社内SNSの効果は?成功するためのポイント

社内SNSの導入は、会社にさまざまな利益をもたらしてくれる。しかし一方で、運用の仕方を間違えば、うまく機能してくれないこともある。また、SNSの導入を成功させるには、ツールごとの特性を理解し、自社に合ったものを選ぶ必要がある。

ここでは社内SNSの効果をまとめたうえで、それらを効率よく運用するためのコツを解説する。自社の状況と照らし合わせ、最適な道を探る指標としてほしい。

社内SNSで会社を一体化する

SNSを導入すると、社内のコミュニケーションが盛んになり、一体感が生まれる。関わる機会のなかった人同士が接点を持ち、新たなアイデアをもたらしてくれることもある。

また、リアルタイムなやり取りは業務の効率化にもつながり、メールを打つ手間やデスクを離れて確認に行く時間を節約できる。SNSは会社を一つに結びつけてくれるツールといえるだろう。

コミュニケーションの活性化

SNSには、相互コミュニケーションを活性化させる作用がある。そのため、SNSを社内でうまく活用できれば、普段はかかわる機会の少ない人材同士が接点を持てるようになる。会社と社員の「タテ」、他部署との「ヨコ」、他部署の上司などの「ナナメ」の関係づくりに役立つのである。

リアルタイムなやり取りができる点も、SNSの強みだ。SNSで情報を共有すれば、離れた部署の状況を素早く把握できるだけでなく、自分のデスクを離れることなく質問を投げかけることも可能になる。

部署間の情報格差はなくなり、相互コミュニケーションによる新たな気づきが生まれる可能性もある。スピーディーなやり取りを続けるうちに、蓄積された情報は現場の財産になるだろう。

また、社内SNSは社員と経営陣との距離を縮めるのにも一役買う。メールや社内報などでの情報発信は、一方通行になりがちである。対してSNSは、社員にとってより馴染みがあり気軽にチェックしてもらいやすいとともに、それぞれの情報に対して反応もできるため相互間のコミュニケーションが生まれるというメリットがある。

会社の価値観を社内全体に浸透させたいときに、SNSは最適な情報伝達ツールということができるだろう。

期待される相乗効果

社内SNSの活用は、業務の効率化にもつながる。メッセージは時系列順に表示されるので、メールを読み返すよりも短い時間で会話の内容を振り返ることができる。さらに、メールを打つよりも気軽に文章を作成できるうえ、電話をして相手の動きを拘束してしまうこともなくなる。

社内の風通しをよくしたいときにも、SNSは有効だ。普段は関わることがない部署同士に接点ができ、一体感が生まれる。互いの協力体制が確立できれば、新たなアイデアを発掘できる可能性は広がるだろう。

組織内で自由なやり取りが交わされるようになれば、社員のモチベーション向上も期待できる。オープンな発言が許されている職場環境は、社員の定着率を上げてくれるかもしれない。SNSの運用は、中長期的に見て、さまざまな相乗効果を生んでくれるだろう。

社内SNSの効果を発揮するには?

ただSNSを取り入れただけでは、会社が得られるメリットは少ない。効果を発揮するには、正しい運用方法を知っておきあらかじめ導入に備えておく必要がある。また、どのSNSが自社に合っているのかの見極めも大切だ。ここでは、SNSの選び方、導入前の準備について解説する。

導入時にするべきこと

まずは、導入する目的をはっきりさせることが大切である。目的意識が曖昧なまま導入してしまうと、業務と関係のないことばかりで利用されてしまう可能性がある。利用目的が明瞭でないとなにを投稿してよいかわからず、使いづらいはずだ。

目的を定めても、それを周知し目標達成のために努力するものがいなければ意味がない。そこで有効なのが、SNSの運用に携わるメンバーを集めることだ。社内全体からバランスよくメンバーを集め、プロジェクトチームを立ち上げるとよい。

チームの目標は、会社の成長のためにSNSをどのように活用できるかを考えることである。目的意識を持って運用することで、SNSの有用性は高まるはずだ。

初めから多くの従業員にSNSを使わせることは難しい。そのため、まずは小規模で試験的に運用し、会社に合った仕組みをつくるとよいだろう。

ツール選びも重要

SNSを導入する際は、ツール選びも重要になってくる。自社に合ったSNSを選ぶコツは、目的と機能を照らし合わせることだ。

たとえば、コミュニケーションを活性化させたいなら、タイムラインや掲示板のあるSNSを選ぶとよい。業務の効率化をはかるなら、タスクやスケジュール管理ができるものを選びたい。無料のお試し期間を設けているツールも多くあり、導入する際にはチェックしておこう。

中でもコミュニケーション型目標達成サービスの「Goalous(ゴーラス)」
は「会社の目標を社内全体に浸透させたい」ときに有効といえる。
社内SNSの機能だけでなく、「ゴール(目標)」の設定機能があり、個人が定めた目標を周知できる。ゴールに対してコラボレーションもできるため、チームでゴール達成を目指すことができる。

15日間の無料トライアルができるので、まずは気軽に導入し、有用性を確かめてみてほしい。またセミナーに参加することでよりGoalousに詳しくなれるだろう。

まとめ

社内SNSは利点の多いツールではあるが、ツールであることに変わりはない。大事なのは使う側がいかに特性を理解し、有益に活用するかだ。SNSごとの特徴を把握し、自社に合ったものを選ぶべきである。

Goalous、SNSを運用していくうえで難しいとされている仕事で使える「ゴール(目的)」の設定に特化している。社内全体に自社の目標を周知させたい企業にとって、有益なツールであることは間違いないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です