部下をマネジメントする際の流れ・必要な能力を徹底解説

マネージャー職に就いたばかりだと、どのように部下を指導しマネジメントしていくべきか、詳しく分からない人も多いだろう。部下のマネジメントのためには何が必要になるのか。

この記事では、部下をマネジメントする流れ、マネジメントのために磨いておきたい能力について説明する。

部下へのマネジメントの流れ

マネージャーとして部下に対しどのようにマネジメントしていくべきか、まずは全体のマネジメントの流れから見ていこう。

仕事の動機づけをする

部下が意欲的に仕事に取り組めるようにするには、仕事の動機づけが重要である。動機づけのために、部下が発言できる環境、チーム内で協力し合える環境を整備しておく。動機づけがうまくできれば、部下のモチベーションを引き上げることができるだろう。

さらに、部下のモチベーションを保つには、ひとりひとりに合った目標を設定することも重要なポイントといえる。個別に目標を設定する場合は、以下の点を意識してみると良いだろう。

・部下が努力するべき方向性に合った目標か
・目標をとおして成長が見込めるか
・自分のこととして部下が捉えられる目標か

指導をする

目標を設定したあと、あとは個人で努力するようにと、部下に目標達成のすべてを委ねてしまうのは良くない。部下が目標を達成できるように導き、方向性がずれたら、必要に応じて軌道修正を行うのもマネージャーの役目である。

目標達成のサポートと合わせて、上司として部下の精神的なサポート、トラブルが起こったときのサポートも行うようにする。

重要なことは、普段はサポート役としてついておき、必要に応じて部下が成長できるように指導することである。指導のしかたも、部下の仕事に対する理解度、性格などに合わせてカスタマイズしていく必要があるだろう。

フィードバックを行う

部下のマネジメントのためには、適切なフィードバックをすることも忘れてはならない。フィードバックがないと、部下は仕事に対する自身の評価が分からないままである。

上司から評価が示されれば、部下は仕事がどれくらいできたか自信がつき、何ができなかったかの反省を自ら考えられるようになるだろう。部下のモチベーションを上げるためにも上司によるフィードバックは重要になる。

適切なフィードバックを行うためにも、部下自身が自分の良さ、欠点に気づけるように働きかけたい。

部下のマネジメントをする際の必須スキル

部下のマネジメントの手順について説明したが、はじめからマネジメントがうまくできる人は少ないだろう。マネジメントがうまくいかないのは、現場の仕事ではなく、マネジメントに必要なスキルが十分にないためである。

部下が仕事に対して意欲的になれるようマネジメントするには、主に3つのスキルが重要と考えられる。

リーダーシップ能力

部下のマネジメントでは、リーダーシップ能力が必要とされる。リーダーシップとは、目標達成に向けて、チーム全体を引っ張っていく力のことである。しかし、強引にチームをまとめたようでは部下は思うようについてこない。

部下のお手本になるような行動を示せること、メンバーそれぞれの得意不得意を知ってうまくまとめる力こそが、真のリーダーシップといえるだろう。

リーダーシップ能力が備わった人物がマネージャーとして動けば、チーム全体の流れが良くなり、結果としてチームとして高い成果を生み出すことになる。

思考力

仕事の熱意、部下を思いやる気持ちだけで、仕事がうまく進むわけではない。マネージャーとして人の上に立って指導する人物には、論理的にものごとを考えられる思考力が求められる。

論理的思考力が十分でないと、そもそもの問題やトラブルの対処法が見極められず、思うようにチームを動かせないためである。

論理的思考力は、現状を分析して、課題解決を行うために重視される。論理的思考力が育っていれば、トラブルが発生したときでも、冷静に人を配置し、適切に対処できるだろう。

このように、論理的思考力は、仕事の全体を適切に動かすための能力としてマネージャーにとっては必要なものといえる。

コミュニケーションスキル

マネージャーは、部下だけでなく、上司や取引先など、さまざまな立場の人と関わる機会が多い。そのため、コミュニケーションスキルが重要視される。

管理職に求められるのは、円滑に会話するだけでなく、組織のリーダーとしてコミュニケーションをとおして周りに働きかける力である。部下とのコミュニケーションにおいては、仕事の悩みや相談など、部下の言葉によく耳を傾けることも必要となる。

このように、チームをまとめ、部下からの信頼を得るにはコミュニケーションスキルが欠かせない。コミュニケーションスキルはほかのスキルと比較して伸ばしやすいので、これを機に、コミュニケーションに悩みがあればツールを活用するのもおすすめ

