定をするだけではなく、個人の能力が成長するよう導くことも意識しなくてはならない。

個人の能力を最大限に活かすことで、チームや組織の利益拡大、コスト削減など企業活動が円滑に進む。評価制度を上手に活用していこう。

まとめ

従業員の評価について、そのメリットや評価を正しく行うための具体的な方法を取り上げてきた。

評価をすることだけが重要なのではなく、評価を活かして、社員のモチベーションや能力を上げながら、企業を発展させることがもっとも大切である。

そのためにも従業員の評価制度を、うまく取り入れてみてほしい。
従業員評価以外にも組織運営についてお悩みがある方は、Goalousセミナーへの参加をおすすめする。

目標管理 無料セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です