カテゴリー
マネジメント 人事評価

ポジティブフィードバックを取り入れて部下の意欲を向上させよう

「部下と目標を共有して必要に応じてフィードバックを行なっているものの感触が悪い」「フィードバックが活かされていない」と悩むマネージャーもいるだろう。フィードバックを行なっても仕事に反映されないのは、フィードバックのしかたが適切でないからかもしれない。

この記事では、フィードバックの方法のうち、ポジティブフィードバックについて紹介する。

ポジティブフィードバックとは

フィードバックは、行動の結果を相手に伝えることだ。フィードバックにも種類があり、「ポジティブフィードバック」といわれるものがある。

ポジティブフィードバックとは、部下や後輩などに対して、前向きな言葉で評価を行うこと。ポジティブフィードバックによれば、相手の承認欲求が満たされ、仕事への意欲向上にも期待がもてる。

ポジティブフィードバックを取り入れるメリット

フィードバックにポジティブフィードバックを取り入れることで、どのような変化が期待できるのだろう。この項では、ポジティブフィードバックのメリットをふたつ見ていこう。

部下の成長を促すことができる

プラスの言葉をかけられたら、ネガティブな気持ちになる人は少ない。ポジティブフィードバックを取り入れれば、動機づけ、つまり部下のモチベーションを引き上げるのに役立つだろう。

動機づけができれば、部下の仕事に対する意欲も高めることができる。これまで淡々とこなしていたような仕事にも興味がわき、もっと効率的な方法はないかなど部下が日々の業務を振り返る機会にもなるはず。

結果として、部下が自発的に自己成長を求めるように導くことができる。個々の成長が促されれば組織力の強化にもつながるだろう。

日ごろから部下の様子をきちんと見ることができる

フィードバックをするとき、ネガティブな部分はすぐに出てきても、部下の良い部分がすぐに浮かんでこないマネージャーも多いかもしれない。ネガティブ面よりも、ポジティブな面を探す方が大変だからである。

部下の仕事をしっかり観察していないと、部下の良いところは簡単には見えてこない。そのため、ポジティブに評価しようとすると、結果として部下の行動や様子をしっかり観察するようになる。

部下をしっかり観察する時間が増えるということは、評価もより実のあるものになるということだ。当たり障りのないフィードバックに時間と労力を使うよりも効率的で、より良いフィードバックができる可能性が高まる。

このように、部下を良く見ることが増え、フィードバックの精度を上げられるのもポジティブフィードバックを取り入れるメリットといえるだろう。

ポジティブフィードバックのポイント

ポジティブフィードバックは、ここまで説明してきたように、部下の意欲を上げ、仕事への取組みを改善していくのに効果的といえる。フィードバックがうまくいっていない組織では、新たなフィードバックの手法として検討すると良いだろう。

しかし、ポジティブフィードバックをしたからといって、期待される効果が表れるとは限らない。この項では、ポジティブフィードバックを効果的に行うためのふたつのポイントを取り上げる。

根拠を述べて評価する

ポジティブフィードバックだからといって、とにかくポジティブな言葉をかければ良いわけではない。根拠がないにも関わらず苦し紛れにポジティブワードを発しても、部下には響かないだろう。

根拠もなく、ただポジティブワードを並べただけでは、評価に対してただ不満が残るだけ。ポジティブフィードバックを行う際は、評価した点について根拠が話せるようにしておきたい。評価するときも、根拠を丁寧に説明することが大切となる。

また、普段指摘していることに対して、妙にポジティブに評価したのでは、普段との評価に混乱を招いてしまう。ポジティブに評価する場合は、日頃の評価とポジティブフィードバックを結び付けて、評価するようにしたい。

できるようになった仕事や過程を評価する

ポジティブフィードバックでは、具体的に部下ができるようになった仕事、あるいは達成できないでも今後も継続した方が良いプロセスについて評価する

日々の流れるような業務のなかでは部下も自身の成長に気づいていないことがあるので、上司が改めて評価することによって、部下は自身の成長を実感できるだろう。

しかし、仕事や過程を評価するといっても、毎日部下を観察するわけにもいかない。一から評価しようとすると、マネージャーに大きな負担がかかってしまう。

目標に結び付く小さな目標値であるKPIをあらかじめ設定しておき、KPIの達成ごとに褒めるようにするのが良いだろう。KPIで部下を評価するためには、結果や成果の可視化、部下との信頼関係構築が何よりも重要と考えられる。

部下との信頼関係構築のためには、コミュニケーションツールの導入がカギを握るだろう。コミュニケーションツールを入れるなら、Goalous(ゴーラス)が便利である。

評価機能があるGoalousなら、いつでも部下の仕事のプロセスを確認することができ、フェアな評価が可能になる。また、日々のアクションで誰が・何を・どのような過程を経て・どんな成果を出したのかが一目瞭然。

さらに、評価期間だけでなく、日々のアクションにコメントやいいね!などの反応を示すことによって、日々の活動の中でポジティブフィードバックができることもメリットとなる。ポジティブフィードバックのための、仕事の可視化、部下との信頼関係構築のためにも、Goalousを主軸にツール導入を検討されてはいかがだろう。

まとめ

部下へのフィードバックの見直しを図るなら、ポジティブフィードバックも検討に入れたい。
部下の意欲を高めるポジティブフィードバックなら、個人の成長により、組織力の強化も可能だ。

ポジティブフィードバックを取り入れる場合は、結果や成果の可視化、信頼関係が築けるように環境面の整備も考えていこう。

The following two tabs change content below.
Goalous編集部
人事・広報・PR・営業などなど、異業種メンバーで構成されたGoalous編集部! それぞれの目線で、さまざまなお役立ち情報を発信していきます。
Goalous編集部

作成者: Goalous編集部

人事・広報・PR・営業などなど、異業種メンバーで構成されたGoalous編集部!

それぞれの目線で、さまざまなお役立ち情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です