マネジメントをやりづらい環境の原因と解決策を徹底解説

企業においてチームのリーダーや部下を持つ立場になると、全体をまとめるマネジメント力が求められるようになる。

しかし、環境によってはマネジメントがしづらいと感じる場面もあるだろう。マネジメントがしづらくなる背景には「環境要因」があると考えられる。

この記事では、マネジメントをしづらくしている環境要因に加えて、うまくマネジメントを行うための対策方法について紹介していく。

マネジメントがしづらい環境の特徴とは

マネジメントがしづらい環境には、共通する特徴がある。適切なマネジメントを行うためにはこの特徴を的確に見つけ出し、対策を講じることが重要といえる。

では、どのような環境が影響してマネジメントしづらくなるのだろうか。ここからは、マネジメントを難しくしている環境要因について見ていこう。

仕事以外のコミュニケーションが不足しがちな環境

仕事以外のコミュニケーションが不足しがちな環境にいると、マネジメントも難しくなってしまう。

相手の考え方や仕事観、ライフスタイル、性格の傾向などがわかりにくくなるためである。

コミュニケーションによって相手の考え方や性格の傾向を把握できなければ、結果的にマネジメントがやりづらくなる可能性がある。

チームのことを思って指導や意見をのべ、マネジメントしたつもりが無理強いされている印象に映りかねない

とくに、近年増加傾向にあるテレワークやコアタイムを設けない働き方では、コミュニケーション不足に陥りやすいため注意が必要といえるだろう。

コミュニケーション不足によるマネジメントの難化は、コミュニケーションを活性化させることで回避できる

次項でも詳しく紹介しているので、合わせて確認していただきたい。

お互いの仕事に対して協力しにくい環境

お互いの仕事に対して協力しにくい環境も、マネジメントを難しくしている要因のひとつといえる。

チームの一員として仕事を進めていく足並みが揃わなくなり、結果的に業務効率の低下につながる恐れもある。

「誰が何の仕事を行っているのか」「進捗状況はどの程度なのか」ということをお互いに把握していなければ協力し合うことは難しいだろう。

協力せず、ひとりよがりに仕事を進めていると、さらにお互いの状況が把握しにくくなる悪循環に陥ってしまう。

協力して仕事に取り組むことができなければ、確認不足によるミスが増えてしまう可能性もある。

マネジメントを行う立場にある人間が指導責任を問われる場合もあるため、仕事の状況を把握することも重要な要素のひとつだといえる。

マネジメントしづらい部下への対処法

マネジメントしづらい環境要因について把握したところで、実際に対処を行うにはどのような方法を取れば良いだろうか。

チームとしての、信頼関係の構築やマネジメントしやすい環境を整える必要があるだろう。

ここからは、マネジメントをうまく行っていくための具体的な対処法について紹介する。

積極的にコミュニケーションをとる

コミュニケーション不足によって相手の仕事状況が把握できなくなると、マネジメントが難しくなることは上述のとおりである。

つまり、コミュニケーション不足を解消すれば、マネジメントしやすくなる環境を作ることが可能になるといえるだろう。

積極的にコミュニケーションを取るためには、まず挨拶から始めることが基本になる。

また、業務における報告・連絡・相談の三原則をしっかりと意識し、やり取りを行うなどの工夫も重要である。

普段からコミュニケーションを円滑に取れていれば、悩みや疑問点を気軽に相談しやすい環境を作ることができるだろう。

結果的に社内やチーム全体の雰囲気が明るくなり、ミスや抜け漏れ、進捗の遅れなどを防ぐことにもつながるのではないだろうか。

褒めたり、感謝の言葉を伝えたりする

コミュニケーションを取る手段のひとつとしても役立つのが「褒めること」「感謝を伝えること」である。

たとえば、業務でなんらかの成果を挙げた際、具体的に褒めることで社員のモチベーション向上にもつながるだろう。

また、チームに貢献していることを感謝するなど、役立っていることを実感できる環境を整える必要がある。

できないことを指摘するよりも、まずはできていることに目を向けることが重要である。

褒めた上で「ここを改善すればもっと良くなる」という指導を行うことで、社内の雰囲気が明るくなると考えられる。

提案・アドバイスを積極的にする

提案やアドバイスを積極的に行うのも、マネジメントを成功に導く鍵となる。

悪口や罵倒するようなものではなく、問題に対する解決策の例示やより良くなるためのアドバイスなどを行う形のことである。

上述の「褒める」「感謝を伝える」などの要素を織り交ぜながら指導することで、影で悪口を言われるような環境を予防できるだろう。