社内SNSのようなコミュニケーションツールを利用することによって、メールよりも気軽に密なコミュニケーションが叶う。ツール導入を考えるなら、Goalous(ゴーラス)がおすすめである。

メッセージ機能のほか、部下の日々の仕事の状況がわかるゴール機能もあるため、マネジメントにも適している。メンバーそれぞれの目標に対する成果や過程を確認することで、フェアな評価にも活かせる。

まとめ

マネージャーとして部下をマネジメントするには、しっかり手順を踏んでマネジメントすること、必要な能力を磨くことが重要だ。部下とのコミュニケーションに不安があるなら、チャット機能により気軽なコミュニケーションが可能となるGoalousを取り入れてはいかがだろう。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

マネジメントで成果を上げるには?具体的な解決法3つ!


マネジメントで成果を上げるには?具体的な解決法3つ!

マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介


マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介

初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?


初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?

ダイバーシティマネジメントの事例・成功のポイントとは?

働き方改革の推進や人手不足解消のために、多様な働き方を受け入れるダイバーシティマネジメントが注目されている。

ダイバーシティマネジメントを採用したことによって、さまざまな立場の人材が集まり、新たなアイデアが生まれることもあるだろう。

この記事では、ダイバーシティマネジメントとはどのようなものなのか、成功例や成功させるためのポイントについて紹介する。

ダイバーシティマネジメントとは

ダイバーシティマネジメントとは、多様性や個性を意味する「ダイバーシティ」と、経営や管理を意味する「マネジメント」が組み合わさったものである。

つまり、性別・国籍・年齢・障がいの有無・居住地などの多様な人材を雇用し、活用していく経営手法のことを意味する

上述のような目に見えて理解できる多様性だけでなく、考え方や経験、働き方、子育て・介護の有無などの環境が異なる場合も当てはまる

このようなダイバーシティマネジメントが注目され始めた背景には、団塊世代の退職にともなう大幅な労働力の減少に備える目的がある。

人口減少による人手不足対策として「女性活躍推進」「定年後の再雇用」「子育てと仕事の両立」などが推進されているためである。

外国人労働者や時短勤務、テレワークなど、働き方や働く人の多様性を受け入れることで労働力を確保する狙いもあるだろう。

ダイバーシティマネジメントによって多様な人材を確保することで、新たなサービスや商品、働き方のアイデアが生まれる利点があるのも特徴になる。

近年、グローバル化や消費者ニーズの多様化もあり、新たな創造を行わなければ生き残れずに淘汰される企業が出てくるだろう。

そのような観点からも、今後ますますダイバーシティマネジメントを取り入れる企業が増加するのではないだろうか。

ダイバーシティマネジメントの成功事例

ダイバーシティマネジメントを取り入れることに成功した企業は多くある。

ここからは、成功事例をもとにダイバーシティマネジメントをどのように取り入れたのか、どのような変化が起きたのかを見ていこう。

Calbee

ポテトチップスなどで知られるCalbeeでは、性別にとらわれず活躍できるよう評価システムの見直しとダイバーシティマネジメントを取り入れた。

徹底した「成果主義」により、成果を上げれば評価される仕組みになっている。

同時に時短勤務やフレックスタイム制、在宅勤務などの制度も整備し、どのような働き方であっても適切な評価が受けられるようになった

結果的に女性管理職の比率が5.9%から6年半で22.1%へ向上するなど、女性が活躍する企業を実現できている。

また、出産を理由にした退職もほとんどないことから、子育て中の女性も働きやすい環境が整っていることがわかる。

株式会社スタートトゥデイ

「ZOZOTOWN」を運営する株式会社スタートトゥデイでは、6時間労働制を導入した。

育児中の社員が時短勤務をすることなく、保育園などの迎えに間に合うようになり、働きやすい環境づくりに成功している。

さらに障がい者スタッフも積極的に採用し、朝礼を手話で行うなどのコミュニケーションフォローを行える環境を整えている。

また、社員間のチームワークを重視することから、利益は全員で得たものとしてボーナスを均等支給にするなど珍しい取り組みも導入した。

