カテゴリー
チーム

日本人と外国人、お互いにストレスなく働くには

グローバル化によって、日本人と外国人が同じ職場で働くことも増えてきた。お互いに異なる文化や背景を持った者同士が仕事をするのは刺激的でもあるが、ときに大きなストレスにもなってしまう。

この記事では、日本人と外国人、それぞれが職場で抱え込みやすいストレスとその対策について考えてみる。

日本人と外国人、それぞれが職場で抱えやすいストレス

日本人と外国人それぞれが抱えやすい職場でのストレスにはどういったものがあるのだろう。日本人視点と外国人視点に分けて説明する。

日本人が外国人と働く上で抱えるストレス

まず、日本人が外国人と働くことで抱えやすいストレスをいくつか紹介する。

突然休んだり、辞めたりする

外国人に限った話ではないものの、連絡なしに仕事を休んだり、突然仕事を辞めたり、または仕事を放棄して帰国したりする外国人もいるようだ。これはその人の価値観もあるが、母国ではあまり指摘されるようなことではなかったからという場合もある。

しかし、こうしたことが頻繁にあると、日本人は何かあったのではないかと心配になるだけでなく、業務の引継ぎや後処理にも困ってしまうだろう。

日本の常識が通じない

日本では当たり前のようになっていることでも、文化の違いなどから、外国人には日本の常識が通用しないことも多い。たとえば、外国人が上司にフラットな物言いをしたり、時間にルーズだったり、建前が通じなかったりといったことだ。

社会になじんでいるような常識が、海外でも同じように常識になっているとは限らない。特に日本特有の常識は外国人には理解が難しい部分もあるだろう。こうして、日本人と外国人とのすれ違いが起こることによって、日本の常識を理解してくれない外国人に日本人はストレスを抱えてしまう

自己主張が強い

日本と海外とでは、文化だけでなく仕事のスタイルも違う。日本が協調性や集団行動などを重視することが多いのに対し、海外では専門性や個人のスキルが重視されることもある。そのため、外国人と仕事をともにして、自己主張が激しいと感じる日本人も多いようだ。

たとえば、外国人が契約で決めた仕事以外一切しなかったり、自身に誤りがあっても認めなかったりといったことである。個人差もあるが、あまりにも自己主張の激しい人が職場にいると、一緒に仕事をする日本人にはストレスとなってしまうだろう。

外国人が日本人と働く上で抱えるストレス

ここまで、日本人目線から見た外国人と働くストレスを紹介したが、一方の外国人も日本人との職場に働きにくさを感じ、ストレスを抱えるケースもみられる。

年功序列の賃金体系

成果を重視する企業が日本でも増えてきたというものの、年功序列で賃金を決めているところは未だ多い。しかし、成果主義が中心の海外から来た外国人は、こうした日本の賃金体系に疑問を感じることも多いようだ。

特にスキルアップを重視する外国人にとって、自分の能力が評価されないのは大きい。能力開発の意欲も抑制され、本来の能力を十分に活かせないフラストレーションがストレスや辞職につながってしまう

また、海外では個人が重視されるため、日本の固定化、または強制化された上下関係を理解できないどころか、合理的でないとも感じるようだ。この日本特有の上下関係も外国人のストレスになってしまう。

会社の付き合い

会社の付き合いとして、飲み会の習慣が残る日本の企業も多い。しかし、海外はワークライフバランスを重視し、仕事とプライベートは別と割り切って仕事をする人が多いため、こうした日本特有の文化は理解されにくい。

プライベートと仕事の境界がなく、半ば強制のように出席しなければならない社内の付き合いにストレスを感じるようだ。

職場の同調圧力や暗黙のルール

海外では個人主義的なところもあり、自分の仕事さえすれば良いという合理的な考えや、正しいと思えば相手がどんな立場であっても自分の意見を伝えるといった考えが一般的だ。

そのため、周りが残業していれば残業するのは当たり前、上司の意見なら同意するのが当たり前といった同調圧力は大きなストレスになる。

日本人と外国人、互いにストレスなく仕事をするには

ここまで、日本人と外国人が同じ職場で働くとき、ストレスに感じやすい部分を挙げた。こうしたストレスはどうすれば改善できるのか、職場でできる改善策をいくつか紹介する。

相手の国や文化的背景を理解する

外国人といっても、国籍によって文化は異なるうえ、個人レベルでも考え方は違う。外国人に対してステレオタイプな先入観を持たず、相手がどれだけ日本的な仕事の進め方を理解しているか把握し、個人として受け入れる努力をするべきだろう。

そのためには、日本人側が相手の文化を理解しておく必要がある。逆もまた然り、外国人が日本の文化や仕事上での考え方が理解できるように説明する必要もあるだろう。

お互いに文化を理解できるようにしたうえで、必要ない部分、お互いの仕事の妨げになっているような部分は改善できるようにしていきたい。

職場のルールや仕事の進め方を明確にする

上司に友達のような感覚で接しない、始業前には仕事ができるようにしておくなど、暗黙の了解や職場独自のルールは外国人社員には理解されにくい。ずっと日本で過ごしてきた人ばかりではないためだ。

だからこそ、社内のルールはマニュアルとして明確にしておくべきだろう。これに、外国人が納得できるような説明までつけておくとなお良い。仕事の役割、権限範囲についても話し合っておくと、日本人の「外国人が仕事をしてくれない」、外国人の「自分の仕事でもないのになぜやる必要があるのか」というお互いのストレスも軽減されるだろう。

日頃からコミュニケーションをとる

日本人と外国人が相互理解を深めるためにも、コミュニケーションは欠かせない。社内での活動以外に、ランチに誘ったり、任意参加のイベントを開いたりするなどして、チームとしての結束を深められるようにしておくと良いだろう。強制でなく、任意であればハードルも低くなる。

また、部下として外国人を迎えた場合は、1対1の面談をできるだけ行うようにして、フォローできるような体制も整えておくことが重要だ。

しかし、密なコミュニケーションも言葉の壁で阻まれてしまうこともある。お互いが気軽にコミュニケーションをとれるように、翻訳機能のある社内SNSのGoalous(ゴーラス)を活用してみてはいかがだろう。これなら、日本語が苦手な外国人、外国語が苦手な日本人のコミュニケーションも活性化が期待できる

また、Goalousはチームのゴールに向けてのプロセスをフォトアクションで発信することも可能だ。チームとしての結束を高められるだけでなく、お互いの仕事の進捗も分かりやすくなるだろう。

まとめ

日本人と外国人が仕事をともにする場合、文化の違いなどから、お互いにストレスを抱えてしまうことがある。円滑でスピード感のある仕事実現のためにも、この記事でも紹介したように、お互いに気持ちよく仕事ができるような工夫が必要だ。

こちらの記事を読んだあなたにおすすめ

社内の言語がバラバラ!コミュニケーションをとるにはどうすればいい?


社内の言語がバラバラ!コミュニケーションをとるにはどうすればいい?

外国人のマネジメントには「相互理解」が重要!


外国人のマネジメントには「相互理解」が重要!

【ツール必須!?】社内での外国人とのコミュニケーション術


【ツール必須!?】社内での外国人とのコミュニケーション術

The following two tabs change content below.
Golaous編集部
人事・広報・PR・営業などなど、異業種メンバーで構成されたGoalous編集部! それぞれの目線で、さまざまなお役立ち情報を発信していきます。
Golaous編集部

作成者: Golaous編集部

人事・広報・PR・営業などなど、異業種メンバーで構成されたGoalous編集部!

それぞれの目線で、さまざまなお役立ち情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です