管理職がつらいと感じる…|その理由と対策方法を知ろう!

執筆者 | 4月 15, 2021 | マネジメント, 人材育成 | コメント0件

管理職を任されるようになって、役職をもたない従業員として働いていた頃に比べてつらいと感じた経験がある人も多くいるだろう。

管理職がつらいと感じる原因はさまざまあるが、不安や不満な点に目をつぶってみて見ぬふりをしていると働くモチベーションの低下をまねく恐れがある。

では、実際に管理職の仕事がつらいと感じたとき、どのように対策をすれば良いのだろうか。

管理職がつらい原因となる要素やその理由と、悩んだときに行うべき対処法について紹介する。

管理職がつらいと感じる理由

まずは管理職がつらいと感じる理由には、どのようなものがあるのかという点について見ていこう。

原因を知ることで対処法が明確になるため、つらい気持ちを解消するための対策を講じることができるようになるので確認しておきたい。

業務の増加

単純に業務量が増加したことが原因で、つらいと感じることがある。

いわゆる「プレイングマネージャー」と呼ばれる、管理と現場の仕事のどちらもこなさなければならない役職はとくに業務負担が大幅に増加してしまう

働く量やこなさなければならないタスクが増えたことで、残業や早朝出勤などの対応が必要になるとさらにつらいと感じやすくなるのではないだろうか。

プレッシャー

管理職がつらいと感じるのは業務量だけではない。成果が求められるプレッシャーや責任感によって、精神的な疲労が蓄積されることも影響している

プロジェクトやチームの成果を上げられないと、管理職の責任になるためだ。

また、問題が発生した際や対応策に迷いが生じた場面などで、リスクを伴う判断も行わなければならない。

失敗を恐れる不安感から、管理職の仕事を続けることにつらさを感じる場合もあるだろう。

上司と部下の板挟み

管理職の仕事をしていると、上司と部下の板挟みになることも少なくない。上司が求める目標や業績と、現場の業務量や実力などに差がでているような状況がその例だ。

また、企業の方向性として上司から求められる内容と、部下が求めている要望が異なる場合も板挟みの原因になる。

さらに部下の悩みや不安に対する相談に乗るなど、部下のケアも行わなければならない。

部下の気持ちや要望を尊重したいときと、自分の上司に求められるものに違いがあればあるほど、つらいと感じやすくなるだろう。


管理職がつらいと悩んだときにすべき対策

管理職の仕事がつらいと感じたとき、どのようにして悩みを解消すればよいのだろうか。

仕事を辞めずに状況を打破するための手段として、悩んだときにすべき対策方法について紹介する。

部下を成長させる

基本的に企業ではプロジェクトや開発などを含め、チームプレーで業務を進めることがほとんどだ。

自分ひとりが努力をしても達成できないものも多く、チームメンバー全体のレベルを底上げする必要が出てくるだろう。

そのため、管理職の業務負担を減らすためには、部下を成長させて信頼できる優秀な部下を増やす必要がある

部下との関係性を良くするためにコミュニケーションを積極的に取り、部下からの相談やアイデアの提示がしやすい関係性を構築することが重要だ。

そのための手段として、Goalous(ゴーラス)を活用する方法が適している

Goalousではフォトアクションやメッセージ機能を利用して、チャットや写真を活用しながらコミュニケーションを積極的に取ることができる。

双方向でのやり取りがスムーズになるため、進捗状況の確認や気軽なやり取りも行いやすい。

また、Goalousを開発・運用しているColorkrewでは、部下を育成するために自身の能力向上させるのにも役立つ無料のWebセミナーを開催している。

管理職の仕事がつらいと感じるのであれば、一度受講を検討してみてはいかがだろうか。

Goalousのウェビナー詳細はこちら

成長の機会を増やす

管理職の業務に慣れてスムーズにこなせるようになれば、負担が軽減できる可能性がある。

管理職として足りないスキルを伸ばす、勉強会や異業種交流会などに参加し、さまざまな人との交流を通して知見を深めるのも手段のひとつだ。

部下にだけ成長を求めるのではなく、自分自身が努力する姿勢を見せることで、チーム全体のモチベーションも向上するだろう。

ひとつひとつの業務にかかる時間が短縮できれば、管理職の仕事全体における負担も軽減できるのではないだろうか

休みの日はしっかり休む

管理職の仕事がつらいと感じるのであれば、オン・オフの切り替えをしっかりと区別し、リフレッシュする時間を設ける必要がある

家にまで仕事を持ち帰ってしまったり、休日に仕事のことを考えていたりすると、心身ともに十分な休息が取れていない可能性があるためだ。

プライベートを充実させ、趣味や家族との時間などをしっかりと取れるように、メリハリをつけて仕事に取り組めるように意識したい。

まとめ

管理職がつらいと感じたら、まずはつらいと感じた原因を分析することが重要だ。

自分自身の能力が向上すれば解決することもあれば、チーム全体が成長することで難易度が下がる業務もある。

自分自身だけで悩むのではなく自分の上司などとも相談しながら、解決策を見つけて負担の軽減を図ることが重要になるだろう。