「社員一丸となって仕事に取り組む」ことを主軸とし、より一体感のある社内風土の実現にも役立っている

株式会社メルカリ

株式会社メルカリでは男性の育児休暇取得率が約80%にのぼり、社長自らも育児休暇を2度取得している。

部下にも育児休暇を取りやすくするため、自ら率先して取得した形である。復職しやすい環境づくりとして、保育料や病児保育の費用も会社が負担している。

このことから、大企業からメルカリへの転職を家族が受け入れやすい環境になり、採用率の向上にもつながった

家庭が安定していれば仕事にも身が入り、結果が出ることでさらに評価される仕組みで、子育て中の男性社員のモチベーションをうまく引き出している。

このように、多様な働き方を企業が受け入れることで「離職率の低下」「採用率の向上」など、企業側にも多くのメリットがもたらされるだろう。

ダイバーシティマネジメントを成功させるポイント

ダイバーシティマネジメントを成功させるためには、いくつかのポイントを抑えておく必要がある。

ここからは、ダイバーシティマネジメントを導入するプロセスや重要なポイントについて紹介する。

目的を明確化させる

ダイバーシティマネジメントを成功させるためには、まずダイバーシティマネジメントを導入する目的を明確化させる必要がある。

既存社員の要望などにも耳を傾け、既存の社員が働きやすい環境を整えることから始めるのも方法のひとつだろう。

また、ダイバーシティマネジメントによってどのような目的を達成したいのかを考え、そのための具体策を明確にしておくことも重要になる。

たとえば、上述の成功例で紹介したような、時短勤務や在宅勤務、男性の育休取得率向上などを取り入れることも可能である。

優秀な人材の確保や離職率の低下、モチベーションの向上など、目的に合わせてどのような手段が適しているのかを検討する必要がある

従業員からの意見を募る

ダイバーシティマネジメントの導入にあたり、従業員からの意見を募るのも重要になる。

試験導入した制度をそのまま運用するのではなく、うまく機能しているのか、改善点はないかを確かめる必要があるためだ

実際に制度を活用している従業員から意見を聞き、修正や改善に役立てることでさらに効果的な制度づくりが可能になるだろう。

そのためには、積極的に社員とコミュニケーションを取ることができる環境を整えなければならない

コミュニケーションがうまくできていなければ、現場で何が求められているのかを把握できなくなるためである。

コミュニケーションの活性化を図るのであれば、コミュニケーションツールの導入をおすすめしたい

Goalous(ゴーラス)ならSNSの投稿のように、画像つきで気軽にコミュニケーションを取ることが可能である。

メールのようにビジネスマナーに則った定型文が必要なく、社内の上下関係に囚われずやり取りすることができる。

部署やプロジェクトのメンバーで目標や進捗状況の共有ができるため、育児休暇中の従業員も仕事の状況を確認し、発言することができる

そのため、ブランクを感じること無くスムーズに復職できるのもメリットのひとつである。

ダイバーシティマネジメントの導入には、制度化だけでなく制度を活用しやすい社内環境の整備も重要になる。

育児休業・介護休業中の従業員や、リモート・時短勤務で働く人にも社内の状況を把握しやすい環境にする方法も適しているだろう。

Goalousを活用することで、従業員間のギャップを抑えた情報共有や、コミュニケーションの活性化も可能になる。

つまり、Goalousはダイバーシティマネジメントの導入に最適なツールであることがわかる。

ダイバーシティマネジメントの成功率を上げるために、ぜひGoalousを活用してみてはいかがだろうか。

まとめ

ダイバーシティマネジメントは、すべての企業で同様の制度を取り入れられるものではない。制度にかかるコストの負担や、働く社員の状況、業務内容に違いがあるためである。

一方で、ダイバーシティマネジメントの導入によって、採用コストの削減や新たな商品・サービスなどの発案が可能になることもあるだろう。

ダイバーシティマネジメントのメリットを活かし、自社にうまく定着させるためには、運用しながらより良い形にアップデートしていくことが重要になってくる。

家庭と両立しながら安心して働くことができる環境を整えることで、社員のモチベーションアップや新たなビジネスチャンスにもつながることも十分に考えられる。

将来予想される人手不足な状況下でも優秀な人材が確保できるような、働く人にとって魅力的な企業を目指してみてはいかがだろうか。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

働き方改革の施行事例を詳しくご紹介!


働き方改革の施行事例を詳しくご紹介!

