ひとりひとりのアクションを把握して目標を達成しよう!

目標を立ててもそこで終わってしまい、結果に結びつかない、ということはないだろうか。毎回目標にまで行きつかないのは、達成のための目標になっていないからかもしれない。組織内で目標が活かされるための、目標達成のコツを紹介する。

目標を達成するには目標設定が肝心!

目標が達成できない理由のひとつが、目標設定が適切でないことだ。設定した目標は現実的で具体性のあるものだろうか。目標設定について、まずは3つの視点から見直していきたい。

達成可能な目標を設定する

「志は高く」ともいうが、何も目標を高く引き上げる必要はない。むしろ、現実的に無理のある目標は、マイナスの感情を起こし、大きな負担になってしまう。

重要なのは、達成可能な目標にすることだ。自分、またはチームができることに焦点をあてて目標を設定する。ただし、目標なので現実的にクリアしていることを設定しても仕方ない。

今できていることを軸に、現在よりも1.2倍、1.5倍などと、達成が想像できる範囲で目標を立てるのがコツだ。達成までのプロセスがしっかり落とし込めるか、という部分に注目すると目標も立てやすくなるだろう。反対に、達成までのプロセスが見えない目標というのは、現実的でない目標ということになる。

目標から逆算してやることを決める

目標を達成するにはさまざまな行動が必要になる。たとえば、月の売上1,000万円を達成すると目標を立てても、ひとつのアクションでは達成が難しいだろう。仮に、営業活動に力を入れるにしても、今度は具体的にどういった活動をするのかということになる。

目標を達成するには、達成までにどういった行動をとるべきかプロセスを考え、目標から逆算してタスクを設定していく必要がある。

目標までの道のりが長い場合、期限が長い場合は、もう一工夫するべきだろう。あまりにも目標が見えてこないと、人のモチベーションは下がってしまうからだ。

設定したタスクを活かして、最終的な目標までに、小さなゴールをいくつか設定するとモチベーションは維持しやすい。小さな目標を立てても継続できない場合は、目標やプロセスが適切でない可能性がある。この場合は、最終的な目標、小さな目標ともに見直したい。

具体的な数字に落とし込む

目標を設定するとき、「前期よりも成績を上げる」というような内容にしていないだろうか。方向性としては間違えていなくても、これでは目標達成に向けて、何をどうしたら良いのかイメージが湧かない。目標に具体性がないためである。

それでは、「3ヶ月間に100の見積書を作成する」という内容ならどうだろう。3ヶ月のうちに達成するには、下準備はいつまでに終わらせなければならない、何件アポイントを取らなければならないなど、目標までのプロセスがイメージしやすくなったのではないだろうか。

目標に具体的な数字を入れるだけで、目標までのイメージは大きく変わる。ものごとを考える基本に、5W1H(だれが、いつ、どこで、何を、なぜ、どのように)があるが、目標を立てる際も意識したい。少なくとも、いつまでに、何をどのくらい、という部分は基本の目標に盛り込んでおくべきである。

目標を達成するためのコツとは?

目標達成には、先に説明したように適切な目標設定が重要だ。しかし、いくら良い目標が設定できても達成できるとは限らない。目標を立てたときのモチベーション、途中のモチベーション、目標間近のモチベーションと、日々やる気は変化するためである。

途中でやる気を失ってしまったら、立てた目標も水の泡になってしまう。目標達成のためにも、モチベーションを維持するための工夫を取り入れたい。ここでは、目標達成のコツをふたつ紹介する。

目標を社員全体で共有する

リーダーだけが目標や進捗を把握している状況は好ましくない。リーダー以外はほかの人が何をしているのか分からず、信頼や協力が育まれにくいためだ。目標を立てたら、チームの目標はもちろん、個人の目標も全体で共有したい。

役職にかかわらず全体に共有するのは、信頼の構築と、社員のモチベーションアップにつながるためだ。目標に向かって、だれがどういった行動をしているのか、自分がどういった役割を担っているのか知ることで、社員間で一体感が生まれる。

Goalousなら、チームで決めた目標を共有することが可能だ。社内SNSをとおして、誰もがひとりひとりのアクションを把握できるようになる。

達成したときのメリットを考える

「目標があるからこなす」のでは、なかなかモチベーションは上がらない。目標が目的になっているためだ。目標を達成するには、目的とするのではなく、目標を達成した先のことをイメージしたい。

たとえば、目標を達成すれば、個人のスキルも上がり、社内での評価も高まるのではないだろうか。組織的な目標であれば、社会や人にとって利益も生まれるかもしれない。

何のために目標を達成しようとしているのかを考えると、納得感も生まれ、達成に向けての意識も変わる。組織的に目標を達成するなら、常に目標達成後のメリットを意識できるように、社内全体で達成後のイメージを共有しておきたい。

まとめ

目標を達成するには、まず達成可能で具体的な目標に設定する必要がある。さらに、社内で目標を共有し、常に達成後のイメージを社員に持たせるなどの工夫も必要となる。目標達成のためには、Goalousのような目標の共有が可能な社内SNSの利用を積極的に検討したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です