リテンションの強化が人材流出を防ぐ!具体的な方法とメリットを解説

執筆者 | 6月 25, 2021 | マネジメント | コメント0件

人材獲得のために採用活動に力を入れる企業が多くある一方で、人材流出を防ぐための施策を取り入れている企業も少なくない。

人材流出を防ぐ施策のひとつが「リテンション」だが、具体的にはどのような施策なのだろうか。

ここからは、人材流出抑止になぜリテンションが重要なのか、メリットや施策の内容について紹介する。

人事領域におけるリテンションとは

リテンションは本来「保持」や「維持」を意味する言葉だが、人事領域ではどのような役割をもつのだろうか。まずは、人事領域におけるリテンション施策の役割や内容について解説する。

人材流出を防ぐための施策

人事領域におけるリテンションは、人材流出を防ぐための施策のことを指す。自社にとって必要な人材の流出を防ぎ、定着させる目的で行うものだ。

また、優秀なベテラン社員だけでなく、入社したばかりの若手社員の離職を防ぐこともリテンションのひとつになる。

採用活動で獲得した人材を自社でしっかりと「保持すること」が、人事領域におけるリテンションの役割だといえるだろう。

リテンションの具体的な施策

リテンションの具体的な施策は、企業によってさまざまなものがある。たとえば、給与や福利厚生を見直して社員に利益をフィードバックする仕組みもそのひとつだ。

しかし、リテンション施策は給与などの金銭的なものばかりではない。

社員が働きやすい環境を整えるために、長時間労働の是正やテレワーク・フレックスタイム制などの整備を行う方法もある。

社員によっては給与よりもワークライフバランスを重視した働き方を求めている場合もあるため、環境と待遇を総合的に見直すことが重要だ。


リテンションの必要性とメリット

人事領域において、なぜリテンションを強化する必要があるのだろうか。ここからは、リテンション施策の必要性や、リテンションを強化することで企業が得られるメリットについて紹介する。

リテンションの必要性

リテンションが必要になるのは、少子高齢化による現役世代の人材不足が深刻化していることが理由のひとつだ。

採用活動に力を入れても人材が定着しなければ、常に新たな人材を確保し続けなければならない。

採用コスト増につながるうえに育成コストも必要になり、さらにベテラン人材が不足することによって指導力不足に陥る懸念もある。

また、企業間で人材確保競争が激化していることから、転職活動が活性化しており、人材流出の増加も看過できない問題だ。

そのため、リテンション施策によって優秀な人材の流出を食い止める必要がある。

リテンションを実施するメリット

リテンション施策を実施するメリットは、優秀な人材が定着することによって採用や育成コストを削減できる点にある。

社内のノウハウや人材ひとりひとりのスキルが蓄積されることにより、業務効率化や収益の最大化にもつながってくるだろう。

また、定着率が向上することで、新入社員がキャリアビジョンを描きやすくなるメリットもある。

「これだけの成果をあげれば評価を受けられる」など手本となる社員がいるため、新入社員にとっても安心して働きやすい環境を提供することが可能だ。

キャリアビジョンが明確になれば企業に貢献する意欲につながるため、エンゲージメント向上やチーム力アップなど良い社内環境になる好循環が生まれるだろう。

企業のリテンションをサポートするGoalous(ゴーラス)

リテンションを実施するには、社員ひとりひとりの意見に耳を傾けて現場の状況を把握する必要がある。

そのためには密にコミュニケーションを取ることが重要になるが、社内コミュニケーション活性化にはGoalous(ゴーラス)のようなツールの導入が望ましい

GoalousはSNS型の目標管理ツールで、メールのような定型文が必要ないため、気軽にコミュニケーションを取りやすくなる。

また、意思疎通が円滑になるため業務効率化に役立つのも特徴だ。メッセージ機能や目標共有・評価機能も備わっているため、働きや成果を適切に評価しやすくなる。

結果的に社員のモチベーションやエンゲージメントの維持・向上につながるため、リテンション施策として有効だ。

リテンション施策として、コミュニケーション活性化や部下の業務進捗管理・評価を適切に行う手段のひとつとして、Goalousの導入を検討してみてはいかがだろうか。

また、リテンションについてより詳しく知りたい方は、下記の資料を参考にして欲しい。

【資料】納得感のない評価は組織を滅ぼす!?あなたの組織の評価⽅法が、メンバーのやる気を奪っています

まとめ

リテンション施策は、企業の規模や業種によって効果的な施策内容が異なる場合もあるが、重要なのは社員の意見に耳を傾けることだ。

業務のどの部分を負担に感じているのか、どのような働き方を求めているのかなど、意見をうまく抽出してリテンション施策に反映すると良いだろう。

「社員を大切にしている企業だ」として安心して働ける環境になれば、社外からも評価され、採用活動においても自社の強みとしてアピールポイントになるのではないだろうか。

組織のエンゲージメントを向上させる