【外国人雇用の課題は山積み?】働きやすい環境をつくるにあたっての注意点


【外国人雇用の課題は山積み?】働きやすい環境をつくるにあたっての注意点

マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介


マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介

リスクマネジメントとは?種類やプロセスを知って活動にいかそう

企業においてリスクマネジメントは重要な要素であり、適切に管理できていなければ経営に大きなダメージを負うことになるだろう。

しかし、リスクマネジメントには予防や対策が必要になるため、コストがかかることも事実である。

やみくもに広範囲で対策を行えば、コスト負担が経営を圧迫しかねない。では、どのようにしてリスクマネジメントを行うことが最適なのだろうか。

この記事では、リスクマネジメントの方法や4つの種類、プロセスについて紹介する。

リスクマネジメントとは

リスクマネジメントとは、リスクを想定して管理(マネジメント)を行い、経営面への損失や影響を最小限に抑える取り組みのことを指す。

リスクを想定していなければ迅速に対応できず、損失が広がってしまうためである。

リスク分散を図ろうとする「リスクヘッジ」や、実際に起こった危機的状況に対してどのように対応するかを検討する「危機管理(対応)」とは異なる。

事前にある程度のリスクを想定しておき、リスクに備えてさまざまな準備をしておくことがリスクマネジメントである。

想定しておくべきリスクには、ふたつの種類がある。

災害や事故、人為的ミスによる損失などの「マイナスリスク」と、政治情勢や流行などによる「プラスリスク」だ。

マイナスリスクは経営に対する損失につながるため、イメージしやすいのではないだろうか。

一方で、プラスリスクは「機会損失」だと考えるとわかりやすい。たとえば「SNSでバズる」「社会的情勢によって商品が必要とされる」など、業績の上振れが発生することがある。

その場合「生産が追いつかない」「人手が足りない」状況になると、収益を伸ばせるチャンスを活かせなくなってしまう。

このような収益機会を逃さないために、リスクマネジメントで想定と対策を講じておくことが大切になる。

リスクマネジメントを行う際には、プラスとマイナス両面でリスクを想定しておくことが重要だといえるだろう。

リスクマネジメントの種類4つ

ここからは、リスクマネジメントを行う際の4つの種類について紹介する。「予防策」「軽減策」「移転策」「容認策」の4種類の観点から準備や対策を行っておくことが重要だ。

想定するリスクの種類に応じて対策の比率を変化させ、自社にとってどの対策がリスクを最小化できるのかを検討する必要がある。

予防策

リスクマネジメントで4種類あるうちのひとつに「予防策」がある。リスクやトラブルが「発生しないように予防する」ことが予防策のポイントだ。

マイナスリスクの予防策には「災害対策に社屋の立地を検討する」「倉庫内作業に火のもとの持ち込みを禁止する」などの方法がある

プラスリスクに対する予防策としては「余裕を持った生産スケジュールを組む」「人員確保のための応援体制を整える」などが当てはまる

適切に予防策を講じることで、リスクの発生を抑制・回避することが重要になる。

軽減策

軽減策は、リスクが起きてしまったときの影響を最小限に抑えるための対策を指す。

影響を最小限に抑えるためには、起きたあとのことを想定してマニュアルを作成することが大切になる。

たとえば「防火扉やスプリンクラーの設置」「不具合発生時を想定した訓練」などがある。

プラスリスクを想定した場合「生産レーンを臨時で増やす」「業務委託でマンパワーを確保する」などの方法も取れるだろう。

軽減策を取っておくことで、リスク対応にかかる労力やコストを最小限に抑えることが可能になる。

一方で、軽減策を講じていなければリスクが発生した際の損失やカバーコストも大きくなり、経営に深刻なダメージを与えかねない。

最悪の状況を防ぐために必要になるリスクマネジメントが軽減策だといえるだろう。

移転策

保険や保証をかけておき、リスクを別のところへ移転する方法もある。移転策・転嫁策とも呼ばれるが、リスクをすべて自社で負う必要がなくなるのもメリットのひとつといえる。

たとえば、ネットで炎上した際には炎上対応を行っている業者へ委託するなど、受け流すような仕組みのことを指す。

トラブル対応だけでなく、災害時に備えた保険加入や工場の分散によって生産力を確保するなども移転策として活用できる。

リスクマネジメントによって、リスクが発生した際にできる限り通常通りの営業・生産・サービスの提供を行えるようにすることが重要だ。

容認策

容認策は、ある程度のリスクを受け入れて許容することを指す。

最大限注力すると莫大なコストがかかるため、発生率の低いものや影響の小さいものはある程度許容する必要があるためである

このとき容認すべきリスクの線引きで重要になるのは「致命的なリスクには最大限の対策を講じること」になる。

リスクが発生したときの損失やカバーコストと、リスクマネジメントにかかるコストを比較検討しながら策定していくことが重要だといえる。

リスクマネジメントのプロセス

リスクマネジメントを導入する際、重要になるのはプロセスである。たとえば実際にリスクに直面したときにうまく対応できたか、という分析を行うのもプロセスとして重要な要素になる。

