組織力の強化にはコツがある!カギを握るのは徹底した目標管理

執筆者 | 2月 20, 2020 | マネジメント, 組織改革 | コメント0件

成長段階の企業であれば、ある程度個人プレーでもなんとかなる部分はあるだろう。しかし、ある規模まで達した企業が、さらに成長や売り上げアップを目指すなら、組織力の強化は欠かせない。そもそも組織力の高い企業とは何か、その特徴と組織力強化のコツを紹介する。

組織力の高い企業の特徴

組織力とは、組織として団結することにより発揮される力を指す。社員ひとりの能力が高くても、この組織力は効果的に発揮されない。組織力を上げるにはどうすれば良いのか、まずは組織力が高い企業の特徴をみていこう。

業務への目的意識が高い

組織力の高い企業は、社員ひとりひとりの意識があちこち飛ばない。社員全員が同じベクトルに向かって走っている。

目標意識が定まらない社員が多いのと、同じ目的意識のもと仕事をする社員が多いのとでは違いは明らかだろう。同じ目的意識のある社員が多い方が、業務に集中しやすい。さらに、同じベクトルで仕事をする仲間がいるので、意思決定も早くなる。

このように、社員が同じ意識のもと働こうとする意志を持てるのは、それぞれの社員が企業のビジョンに共感しているためだ。社員も一体になって、同じ方向に向かっていく企業は高い組織力を維持することができる。

個々の能力を活かしている

組織力の高い企業は、個人にもしっかり目を向けている。企業が組織としての目的ばかりに目を向けると、たちまち経営者主体のワンマン経営になってしまうためだ。そうなると、企業の目的と個人の目的にかい離が生じ、組織を去るものも出てくるだろう。

個々の能力を活かすことは、企業と個人が同じ目的を共有できるようにするために、企業が個人の貢献意欲を刺激することだ。自分の能力に合った仕事が割り振られれば、人は期待以上の業績を上げることもある。さらに、仕事に対してのやる気が生まれ、高いモチベーションを維持することも可能だ。

このように、それぞれが自分の能力に合った仕事をすることによって、業務効率も上がる。適材適所が自然にできているのが、組織力の高い企業の特徴だ。

助け合いの精神がある

ミスがあれば、当たり前のように当人に責任のすべてを負わせることを、組織力の高い企業では基本的に行わない。責任を意識させる点では有効かもしれないが、責任のすべてを負わせても何の解決にもならないためだ。

責任の追及ばかりしていると、ミスを隠すようなトラブルが発生する可能性もあり、企業にとってはデメリットでしかない。

組織力の高い企業は、ミスを組織としての責任としてとらえるため、ミスをしても誰かがカバーする助け合いの心がある。こうした企業は、すでに組織と社員間だけでなく、社員同士の信頼関係がしっかり構築されており、コミュニケーションも活発なのが特徴だ。

組織力を強化にはビジョンの浸透とコミュニケーション活性化が必須

ここまで組織力の高い企業はどのような企業か説明してきた。それでは、組織力を上げるには具体的に何をすれば良いのだろう。組織力の強化に必須のふたつのポイントをみていこう。

企業のビジョンを浸透させる

組織力の高い企業は、社員と組織が一丸となって同じ目標に向かい、同じベクトルで進んでいるといった。しかし、こうした共通意識は、ただ企業理念や方針を発信しただけで自然に広がり、浸透するものではない。工夫して社員ひとりひとりが意識できるようにする必要がある。

まず、組織としての重要な考えを明らかにすることだ。目的や目標は複数あっても良いが、向かう方向がブレてはならない。目的や目標自体があちこちに行ってしまうと、社員はどこに向かって仕事をすれば良いのか道を失ってしまう。

重要な目標を明確にしたうえで、目標設定をするなら、優先したい目標に紐づいた小さな目標を立てるべきだろう。小さな目標は、最終的な目標までの道しるべとなるので、社員にビジョンを意識させるのには効果的な方法といえる。

また、組織としてビジョンを浸透させるには、管理職やリーダーといった部下をまとめるものが率先して教育を行なうことだ。そのためには、教育する側の管理職が、企業のビジョンを自分自身に浸透させ、共感できるように持っていかなくてはならない。

上司の考えに説得力がなければ、うわべだけの教育を行なっても、部下が付いてくることはないだろう。

コミュニケーションの活性化で信頼関係を構築する

組織力の高い企業は、社員同士の助け合いの心が浸透していると説明したが、これは企業が団結を高めようと躍起になっても簡単に浸透するものではない。

組織として取り組めるのは、いかに風通しの良い職場環境を整えるか、いかに社員同士のコミュニケーションの場を設けることかだろう。

風通しの良い職場というのは、社内の人間関係が良く、自分の意見を発信しやすい、報告・連絡・相談がスムーズに行われる職場のことだ。たとえば、報告・連絡・相談なら、報告の方法をルール化して明確に示しておくなどの対策が組織側の行うべきこととして考えられる。

定期的な面談や会議を行って、社員ひとりひとりが、お互いの考えを知る機会を設けるのもコミュニケーションの活性化につながるだろう。

組織力強化のために、ミスがあったら誰がフォローするのか、どうやってフォローするのかを明示して、フォローアップ体制を整えておくことも組織力強化に役立つ。

Goalous(ゴーラス)は、組織の目標に向かって一人ひとりがアクションを起こせる環境が整った社内SNSだ。

目標を視覚化することで、同じ目標に向かってチーム全体が頑張っていることを意識できるだけでなく、多様なコミュニケーションツールとしても活用できるだろう。組織力強化の要素を兼ねたGoalousを、社内の架け橋にしてみてはいかがだろうか。

▽目標管理に関するお役立ち資料はこちら▽

目標達成の鍵は定性情報の把握にあり!

まとめ

組織力の高い企業には共通するポイントがある。組織力を強化するには、組織力が活かされている企業の特徴を取り入れて、目標を社員に浸透させ、積極的なコミュニケーションを図れるように社内を整備することだ。社内SNSは、いずれの社内環境の整備にも役立つ。

組織・マネジメントに不安はありませんか?