可能な限りマイナス要素を減らすためにも、悪口などを言わないように社内で徹底し、相談が気軽に行える環境を整えることが大切となる。

また、アドバイスや提案と同時にできているところを褒めるなど、モチベーションを引き出すこともマネジメントの重要な要素である。

協力しやすい体制をつくる

協力しやすい体制をつくり、自然にフォローし合える環境を構築する方法もある。

とくに、進捗状況や業務に関する情報共有ができていると、協力しやすくなるだろう。進捗状況の共有ができていれば、遅れが生じたときにいち早くフォローに回れる利点もある。

また、進捗状況の共有によって、目標設定に向けてのプロセスも可視化されるため、修正なども容易になるだろう。

結果的に目標達成しやすい環境を整えられるため成果も出やすく、高いモチベーションで業務を行う雰囲気を作ることができる。

雰囲気が良い状態で仕事ができれば、向上心を持って業務に取り組むことができ、マネジメントがうまく機能する状態になるだろう。

Goalousなら悩みを解決できるマネジメント方法がある

コミュニケーションツールを取り入れて、コミュニケーションの円滑化や目標管理をスムーズに行うのもマネジメントに最適な方法といえるだろう。

Goalous(ゴーラス)であれば、さまざまな機能を使って円滑なコミュニケーションを取ることができる

Goalousはコミュニケーションツールとしてだけでなく、目標管理や人事評価にも活用できるのも特徴である。

  • フォトアクション
  • フォトアクション機能を使えば写真を共有することができる。それに対して社内でコメントやいいね!ができるため、業務以外のプライベートの話題で盛り上がることも可能になる。

  • メッセージ機能
  • 思い立ったときに気軽に連絡できるのがメッセージ機能。誰が読んだかもわかるため、業務に関するやり取りの際にも利便性が高い。
    個人チャットだけではなくグループチャットも可能で、プロジェクトや部署単位でのグルーピングも容易になる。

  • ゴール機能
  • ゴール機能には、誰が何を目指しているのかが明確にすぐわかるという特徴がある。期間設定もできるため、チームメンバーの目標を一元管理する際にも便利な機能である。

  • 評価機能
  • 人事評価のプロセスもGoalous内で完結することができる。

    評価機能で評価を行えば、評価対象者が今期何をやってきたかを一目で確認できるため、評価業務もスムーズに行えるようになるだろう。

    成果やプロセスに基づくフェアな評価が実現し、評価される側も満足が得られるメリットがある。

    Goalousなら、上述のようにマネジメントをスムーズに行うための機能が充実している。マネジメントから評価にいたるまで、一元管理を行いたいのであればぜひGoalousを活用してもらいたい。

    まとめ

    マネジメントをやりづらくしているのは、部下やチームメンバーの性質だけが原因ではない。

    社内のコミュニケーションの状況や適切な評価体制、チームの把握ができているかなど、総合的な見直しが必要になるだろう。

    マネジメントができないことを自分の能力のせいにするのではなく、原因がどこにあるのかを明確にしておくことが重要となる。

    その上で、原因に対する対策として、どのような方法を取り入れるべきなのかを検討して欲しい。

    こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

    マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介


    マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介

    マネジメントで成果を上げるには?具体的な解決法3つ!


    マネジメントで成果を上げるには?具体的な解決法3つ!

    初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?


    初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?

    Goalous編集部

    投稿者: Goalous編集部

    人事・広報・PR・営業などなど、異業種メンバーで構成されたGoalous編集部! それぞれの目線で、さまざまなお役立ち情報を発信していきます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です