ここからは、リスクマネジメントを行う際の具体的な流れ・プロセスについて見ていこう。

リスクを発見・特定する

まずは、起こりうるリスクに「気づく」ことが重要になる。リスクを見落としていると、想定外のリスクによる損失を被りかねないためである。

起こりうるリスクを発見・特定しリスト化、経営・労務・事故・社会・災害など幅広い分野に備えておく必要がある。

さまざまな部署や部門から意見を抽出することで、多角的な対策が可能になるだろう。

リスクを分析する

リスクのリストアップができたら、次にリスクの分析を行う。容認する範囲を影響の大きさや発生率の高さなどを中心に、検討する必要があるためである。

リスクを分析しておけば、リスク発生後の新たな二次災害などにも気づくことができるだろう。

想定外を減らすことにもつながるため、より優れた予防策をとることも可能になる。

活動を評価する

リスクに対する活動の評価を行うのも重要だ。分析によって判明したリスクの影響度・発生率をグラフなどで可視化し、重要度を判断する作業が必要になるためだ。

たとえば、リスクの重要度は低~中程度のものであっても、同時多発的に発生した場合には対策が必要になることもある。

重要度の高いリスクをひとつ回避することと、中程度のものを複数回避するのでは、影響が同程度になるためといえる。

また、リスクマネジメントを行ったことに対する評価も必要になる。抜け漏れや無駄が無いかを評価し、対策をつねにアップデートしていくことが大切だからである。

リスクが同時に発生した際のことも想定しながら、適切に評価して対策を講じることが重要になる。

改善・適切な対応を行う

リスクやリスクマネジメントを分析・評価したら、適切な対応や対策と改善を行っていく。

経営手法のひとつに「PDCAサイクル」と呼ばれるものがあるが、このサイクルはリスクマネジメントにおいても活用できる

これは、計画(Plan)・実行(Do)・評価(Check)・改善(Action)を繰り返す仕組みで、このサイクルを回してアップデートしていく形である。

リスクマネジメントをうまく行うには、活動の評価と改善が重要になる。

このPDCAサイクルに当てはめて行動していけば、最適なリスクマネジメントを現状に合わせて講じることができるようになるだろう。

PDCAサイクルを活かしたリスクマネジメントを行う際には、Goalous(ゴーラス)の活用がおすすめである。

結果やそれまでの活動、進捗などが可視化できるため評価しやすく、改善策を見つけ出しやすいメリットがある。

また、いつまでに対策を完了する、などの目標設定も可能になるため、進捗状況の確認にも役立つ。

リスクマネジメントを成功させるための一助に、Goalousの導入を検討してみてはいかがだろうか。

まとめ

リスクマネジメントは企業にとって、自社を守りそこで働く従業員を守ることにもつながる重要なものである。

一方で、無駄なコストをかけてしまっていると、圧迫したコストによって収益の低下をまねく恐れもある。

評価と改善を繰り返しながら現状に合わせてアップデートし、最適なリスクマネジメントを行うことが大切だといえるだろう。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

