マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介

メンバーやプロジェクトをうまく動かすためにマネジメントのスキルアップをしたいと考えているマネージャーは多い。しかし、現場の仕事と大きく異なるだけに、どのように身につけるべきかわかりにくいのが難点だ。

この記事ではマネジメントのスキルアップはどうすれば叶うか、マネジメントに必要とされるスキルから説明する。

マネジメントに必要なスキル

マネジメントは人を管理するだけではない。マネージャーには、ものやお金、情報などあらゆる管理が求められる。

マネージャーに必要とされるスキルが、リーダーシップ、意思決定スキル、プレゼンテーションスキル、フォードバックスキル、コミュニケーションスキルといったものだ。それぞれどのようなスキルで、なぜ必要とされるのか詳細を確認してみよう。

リーダーシップ

マネジメントで必要なスキルのひとつは、リーダーシップだ。マネージャーという存在は、ふつう、その場にいるだけでも部下に影響を与える。

だからこそ、マネージャーの発した言葉、言動は部下にも伝わることをよく意識しておくべきだ。反対に考えると、マネージャーがリーダーシップといえるような行動ができていなければ、何を目標に動けば良いかわからず部下の動きにも統一性がなくなるといえるだろう。

リーダーシップのスキルを高めるには、部下からどう思われているのか、どれだけの影響力があるのかをまず把握することが先決だ。その上で、部下が働きやすいと感じる環境づくりを心掛け、部下の心をつかめるようにしていく。

意思決定スキル

マネージャーは、意思決定を委ねられることも多い。メンバーの意見を聞いて意思決定することもあるが、ものごとの優先順位など、なかには瞬時に意思決定が必要な場面もあるだろう。

すぐに判断が求められる場面においてマネージャーの意思決定が進まないと、仕事はスピード感をなくす。意思決定があいまいで、判断が必要なたびにぶれてしまうと、部下からは不信感を抱かれてしまうだろう。

必要な場面で瞬時にものごとを判断するだけでなく、部下に混乱を与えないように長期的な方針のもと意思決定するスキルを磨くことは重要だ。

プレゼンテーションスキル

プレゼンテーションスキルは、相手に伝わるように論理的に話をする能力のことだ。マネジメントでは、プレゼンテーションも重要なスキルとされる。

プレゼンテーションスキルが低いと、相手の理解度を度外視して、一方的に話をすることになりかねないためだ。組織を円滑に動かすには、相手に内容が伝わっているか意識し、双方の理解に差が生じないように努めることが重要といえるだろう。

プレゼンテーションスキルに加え、相互に意見ができるようバランスよく話を振るファシリテーションスキルも身につけるとなお良い。

フィードバックスキル

何が良くて何が良くなかったのか、具体的な仕事のフィードバックは部下のモチベーションを引き出す際にも役立つ。部下にとって身になるフィードバックを与えるには、適切な評価と分析ができ、適切に内容を伝えられるフィードバックのスキルも必要になってくるだろう。

コミュニケーションスキル

目的に向けてチーム一丸となって動くために、マネージャーはチームの調整役として立ちまわることも多い。チームの意見をまとめ意向を固めるためには、コミュニケーションスキルは欠かせないといえるだろう。

コミュニケーションは上司側から一方的に取るのではなく、部下の考えを聞いてこそうまく成立する。高いコミュニケーションスキルとは、部下の考えや才能をよく引き出せるようにすることだ。

マネジメントのスキルをアップさせるには

先に説明したように必要なマネジメントスキルをそれぞれ高めていくことは重要だ。一方、それぞれのスキルには共通する部分も多い。

マネジメントスキルを高めるには、共通する部分を意識してスキルアップを考えるのがより効率的だろう。この項では、マネジメントのスキルアップにつながる3つのポイントを紹介したい。

自分の意見を持つ

マネジメントをスキルアップするなら、自分の意見をしっかり持ち、相手にもわかりやすく伝えることを常に意識することだ。

相手に伝わるようにするには、ポジションチェンジの考え方がひとつの参考になるだろう。ポジションチェンジとは、自身とは違った立場からものごとを考えることを指す。

部下の立場で、どういった意思決定や判断を上司に求めているのか、何を解決したいのかよく考えてみると良いだろう。指示や部下に伝えたいことがひとりよがりの内容になっていないか、客観的に判断することが重要だ。

チームを把握する

マネジメント力を上げるには、チーム全体を把握することも意識したい。どんなメンバーがいるか、どのような仕事をしているのか、チームの内部事情はもちろん、それぞれのスケジュールも把握しておくと良いだろう。

メンバーの状態をよく把握しておくことで、誰にどの仕事を、どのくらいの量を振るべきか適切に指示できるようになる。スケジュールも考慮して先読みした指示ができれば、チーム内のミスも軽減されるはずだ。

周りの意見をきちんと聞く

マネジメントは、部下との信頼関係があってこそ効果的に働く。部下の意見や考え、悩みに耳を傾け、日頃から信頼を構築できるように行動することが重要となるだろう。部下が上司に対して意見をいえるようにするためにも、風通しの良い職場環境づくりを意識したい。

また、部下と話をするときは、部下の会話のペースに合わせるようにする。これはペーシングというスキルで、部下の緊張感を和らげるのに役立つ。このようなペーシングの手法なども取り入れながら、周囲の意見に広く耳を傾けるように意識することがマネジメントスキルの向上には重要だ。

マネジメントのスキルをアップさせる近道

社内のコミュニケーションはツールを使うのが最適だ。マネジメントのスキルアップには、社内SNSのGoalousが役立つ。チャット形式で、コミュニケーションを円滑に取れるためだ。部下がどんな意見を持っているか把握するのに便利だろう。

また、Goalousは各々の目標の視覚化もできる。誰が何を考え、どんな仕事に取り組んでいるか、チーム全体の把握に活かせるだろう。フォトアクションでは、仕事の状態をフォトにして共有できるので、楽しみながらプロジェクトを進行できる。

マネジメントのスキル向上はもちろん、部下のモチベーションを引き出すにもGoalousは活躍するのではないだろうか。

まとめ

マネジメント力は、ポイントを押さえれば効率よくスキルアップできる。特に相手やその場の状況を判断する力、コミュニケーションスキルが重要なカギとなるので、日々意識して取り組むようにしたい。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

https://www.goalous.com/blog/ja/teams/points_you_need_to_be_aware_of_when_managing_for_the_first_time
初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?

組織マネジメントで企業の成果を上げる!特徴やメリットを解説


組織マネジメントで企業の成果を上げる!特徴やメリットを解説

マネジメント・目標設定のコツを紹介。管理者は必見!


マネジメント・目標設定のコツを紹介。管理者は必見!