新入社員のモチベーションアップの秘訣は「信頼」がポイント

新入社員のやる気がみられない、やる気が伝わってこないと感じるマネージャーも多いだろう。しかし、やる気を見せる といっても、そう簡単に仕事のモチベーションは引き出せるものではない。新入社員のモチベーションを上げるにはどうすれば良いのか。

新入社員のモチベーションが下がる原因と、モチベーションを引き出すためのヒントを紹介する。

新入社員のモチベーションが下がる原因は?

状況に合わせて仕事のモチベーションを上げることは、長年仕事を経験してきた人にとって造作もないことかもしれない。これは、すでに仕事のサイクルを知っているからである。しかし、新入社員は違う。仕事での経験が少ないため、思うようにモチベーションを上げることが難しい。

新入社員のモチベーションを引き出したいなら、上司目線の土俵で考えないことだ。まずは、なぜモチベーションが下がるのか、その原因について理解しよう。

成長している実感が持てない

新入社員のころは、新しく覚えることが多いため、失敗も多くなる。覚えようと努力しても、思ったように成果に表れないこともあるかもしれない。一生懸命に仕事に力を注いでいたのならなおさら、何もできない自分、ミスばかりする自分に新入社員は失望することだろう。

この、ミスや失敗ばかりで何もできないという思い込みがモチベーション低下の原因のひとつだ。自分のミスや失敗に気づいている中で、何度も上司に叱責を受けるとさらにモチベーションは低下してしまう。

それでは、新入社員には自信を持ってもらうため、簡単な仕事ばかりを任せれば良いのだろうか。実は、簡単な仕事ばかりを振るのも良策とはいえない。張り合いのないことばかりでは、新入社員は自分の成長を実感できないためだ。

成長の実感がないと仕事に対してのやりがいが持てなくなる。結果、モチベーションが下がってしまうのだ。

上司や先輩とのコミュニケーションが不足している

新入社員は、悩みを自分ひとりで抱え込んでしまい、誰にも相談できない傾向にある。上司とのコミュニケーションの取り方がよくわからずに遠慮してしまうためだ。

何かあれば相談して欲しいと上司なら感じるものだが、近年受け身の傾向にある新入社員にとって悩みを口に出すハードルは高い。

悩みを抱えたままでいることを上司や先輩が気づかない状態が続くと、さらに悩みは蓄積され、新入社員のモチベーションを下げてしまう

たいがいは上司や先輩とのコミュニケーションが不足していることが原因であることが多い。新入社員ばかりを責めるのではなく、新入社員が悩みを口にできるような環境だったかをまずは見直すべきだろう。

新入社員のモチベーションを引き出す方法

新入社員のモチベーションが下がっている状態を黙って見過ごすことはできない。モチベーションの低い状態だと、離職を決断する可能性もあるためだ。これから活躍してくれるだろう人材をなんの対策も打たないまま流出させてしまうことは企業にとってもマイナスだ。

新入社員のモチベーションを引き出すにはどうすれば良いか、上司が率先して取り組んでいくべきことをふたつ挙げる。

風通しの良い職場環境を作る

新入社員はひとりで悩みを抱え込む傾向があると説明した。これは、新入社員の心理的な面も関係しているが、職場環境も影響している。

たとえば、忙しそうで相談する隙もないような職場、悩みを口にしたら嫌な思いをするような職場で相談したいとは思わないだろう。

上司や先輩にあたる社員にそんなつもりがなくても、弱音を吐いたら叱責されるかもしれないという新入社員の思い込みがあると、新入社員は相談することができない。

新入社員が悩みを相談したり、自ら意見を言えるようにしたりするためにも、上司や先輩が率先して心理的安全性を確保するべきだ。心理的安全性とは、社員が自分の意見を安心して話せる状態のことを指す。

心理的安全性確保のためには、上司や先輩から困ったことがないか声がけしたり、相談しやすいような雰囲気づくりをしたり、風通しの良い環境を率先して作ることが大切だ。

信頼関係を構築する

新入社員のモチベーションを引き出すためにやってならないことは、興味のない態度をとって新入社員をけしかけることだ。上司にあたる世代と、ネット社会の中で生きてきた新入社員の世代とでは考え方が違う。