組織マネジメントで企業の成果を上げる!特徴やメリットを解説


組織マネジメントで企業の成果を上げる!特徴やメリットを解説

進捗管理の改善手法とは?目的やポイントをご紹介


進捗管理の改善手法とは?目的やポイントをご紹介

マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介


マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介

マネジメントをやりづらい環境の原因と解決策を徹底解説

企業においてチームのリーダーや部下を持つ立場になると、全体をまとめるマネジメント力が求められるようになる。

しかし、環境によってはマネジメントがしづらいと感じる場面もあるだろう。マネジメントがしづらくなる背景には「環境要因」があると考えられる。

この記事では、マネジメントをしづらくしている環境要因に加えて、うまくマネジメントを行うための対策方法について紹介していく。

マネジメントがしづらい環境の特徴とは

マネジメントがしづらい環境には、共通する特徴がある。適切なマネジメントを行うためにはこの特徴を的確に見つけ出し、対策を講じることが重要といえる。

では、どのような環境が影響してマネジメントしづらくなるのだろうか。ここからは、マネジメントを難しくしている環境要因について見ていこう。

仕事以外のコミュニケーションが不足しがちな環境

仕事以外のコミュニケーションが不足しがちな環境にいると、マネジメントも難しくなってしまう。

相手の考え方や仕事観、ライフスタイル、性格の傾向などがわかりにくくなるためである。

コミュニケーションによって相手の考え方や性格の傾向を把握できなければ、結果的にマネジメントがやりづらくなる可能性がある。

チームのことを思って指導や意見をのべ、マネジメントしたつもりが無理強いされている印象に映りかねない

とくに、近年増加傾向にあるテレワークやコアタイムを設けない働き方では、コミュニケーション不足に陥りやすいため注意が必要といえるだろう。

コミュニケーション不足によるマネジメントの難化は、コミュニケーションを活性化させることで回避できる

次項でも詳しく紹介しているので、合わせて確認していただきたい。

お互いの仕事に対して協力しにくい環境

お互いの仕事に対して協力しにくい環境も、マネジメントを難しくしている要因のひとつといえる。

チームの一員として仕事を進めていく足並みが揃わなくなり、結果的に業務効率の低下につながる恐れもある。

「誰が何の仕事を行っているのか」「進捗状況はどの程度なのか」ということをお互いに把握していなければ協力し合うことは難しいだろう。

協力せず、ひとりよがりに仕事を進めていると、さらにお互いの状況が把握しにくくなる悪循環に陥ってしまう。

協力して仕事に取り組むことができなければ、確認不足によるミスが増えてしまう可能性もある。

マネジメントを行う立場にある人間が指導責任を問われる場合もあるため、仕事の状況を把握することも重要な要素のひとつだといえる。

マネジメントしづらい部下への対処法

マネジメントしづらい環境要因について把握したところで、実際に対処を行うにはどのような方法を取れば良いだろうか。

チームとしての、信頼関係の構築やマネジメントしやすい環境を整える必要があるだろう。

ここからは、マネジメントをうまく行っていくための具体的な対処法について紹介する。

積極的にコミュニケーションをとる

コミュニケーション不足によって相手の仕事状況が把握できなくなると、マネジメントが難しくなることは上述のとおりである。

つまり、コミュニケーション不足を解消すれば、マネジメントしやすくなる環境を作ることが可能になるといえるだろう。

積極的にコミュニケーションを取るためには、まず挨拶から始めることが基本になる。

また、業務における報告・連絡・相談の三原則をしっかりと意識し、やり取りを行うなどの工夫も重要である。

普段からコミュニケーションを円滑に取れていれば、悩みや疑問点を気軽に相談しやすい環境を作ることができるだろう。

結果的に社内やチーム全体の雰囲気が明るくなり、ミスや抜け漏れ、進捗の遅れなどを防ぐことにもつながるのではないだろうか。

褒めたり、感謝の言葉を伝えたりする

コミュニケーションを取る手段のひとつとしても役立つのが「褒めること」「感謝を伝えること」である。

たとえば、業務でなんらかの成果を挙げた際、具体的に褒めることで社員のモチベーション向上にもつながるだろう。

また、チームに貢献していることを感謝するなど、役立っていることを実感できる環境を整える必要がある。

できないことを指摘するよりも、まずはできていることに目を向けることが重要である。

褒めた上で「ここを改善すればもっと良くなる」という指導を行うことで、社内の雰囲気が明るくなると考えられる。

提案・アドバイスを積極的にする

提案やアドバイスを積極的に行うのも、マネジメントを成功に導く鍵となる。

悪口や罵倒するようなものではなく、問題に対する解決策の例示やより良くなるためのアドバイスなどを行う形のことである。

上述の「褒める」「感謝を伝える」などの要素を織り交ぜながら指導することで、影で悪口を言われるような環境を予防できるだろう。

可能な限りマイナス要素を減らすためにも、悪口などを言わないように社内で徹底し、相談が気軽に行える環境を整えることが大切となる。

また、アドバイスや提案と同時にできているところを褒めるなど、モチベーションを引き出すこともマネジメントの重要な要素である。

協力しやすい体制をつくる

協力しやすい体制をつくり、自然にフォローし合える環境を構築する方法もある。

とくに、進捗状況や業務に関する情報共有ができていると、協力しやすくなるだろう。進捗状況の共有ができていれば、遅れが生じたときにいち早くフォローに回れる利点もある。

