日本と海外では違う!外国人の仕事に対する考え方

海外へ事業展開するにあたり、外国人の雇用を考えている企業もあるだろう。これまで外国人と働く機会がなかった場合はなおさら、外国人の仕事の取り組み方は日本人とどう異なるのか事前に知っておきたいものだ。

仕事のスタンスが異なることを理解できていないと、トラブルが起きたときに適切に対処できない。ここでは、外国人の仕事に対する考え方と、対応について紹介する。

外国人の仕事の考え方は日本人とどう違う?

外国人の仕事の考え方は、細かなことをいうとどの国の出身者かでも変わってくるが、ここでは日本人と外国人の一般的な仕事における考え方の違いをいくつか取り上げる。

専門性を重視する

日本では、採用後に具体的な仕事を割り振る。しかも、仕事の割り振り後に部署の移動が行われることもあり、就職後に仕事内容が変化することは多い。これは、日本企業の多くが、採用の時点で勤務地や職務を固定しないメンバーシップ型を採用しているためだ。

このような背景があるため、人材募集では具体的な仕事内容が示されないことも多い。

一方、海外はジョブ型がメインだ。ジョブ型は、募集時に仕事内容を明確に提示し、入社後も募集時に提示された仕事内容に専念して仕事を行う。職務が固定されることで専門性を重視した採用が行われているのが特徴だ。

個人の意見を尊重する

誰の意見に重きを置くかも日本と海外では異なる。日本で重視されるのは、集団だ。日本社会では規律や秩序ある行動が求められ、同じ方向に向かって集団で動くことが習慣化している部分がある。個人よりも、集団の進む方向性、集団の意見が正しいというのがビジネスで反映されることも少なくない。

一方、海外はどちらかというと個人主義だ。社会の秩序よりも、個人の考えが尊重される。会社に尽くすことよりも、それぞれがどう働きたいか、どのように仕事がしたいかが会社組織に従うよりも重要なのだ。

プライベートの時間も大切にする

日本では私利私欲を捨てて、公に尽くすことが美徳とされてきた。現代のビジネスにもその考え方が残っており、家族やプライベートより、仕事を優先させる人は多い。メンバーシップ型の仕事のやり方も影響して、自分が休んだら周りに迷惑がかかると、欲しいときに有給休暇を取らない人もいる。

一方、外国人は仕事よりもプライベートの時間を重視する傾向にある。繁忙期であっても、自分の仕事を終わらせたら休暇を取って、家族との時間に充てる人も多い。

外国人にとって仕事とプライベートでしっかり区切りをつけるのは当たり前のことなのだ。休暇についても与えられた当たり前の権利を行使しているに過ぎない。

違いを理解したうえで外国人と働くには

ここまで挙げたように、日本人と外国人とでは仕事の考え方や働き方が異なる。すでに働いている日本人社員に対するサポートも大切だが、外国人とともに仕事をするなら外国人の働き方にも理解を示し、働きやすい環境を整えておくべきだろう。

具体的に外国人と働くにあたってどんな環境をつくるべきか、特に注意したいポイント2つを紹介する。

業務内容を明示しておく

海外はジョブ型の雇用が多く、採用時に業務内容が固まっていることが多いというのは前述のとおりだ。だからといって、従来からあるメンバーシップ型を大きく変える必要はないが、外国人を雇用する場合は、業務内容の説明を特に注意して行う必要があるだろう。

採用時の説明があいまいだったことによって、入社後、その範囲まですることは説明されていなかったとトラブルになりかねないからだ。必要に応じて、仕事内容を洗い出し、外国人がイメージしやすいように整理しておくと良い

従来のメンバーシップ型で採用する場合は、認識のずれが起こらないように、募集や採用の段階で仕事の進め方を具体的に伝えるようにする。外国人雇用にあたっては、外国人に仕事の内容や契約の内容を十分に納得してもらったうえで採用するのが望ましい。

コミュニケーションしやすい環境をつくる

前述したように、外国人は日本人のように集団に対する意識が強くない。だからこそ、集団に合わせようとする日本人と、自分の意見を主張しようとする外国人との間にコミュニケーションのずれが生じてしまうこともある。

しかし、個人の主張が企業にとってマイナスになるとも限らない。新しいアイデアやチームの活性化にもつながる可能性があるので、むしろ外国人に限らずだれでも意見が出せるようコミュニケーションの場を設けるべきだ。

なお、外国人とコミュニケーションをとる際は、日本的なあいまいな言葉で表現するのではなく、確実に伝わるようシンプルで簡単な言葉が好まれる。

このような密なコミュニケーション、シンプルで伝わりやすいコミュニケーションを重視するなら、ツールの活用も検討されるべきだろう。社内SNSのGoalousなら、翻訳機能も付いているので、不安な社内のコミュニケーションの問題も解消できる

コミュニケーションの活性化により、外国人にとっても働きやすい職場環境に貢献してくれることだろう。

まとめ

外国人と日本人の仕事に対する考え方は異なる。考え方が違うからこそ、違いを理解して、外国人が働きやすい環境にすることが、外国人と働く第一歩となるだろう。いずれにしても、誤解があればコミュニケーションをとることが重要だ。

しかし、社員すべてが外国人と円滑にコミュニケーションが取れるとは限らない。翻訳機能搭載のGoalousなどを活用して、多くの社員がコミュニケーションを図れるように環境を整えることも考えていきたい。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

社内の言語がバラバラ!コミュニケーションをとるにはどうすればいい?


社内の言語がバラバラ!コミュニケーションをとるにはどうすればいい?

外国人のマネジメントには「相互理解」が重要!


外国人のマネジメントには「相互理解」が重要!

【ツール必須!?】社内での外国人とのコミュニケーション術


【ツール必須!?】社内での外国人とのコミュニケーション術