企業の成長に欠かせない!従業員満足度を向上させる方法

離職する社員が多いと悩んでいる企業は、従業員満足度が低いことが原因かもしれない。顧客満足度は重視されることもあるが、従業員満足度はどうだろうか。ここでは、従業員満足度は企業にとってどんなプラスの効果をもたらしてくれるか、従業員満足度向上にはどういったアプローチがあるか解説していく。

従業員満足度とは

従業員満足度は、英語でEmployee Satisfaction(エンプロイー・サティスファクション)といい、ESと略されることもある。従業員の、企業に対する満足度を表した指標だ。

ここでの満足度は、報酬や福利厚生など、従業員の利益に直結するものだけが影響するとは限らない。仕事内容や人間関係、働く環境、企業理念への共感なども従業員満足度に関係してくる。

近年、経営指標のひとつに従業員満足度を取り入れる企業も多いが、これは従業員満足度を高めることで、個人や組織のパフォーマンス、さらに業績を上げることが狙いだ。

従業員満足度を上げると企業にとってプラスになる

従業員満足度の高まりで企業の業績アップも期待できるといったが、それはなぜか。従業員満足度が上がることによって企業にもたらされるメリットを挙げてみる。

生産性がアップする

従業員満足度が高いと、会社や上司にやらされている感は少なくなる。仕事をポジティブにとらえられるようになるためだ。これによって、仕事に対するモチベーションが高まり、自発的に仕事を進める社員が増える。

また、従業員満足度が高いということは、社内の人間関係も比較的スムーズにとれているということだ。つまり、チーム内、あるいはチーム間の連携がうまくいくようになる。これにより、生産性が上がり、結果的に売上アップも期待できるだろう。

人材が定着する

従業員満足度が高いということは、企業でこれからも働きたいと考える従業員が多いとも評価できる。つまり、企業に不満を持って離職する従業員が少なくなるということだ。結果的に、人材を定着させ、離職率を下げる効果が期待できる。

離職する従業員が減れば、採用の手間もコストも抑えることが可能だ。浮いた採用コストは、事業への投資など別の部分に活用できる。

顧客満足度の向上につながる

仕事への満足度が高いと、自分の仕事に対して興味を持ち、自社製品やサービスについて、もっと知識を深めたいと考える社員も多くなる。うまくいけば、顧客に対してよりきめ細やかな対応を期待することが可能だ。

また、従業員満足度が高いということは、仕事に価値を見出す社員も多いということ。接客のに個人のこだわりや積極性が反映され、顧客に対してより柔軟に対応できるようになる。企業では顧客満足度が優先されることも多いが、結果的に顧客満足度が高まる可能性を考えると、従業員満足度とのバランスも重要だ。

このように、従業員満足度を上げると、多くのメリットが会社にもたらされる。

従業員満足度を上げるための方法

従業員満足度の向上は会社にとってプラスになることを先に話したとおりだが、重要なのはどのようにして従業員満足度を上げるかだ。ここでは、主な3つの方法を紹介する。

企業のビジョンを浸透させる

企業理念への共感も従業員満足度につながっているとお話しした。報酬や福利厚生などの目に見える評価だけでなく、社会の一員として貢献することに働きがいを見出す社員も少なくないためだ。

しかし、企業が今、どのような方向を向いて、どういった成長を目的にしているのか明らかでないと、社員は企業活動に共感することもできない。従業員満足度を高めるには、企業理念やビジョンを、社員全体に共有する機会をつくり、今後どのように成長していくか説明することが重要だ。

評価基準を明確にする

いくら仕事内容に満足して企業理念に共感できたとしても、評価がともなわなければ社員のモチベーションは下がってしまう。従業員満足度を上げるには、成果に見合った正確な評価が必要になる。

一律や不透明な評価だと、どれだけ仕事をしても評価されないと社員の不満につながってしまうためだ。成果を評価し、評価に見合った報酬体系を整えることが急がれる。

なお、評価基準を明確にすれば、社員はどこを改善するべきか見出しやすくなるメリットに注目しよう。これにより業務改善が行われれば、結果として生産性向上や業績効率化にもつなげることができる。

コミュニケーションを活発化する

従業員満足度は社内の人間関係も反映される。そんな社内の人間関係に不満を抱く理由のひとつが、コミュニケーションがうまく取れていないことだ。コミュニケーションを活発化するには、ひとりひとりの意見が尊重される環境、上司や部下が気兼ねなく話せる環境整備に取り組む必要がある。

社内のコミュニケーション活性化は、Goalousがおすすめ。社内SNSでフォトアクションを起こすことにより、チームの士気が高まり一体感を生み出すことができる。個々の作業の見える化によって、これまで以上の連携が可能だ。

まとめ

従業員満足度は、従業員の企業に対する評価を明確にするだけでなく、満足度を上げれば、生産性アップなど企業にとってもメリットがある。従業員満足度の向上にはさまざまなアプローチがあるが、外的要因ばかりでなく、社員間のコミュニケーションなど内的要因も重視することが大切だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です