また、進捗状況の共有によって、目標設定に向けてのプロセスも可視化されるため、修正なども容易になるだろう。

結果的に目標達成しやすい環境を整えられるため成果も出やすく、高いモチベーションで業務を行う雰囲気を作ることができる。

雰囲気が良い状態で仕事ができれば、向上心を持って業務に取り組むことができ、マネジメントがうまく機能する状態になるだろう。

Goalousなら悩みを解決できるマネジメント方法がある

コミュニケーションツールを取り入れて、コミュニケーションの円滑化や目標管理をスムーズに行うのもマネジメントに最適な方法といえるだろう。

Goalous(ゴーラス)であれば、さまざまな機能を使って円滑なコミュニケーションを取ることができる

Goalousはコミュニケーションツールとしてだけでなく、目標管理や人事評価にも活用できるのも特徴である。

  • フォトアクション
  • フォトアクション機能を使えば写真を共有することができる。それに対して社内でコメントやいいね!ができるため、業務以外のプライベートの話題で盛り上がることも可能になる。

  • メッセージ機能
  • 思い立ったときに気軽に連絡できるのがメッセージ機能。誰が読んだかもわかるため、業務に関するやり取りの際にも利便性が高い。
    個人チャットだけではなくグループチャットも可能で、プロジェクトや部署単位でのグルーピングも容易になる。

  • ゴール機能
  • ゴール機能には、誰が何を目指しているのかが明確にすぐわかるという特徴がある。期間設定もできるため、チームメンバーの目標を一元管理する際にも便利な機能である。

  • 評価機能
  • 人事評価のプロセスもGoalous内で完結することができる。

    評価機能で評価を行えば、評価対象者が今期何をやってきたかを一目で確認できるため、評価業務もスムーズに行えるようになるだろう。

    成果やプロセスに基づくフェアな評価が実現し、評価される側も満足が得られるメリットがある。

    Goalousなら、上述のようにマネジメントをスムーズに行うための機能が充実している。マネジメントから評価にいたるまで、一元管理を行いたいのであればぜひGoalousを活用してもらいたい。

    まとめ

    マネジメントをやりづらくしているのは、部下やチームメンバーの性質だけが原因ではない。

    社内のコミュニケーションの状況や適切な評価体制、チームの把握ができているかなど、総合的な見直しが必要になるだろう。

    マネジメントができないことを自分の能力のせいにするのではなく、原因がどこにあるのかを明確にしておくことが重要となる。

    その上で、原因に対する対策として、どのような方法を取り入れるべきなのかを検討して欲しい。

    こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

    マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介


    マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介

    マネジメントで成果を上げるには?具体的な解決法3つ!


    マネジメントで成果を上げるには?具体的な解決法3つ!

    初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?


    初めてのマネジメントで身に付けたいスキル・気を付けたいポイントとは?

    マネージャー必見!身に付けるべきコミュニケーション能力3つ!

    マネージャーになって、部下とのコミュニケーションがうまくいかないと悩むことはないだろうか。コミュニケーション能力は、マネージャーにとって必要とされるスキルだ。

    うまくいかない状態から、コミュニケーションを円滑にすることはできるのだろうか。この記事では、マネージャーにコミュニケーション能力が求められる理由、身に付けるべき能力について解説する。

    なぜマネージャーにはコミュニケーションスキルが必要なのか

    マネージャーにはコミュニケーションスキルが必要とされる。マネジメントでコミュニケーションが重視されるのは主に、部下のモチベーションの管理、情報共有において必要だからだ。

    モチベーションの管理をするため

    マネージャーにコミュニケーションスキルが必要とされる理由のひとつは、部下の動機づけに関わるからだ。

    マネージャーは組織を管理し、引っ張っていく立場にある。つまり、リーダーシップを取って部下を思う方向に導かなくてはならない。しかし、単に指示あるいは命令しただけでは部下は思うようについてこないだろう。仕事をやらされている感を抱くためだ。

    そこで重要なのが、部下のモチベーションを引き出すことである。部下の動機づけを行うためには、積極的なコミュニケーションとメンバーよく理解することが求められる。

    情報共有のため

    情報共有のためにも、マネージャーにはコミュニケーションスキルが求められる。マネージャーは部下の仕事の状況を把握することを仕事のひとつとしており、個々の仕事の進捗状況は情報共有がスムーズに行われることによって正確に把握できるものだからだ。