無関心な態度を示したところで、上司と部下の溝は深まるばかりだ。新入社員のモチベーションを引き出すために重要なのは、なによりもコミュニケーションをしっかりとることにある。

信頼関係を築くためにも、オープンマインドを意識し、新入社員の報連相にはしっかり耳を傾け、相手の目線に立って共感することを意識したい

ビジネスライクで関係構築がなかなか進まないなら、実務だけでなくプライベートな話題にも触れ、相手がどのような思考パターンや性格なのか理解を深めることが重要だ。

社内SNSのGoalousなら、新入社員が社内メンバーとフラットな関係でコミュニケーションが取れる環境を構築できる。

日々のアクションはフォトアクションで共有し、フォトアクションに対しては「いいね」などの反応を返すことも可能だ。

新入社員は自分の投稿に対してリプライや反応があれば、チームのメンバーのひとりとして受け入れられ、仕事をしている実感を持てる。新入社員のモチベーションを引き出す強力な助っ人としてGoalousが役立つのではないだろうか。

まとめ

新入社員のモチベーションが下がる理由のひとつに、上司や先輩とのコミュニケーション不足がある。コミュニケーション不足が続けば新入社員が悩みを相談できずさらに状況が悪化する可能性もあるので、コミュニケーション活性化で早めに対策を打つことが重要だ。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

イマドキの新入社員は手ごわい?新入社員の育て方


イマドキの新入社員は手ごわい?新入社員の育て方

一人前の社会人に育てる!新入社員の研修内容を設計する方法


一人前の社会人に育てる!新入社員の研修内容を設計する方法

人材育成を成功させる方法とは?優秀な人材が育つポイント


人材育成を成功させる方法とは?優秀な人材が育つポイント

在宅ワークで社員のモチベーションはどうなる?企業ができる対策

在宅ワークを取り入れる企業も増えてきた。在宅ワークは、社員のライフワークバランスにとってメリットがあると考えられる一方、問題もある。たとえば、モチベーションの問題だ。

この記事では、在宅ワークでの社員のモチベーションと、モチベーションが下がったときにできる企業側の対策を紹介する。

在宅ワークだとモチベーションが下がってしまうことも

在宅ワークは通勤時間を削減でき、社員が家庭との両立を図りながら個々のペースで仕事ができるので、生産性の向上が期待できるメリットがある。

一方、自宅で作業をすることで、プライベートと仕事にメリハリがつかず生産性が下がってしまう懸念、会社と同じようなパフォーマンスができずモチベーションが下がってしまう懸念があるのも事実だ。

在宅ワークを取り入れたことで、かえってモチベーションが下がることがあるのはなぜか。主な理由3つを挙げる。

環境が整っていない

在宅ワークで社員のモチベーションが下がる原因のひとつは、仕事ができる環境がしっかり整っていないことにある。

会社であれば、コンピューターやプリンターなど仕事をするのに必要な機器、仕事で使うツールやソフトウェア、セキュリティ面も整っていることだろう。

しかし、社員の自宅でも会社と同じような環境を整えられるかといったら難しい。必要な機器の用意はもちろん、すべての社員が機器を同じように扱えるとは限らないためだ。

会社では近くにいるほかの社員に機器やツールの扱い方が聞けるが、在宅ワークではそれも難しい。仕事が十分にできる環境が整っていないと、仕事の効率も悪くなり、仕事に対するモチベーションも下がってしまう。

コミュニケーションが取れない

在宅ワークでモチベーションが下がる原因は、オフィスのように気軽にコミュニケーションが取れないことにもある。

情報のやり取りがビジネスばかりに寄ってしまうと、ちょっとした雑談から相手の状況を察したり、アイデアを出しあったりする機会がなくなる。コミュニケーションが減少すると、ほかの社員とのつながりも感じられなくなり、モチベーションは下がってしまう。