    情報共有を図るためには、必然的にコミュニケーションが発生する

    必要な情報を的確に集めて状況を把握する点で、コミュニケーションスキルの高さは組織に大きな影響を与えるといえるだろう。仮に、進捗状況に問題があっても、常に把握できていればすぐに対応が可能であるし、報告・連絡・相談をとおして部下の悩みも把握できる。

    部下とのコミュニケーションは信頼関係の構築にもつながるためコミュニケーションはマネージャーに必要なスキルとされる。

    身に付けておいた方が良いコミュニケーション能力

    コミュニケーションのためのスキルはいくつかに分けることができる。コミュニケーションスキルを伸ばしたい場合、どういったスキルに注力すれば良いのだろうか。マネジメントで必要なコミュニケーション能力を高める3つのスキルを見ていこう。

    聞く力

    まず身に付けたいのが、「聞く力」だ。聞く力とは、マネージャーが聞きたいことをヒアリングするのではなく、部下がマネージャーに対して聞いてほしいと思うことを聞く力である。

    この、話を聞く力というのは、簡単そうに思えて案外難しい。部下の話を聞いているつもりでも、いつの間にか意識が別のほうに向いてしまい、相手の悩みや相談の本質を把握できていないことも多いためだ。

    聞く力を磨けば、上司が話を分かってくれると部下から信頼されるだけでなく、マネージャーのほうもメンバーについて良く理解できるようになる。信頼関係を構築する上で、聞く力は重要なスキルだ。

    質問する力

    部下に何か聞かれたら、すぐに答えを与えてしまうマネージャーも多いだろう。しかし、毎回答えを与えてしまっては、部下の創造性や自分で考える力は育まれない。

    日々のコミュニケーションのなかで部下の育成を行うには、部下が成長できるような「質問する力」を身に付けることが大切だ。

    課題に対して複数の答えが考えられる場合、部下のキャリアイメージを明らかにしたい場合、部下がミスした場合どうすれば次に成功できるか考えてもらいたい場合に、質問することを意識するようにしたい。

    マネージャーから質問することによって部下自身に考えさせるだけでなく、部下が何に悩み問題としているのかしっかり把握できるようになるはずだ。

    発信する力

    マネージャーのコミュニケーションスキルを上げるのなら、「発信する力」も磨いておいた方が良いだろう。発信する力とは、現在の状況を分析して問題点あるいは課題を明確にし、部下に伝えることだ。

    部下に伝える際は、部下に理解してもらえるように、わかりやすさを意識して伝えるようにする。決してひとりよがりの伝え方にならないことが重要だ。マネージャーの発信する力が上れば、マネージャーと部下の間の認識のずれをなくすことができる

    コミュニケーションツールを活用しよう

    マネージャーにとって、コミュニケーションスキルは重要なものであると説明してきた。もちろん、前述したようにコミュニケーションの質を上げることも重要だが、部下との信頼関係構築のためにはコミュニケーション量自体を増やすことも大切だ。

    社内コミュニケーションツールとして、Goalous(ゴーラス)を取り入れればさらにコミュニケーションを円滑にできるだろう。マネジメントに使える複数の機能で、コミュニケーションのきっかけ作りに使えるのもポイントだ。以下は、Goalousの主な機能である。

    ・オープンゴール機能
    部下が何を目指しているかが明確になる。
    ・サークル機能
    特定の人との情報共有が可能になる。
    ・メッセージ機能
    個人やグループでのメッセージのやり取りができる。気軽な連絡にもおすすめだ。
    ・評価機能
    結果や部下のしてきたことを可視化できるため平等な評価が可能になる。
    ・フォトアクション
    写真の投稿やシェアで進捗状況の確認やコメントでのやり取りができる。コミュニケーションのきっかけとして活かすことが可能だ。

    このように、Goalousは部下と情報共有するツールとして、部下のことを知るツールとして利用できる。

    まとめ

    マネージャーがコミュニケーションスキルを高めることは、組織にとって良い効果を発揮する。コミュニケーションに関わるスキルを伸ばすのはもちろん、日頃のコミュニケーション量を増やして部下との関係を構築しておくことが重要だ。

    こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

    マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介


    マネジメントとは何をするの?定義や必要となる能力とともに紹介

    マネジメントがうまくいかない!原因と必要なことを知って成功させよう


    マネジメントがうまくいかない!原因と必要なことを知って成功させよう

    マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介


    マネジメントのスキルアップに効果的なのは?必要なスキル5つを紹介