また、離れた場所だと、仕事に対して持っている温度感も伝わりづらく、同じ熱量で仕事を進めにくい。在宅ワークでは、仕事への熱量を共有しにくい面も、モチベーションの低下につながるだろう

信頼されていないと感じる

実際にさまざまな企業で広がりをみせている在宅ワークだが、まだまだメジャーな働き方とはいえない。会社に勤務して仕事をするのが当たり前になっている会社や、そのマネージャーほど、在宅ワークでの仕事ぶりに疑念を抱いていることも多いのが現状だ。

「本当に仕事をしているのか」という不安が実際に在宅ワークをしている社員にも伝わると、会社や上司から信頼されていないと感じることになる。

このように、疑心暗鬼がはびこっている状態だと、会社と在宅ワークの社員、あるいは上司と在宅ワークの社員との信頼関係は崩れてしまう。信頼してもらえない不満から、在宅ワークをする社員のモチベーションは下がってしまうのだ。

在宅ワークでモチベーションを維持するためにできること

在宅ワークでモチベーションが下がる原因を挙げたが、在宅ワークを取り入れたからといって必ずしもモチベーションが低下するわけではない。やり方次第では、社員のモチベーションを保ちつつ在宅ワークを定着させることもできる。

ここでは、在宅ワークで社員のモチベーションを下げないために、会社側でできる取り組みについて紹介したい。

ツールを活用する

在宅ワークでのモチベーションの低下は、前述のようにコミュニケーションがうまく取れないことも関係している。

社内SNSツールやテレビ会議ツールなど、自宅に居ながらコミュニケーションを取れるツールもあるので、在宅ワークを導入するなら前向きに検討したい。

・社内SNSツール
社内SNSは、社内に特化したコミュニケーションツールを指す。プライベートで利用しているようなSNSを想像するとわかりやすいだろう。基本的な機能として、チャット機能やグループ機能、ファイルのアップロードなどがある。

メールとは違ってライトな投稿ができるため、オフィスにいるようなコミュニケーションに近づけられること、気軽にコミュニケーションをとりやすいのが特徴だ。

Goalousは、チャット機能など基本的な機能に加え、フォトアクションでの仕事の可視化や目標管理機能など、在宅ワークでも使える機能が充実している。コミュニケーションツール、ビジネスツールとして活用してはいかがだろう。

・テレビ会議ツール
複数人でリアルタイムでの会話をしたい場合は、テレビ会議ツールが活躍する。Webカメラでお互いの様子が伝わるため、インターネット環境さえあれば、いつもの会議のように利用できるのが特徴だ。社内に限らず、顧客との商談に利用することもできる。

評価制度を明確に

在宅ワークで会社と社員、上司と部下の信頼が崩れてしまうと、評価にも影響を及ぼしかねない。在宅ワークでは、会社で仕事をするのとは違い、見えない部分もあることをお互いが良く理解しておく必要があるだろう。

評価については、プロセスを重視する企業も多いが、プロセスだけでなく成果も見たうえで評価するように気を付けたい。しかし、成果だけに注視すると不公平感を招いてしまう。プロセスと成果、両方で評価することが重要だ。

Goalousの評価機能では、社員のアクションを一括して確認することができる。在宅ワークで見えにくいプロセスの評価にも役立つだろう。

まとめ

在宅ワークでは、社員とのコミュニケーションが希薄になったり、環境が不十分であったりするとモチベーションの低下を招いてしまう。適切なツールを取り入れて、コミュニケーションなどの在宅ワークの問題を補うことが大切だ。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

「今までの働き方には戻れない?」アフターコロナで見えてきた本当の「働き方改革」に必要なこと


「今までの働き方には戻れない?」アフターコロナで見えてきた本当の「働き方改革」に必要なこと

働き方改革への対応!生産性向上を実現する方法


働き方改革への対応!生産性向上を実現する方法

社内SNSとは|機能や効果、メリット・デメリットを紹介


社内SNSとは|機能や効果、メリット・デメリットを紹介